努力はカッコイイと思わせる

子育て・家庭での勉強法 優秀児育成のための最高の勉強法 自学力 塾長の指導観・受験観

子どもは、友だちから「カッコイイ」と思われることには熱心に取り組みます。

でしたら、子どものそんな思いを刺激して、やる気を引き出すために、偉人の伝記を読ませるとよいでしょう。

難しい本である必要はありません。

子供向けの漫画の伝記は読みやすく、おもしろく作ってあります。

ですから、読書に馴染みが薄い子でも、楽しく読めます。

伝記というのは、必ず挫折や苦難を乗り越えて、努力を重ねた結果、

最後には成功するというストーリー展開になっています。

伝記をドンドン読ませると、子どもは次第に、

「難しいことにチャレンジすることはカッコイイんだ」

「ハッピーエンドを迎えるためには、必ず困難がつきものだ」

と思うようになっていきます。

小学生は「努力なんてカッコ悪い」としらけたりしません。

「努力」=「カッコイイ」という思考回路が一旦出来上がると、

「良い学校に行くには、やっぱり努力しないとダメだな~」と、勉強にも意欲的になっていきます。

「そんなことで、うまくいくわけがない」と考える方もいるでしょうが、

子どもたちは素直に受け止め、実際に変わっていくのです。

子ども向けの伝記はたくさん出版されていますし、図書館にも揃っています。

伝記をきっかけに読書好きになることもありますので、一石二鳥ですよ。

関連記事