春期講習会

塾長の指導観・受験観 指導の様子

春期講習会4日目。

最初はもたついていた新年度の学習プログラムに

ようやく慣れてきたようで、

みんなガンガン問題を解きまくっています。

新入塾生も「こんなに勉強したことがない・・・」と

衝撃を受けたようですが、少しずつ慣れてきたようです。

長い子は8時間以上、一日に何百問も解いて解いて解きまくる・・・。

それだけ皆やるわけですから、1日、2日休んだ子との差は歴然です。

こういう日々の積み重ねが、何ヶ月か後には追いつけないほどの差に

なって表れてきます。

いや、既に子どもたちは気づいているようです。

苦手な科目がドンドン理解できていることに。

努力が着実に身になるような勉強は、案外地味なものです。

それに慣れてしまえば、勉強のコツがわかり、

勉強が面白くなってきますよ。

関連記事