物事に感動できる心を育む

子育て・家庭での勉強法 優秀児育成のための最高の勉強法 自学力 塾長の指導観・受験観

夢や明確な目標を持つことができれば、子どもは自分の意志で勉強するようになります。

親や先生に、「勉強しろ」と言われて、嫌々やっているわけではありません。

勉強が楽しくなるのです。

夢や目標を持つには、自分なりの喜びや楽しいことを見つけられる心、物事に感動できる心を育む必要があります。

毎回プレッシャーをかけられていると、本当は身の回りに楽しいことがいっぱいあるのに、

それを感じ取る感覚がなくなってしまうのです。

「私はこうなりたい」という夢や目標は、楽しいと思える感覚がなければ、出てくるわけがないのです。

「もし、そうなれたら楽しい」と思うからこそ、目標にするのです。

夢や希望が持てない子が、自主的に勉強しようという意欲を持つはずもありません。

最近は、無気力になっている子どもが増えています。

こうした子どもにまず必要なことは、感動する心を取り戻せるように、心のケアをしてあげることです。

関連記事