算数を勉強しているのに、算数ができなくなるわけ

・計算が得意だが、文章題は苦手。

・基本問題は解けるが、応用問題はさっぱり解けない。

・方程式はわかるが、図形問題が苦手。

以前から算数が苦手な人は多いでしょうが、

以前は算数が出来ていたのに、学年が上がると段々解けなくなる子も

少なからずいるようです。

算数の中でも、計算はとても大切ですし、

計算ができないとなかなか点数に結びつきません。

しかし、計算力はあくまで算数・数学の一部です。

算数は、計算のみをひたすら解くだけの機械的な学問ではありません。

計算はあくまで解くための道具で、算数の楽しさ、奥深さは、

それだけでは感じることはできません。

 

答え合わせをしてもらって、解いた答えに×をするだけでは、

子どもの知的好奇心をくすぐることはないでしょう。

子どもは、ただ、間違えた答えとは異なる答えを当てはめて、

それがたまたまあっていれば正解、で終わってしまうのです。

 

それが勉強と思い、習慣化された結果、

冒頭のような算数が苦手な子になるのです。

お子さんのプリントやノートを見てください。

×が3つも4つもついていませんか?

なぜそれが答えになるのか説明できますか?

 

算数の勉強をしていても、算数が苦手になることはあるのです。

いつまで算数ができなくなる方法をやらせますか?

関連記事