定期テストと模試

期末テストの結果が返却され、

通知表も配られて、

その結果に喜憂している頃だと思います。

特に、中学生にとっては、成績は、内申書に影響を与えるので、

余計に気になるものです。

「気にするな」とまでは言いませんが、

入試本番の試験の結果も大いに大切であることは、

言うまでもありません。

以前、こういうことがありました。

ある入塾を希望される方から、

それまでの学校の成績と通知表の内容を

お聞きしました。

定期テストの結果は、ほとんど満点近い点数で、

学年で1位でした。

通知表もほぼオール5(オール5だったかもしれません)、

申し分ない成績です。

ちょっとびっくりしましたが、

それまで、朝日高校を受験しようとは考えたこともなかったそうで、

学校の先生から挑戦してみないかと言われ、

通塾を検討しようと思われたそうです。

当時は入塾テストを行っていましたので、

早速受験して頂きました。

通常、上記の成績であれば、問題なく合格できます。

しかし、結果は残念ながら不合格。

平均点もありませんでした。

学校の定期テストの問題が解けるのと、

入試レベルの問題が解けるかどうかは、

必要な力が異なります。

事前に出題される問題が分かっていたり、

教科書の太字部分だけを覚えていたりすればOKの

テストが良かったからといって、

思考力が問われる入試問題ができるとは限りません。

ましてや朝日高校は、独自入試ですから、

より一層、プラスアルファの力が必要となるのです。

関連記事