意を得る

自学力 塾長の指導観・受験観

得意分野とは、本来その人が興味関心があるものであって、それをやることが楽しいと感じるものです。

そして上手下手に関わらず、それ以上に本人が喜び、更には周囲を喜ばせるものです。

自分が興味のあることを追求することで周囲を幸せにすることです。

得意分野を強化していくことによって周囲の人々が喜ぶようなら、いずれそれが仕事になっていきます。

自分の興味のあることを磨いていけば、それを必要とする人たちが表れて仕事を依頼してきます。

いつものように楽しく興味関心をもってそれをやっていたら、相手がとても喜んでくれ、周りに自慢しまた紹介してくれます。

つまり、人が自分の興味に正直であるならば、どんな仕事であろうとも皆が喜ぶものにしていけます。

しかし、仕事を単に「やらなければならないもの」にして、興味が薄ければどうなるのでしょう。

当然、自分も楽しくないですし、周囲も喜ぶことがないでしょう。

自分の仕事に情熱を持っている人の周りには常に人が集まってきます。

その人は、自分が好きなことに没頭する時間が長く、そうすることによって周りの人々もその強みを活用しようとお願いしてきます。

そうすると更にまたその強みが伸ばされ、いつの間にか前人未踏といわれるようになるのです。

私はどんなことをやるのも、「これもきっと大切な学びを体験できるはずだ」と深めて意味を学びます。

すると不思議なことに、そこから意味が繋がりまた得意なことになってしまいます。

得意になっているので、意味付けができ、深く伝えることができるようになるのです。

これは仕事だけの話ではなく、勉強でも同じことが言えます。

ところで、得意という字は、「意を得る」と捉えることができます。

得意になるということは、その意味を得て取り組んでいるということではないでしょうか。

物事に含まれる大切な意味を紡ぐように働く人は、自分の興味関心を手放すようなことはしないでしょう。

その逆は、「意を失う」つまり失意です。

自ら勉強を単なる作業にしたり、仕方ないからやっていたり、やらなければならないからと言い聞かせたりするのは、失意と同じです。

得意になることはないのです。

関連記事