期末考査対策中

今月に入り、中学生は期末考査に向けての復習に取り組んでいます。

時間をかけて取り組むのはもちろんですが、これまでに、

「時間をかけた割には、結果が・・・」という人もいることでしょう。

分かるまで復習をするには、それなりに時間がかかるものです。

学校あるいは塾の授業を受けて、ある程度理解できた人なら、

時間は比較的短くて済むでしょう。(1週間程度で十分)

但し、ほとんどの人が、それだけでは不足しています。

習った単元でも、ほとんど理解できておらず、

1からもう一度理解しないといけない、

だから、その分時間がかかるのです。

ですから、早めに復習し、理解度を上げておく必要があるのです。

また、勉強が思うようにいかない一つの原因として、

「復習のタイミング」が挙げられます。

学校の課題として、問題集やプリント、塾のテキストなどを

何日あるいは何週間かかけて仕上げてから、

残った時間で復習をする子もいるでしょう。

それだけ間を空けてからの復習では、定着率が下がり、

効率が悪くなってしまいます。

その日にやった事は、次の日には復習をする習慣にしましょう。

数学では、

基本定理・基本計算⇒基本問題前半⇒基本問題後半⇒応用問題

という流れで段階的に進めると、応用問題にも対応しやすくなります。

基本が定着していないのに、応用問題を解いても解けなかったり、

時間がかかったりしますからね。

関連記事