夏の体験授業実施中。中3生、高1・高2・高3生は満席となりました。

「立ち入らない境界」を作らせない

社会や英語は暗記科目だと言う人がいます。

確かに、社会は小学校や中学校では、

ほとんどが知識の羅列といえます。

理科も、生物・地学はほとんどが、

化学も多くは「名称を覚える」学習になっています。

例外的に物理だけが、

理論を教えているように見えます。

そのためか、物理が不得意な子が多いです。

朝日高校といえども、その平均点は、

まるで全くやる気のない子がテストを受けたかのような結果です。

おそらく、物理を勉強している子には

「覚えることがないから、勉強の仕方がわからない」状態なのでしょう。

 

 

「とにかく覚えなさい。理解はその後でいいから」というシステムは、

昔から続いています。

例えば九九。

九九のお陰で、計算が早くなり、

算数ができると感じるようになった人は多いでしょう。

(いや、そもそも何も感じないかも・・・)

 

 

 

しかし、九九が出来ることが、

かえって数字を取り扱う頭脳には

マイナスになるのではないでしょうか?

頭の中で、数字の操作をイメージできる感覚を養うことが

算数では、最も大切なことです。

九九は、数字の処理方法を「音」で記憶させてしまうので、

この算数の大事な感覚を遠ざけることになります。

 

 

知識を覚えることは、別に悪いことではありません。

沢山の知識を覚えていれば、人に自慢できるだろうし、

親も子どもが名称を沢山覚えていたら褒めてやりたくなるでしょう。

 

 

それでも、これからは今まで以上に

大きな問題になってくると感じています。

名称を覚えることで満足し、

それ以上を理解しようとする気持ちを

無くしてしまう傾向があるからです。

言葉を覚えることで、無意識のうちに

「立ち入らない境界」を作ってしまう。

名称を知っていることと、それを理解している事とは同義ではない、

という認識を常に持つ必要があるのです。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG