復習しても結果が出ない理由1

子育て・家庭での勉強法 サンライズの指導方針 勉強法 塾長の指導観・受験観 高校受験 大学受験

成績が良くても悩みがある

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの塾長です。

勉強が苦手な子向けのお話ではなく、ある程度勉強ができるという前提でのお話です。

実は勉強が苦手な子だけが、勉強に困っているわけではありません。

むしろ伸びしろがある分、勉強すれば上がるので実は難しいことではないです。

では勉強がある程度できる子はどうでしょうか?

特に困っていないでしょ、って?

そんなことはありません。

いくつか例を挙げると

・数学や英語は90点以上なのに対して、国語の点数が70点くらいだった。

・満点が狙えるテストだったのに、2問も間違えてしまった。

・今まで「できる」と思っていた科目が突然成績が下がり始めた。

人それぞれ悩みは様々ですが、悩みがない子なんていません。

学年で1位の子も悩みます。

98点と100点を比べれば98点の方が悪いのと同じように、何かと比較して「良い」「悪い」と言っていますよね。

苦手なので復習をするぞ!ところが・・・

さて今は夏休みですが、1学期の通知表を見て、愕然・・・。

夏休みの間に我が子の苦手教科を克服させようと考えている人は多いと思います。

さて、何をさせましょうか?

今まで習った単元の問題をもう一度解かせましょうか。

復習すれば、少しは良くなるだろうな・・・。

でも、気を付けてください。

夏休み明けのテストの結果を見て「あれ?あまり変化がない・・・」と感じている人も少なくないのです。

復習の仕方に問題あり!

復習をさせてみるとわかるのですが、苦手教科であればやはり間違いは多いです。

これまで入塾間もないの子の復習の様子を見てきてわかったのが、苦手な子の特徴です。

色々ありますが、大まかに分けると2つの行動に分かれます。

これ以外はいません(あっても、記憶にないほど数少ない)。

勉強の仕方に正解はないと言いますが、それはやり方は一通りでないという意味で、「間違い」はあります。

今回はそのうちの1つについてお話します。(続きは次回へ

1つ目の行動、それは、

・丸付けの際に、間違えた問題には×を付けず、答えを消して正しい答えを書いてから○にする。

何が問題なのでしょうか。

解説します。

失敗を恐れてできないことを隠そうとする

丸付けの際に、間違っているのに×にしないで、終わった後のノートが全て○の状態である子は、

親が勉強に対して厳しい、あるいは過干渉である場合に多く見られます。

ちょっとしたミスでも間違えると注意を受けたり、良い点数を取った時だけ褒められる子どもは、「失敗は悪」と刷り込まれ、本能的に間違えたことやわからないことを隠そうとします。

結果、苦手なところが解決できないまま勉強している状態になります。

「え?これってよくないよね?」

と思われる方も一定数いると思いますが、当の本人は本能的に、無意識にやっていることですから、良くないことをしているという自覚はありません。

では、具体的にどう対処すべきか。

叱ってもダメです。

叱られて効果があるのは、自分で悪いことをしているという自覚がある時です。

私は、そのような子には

「失敗はドンドンしていいんだよ」

「わからないところがあるんだよね」

「勉強はわからないところをわかるようにすることだからね」

などと声をかけ、まずは刷り込みをなくすところから始めます。

そして、間違えをはっきりさせることが自分にとって良いことだということを何度も何度も繰り返し伝えていきます。

また、テストの結果を見て子どもと話をするときには、

「この点数は前よりも良かったんじゃない?“なぜ”よかったと思う?」

「この結果をもっと良くしようと思ったら、どうすればよいと思う?」

というように、点数が良かった、悪かったの話にするのではなく、

・何が良い点数=成功につながったのか。

・何が原因で点数が低かった=失敗につながったのか。

を話し合います。

テストを通じて自分の勉強を振り返り、反省すべきことが見つかれば、次の目標として取り組ませるようにします。

「失敗はつきもの。失敗を次に生かせるようにしよう!」

と思えるようにします。

あなたはどうしますか?効果の出ない勉強をさせ続けますか?

関連記事