親は勉強を教えない

 

子育て・家庭での勉強法 自学力 サンライズの指導方針 塾長の指導観・受験観

子どもの勉強にイライラする

お子さんの勉強を応援したいということで、勉強を教えては見るものの、ついつい力が入って、何度も間違えることにイライラ・・・。

挙句の果てには、「何でできないの!」と怒ってしまう。

子どもは、「え~今日も勉強するの~」と言い始め、そのうち、「勉強しなさい!」と言わないとしなくなる。

こんな経験はありませんか?

原因は「親」

まず、問題なのは、お子さんがお母さんとの勉強を嫌がりはじめていること。

これはマズイです。

お母さんとの勉強が楽しくないのです。

お子さんがノリノリで「早く勉強しよう!」

となるにはどうすべきかを考えてみましょう。

なぜなら、原因は親にあるのです。

もしかして、「子どもと勉強する」=「親が教える」にはなっていませんか?

これは、私のように職業として、生徒に指導する側にも同じことが言えます。

どういうことかというと、先生によって授業時間の使い方に上手、下手があるのです。

悪い例としては、時間内のほとんどを説明の時間にあてる先生。

一方的に説明しまくるので、肝心の生徒たちはシラけてしまう。

このお母さんも、これと同じ状態になっていないかと心配なわけです。

子どもの分からないところを一生懸命解説しようと四苦八苦する。

子どもにとっては、意味不明だし、退屈で仕方がない。

なのに「分かった? 分かった?」とゴリ押しで攻めたてる親。

そりゃ、楽しくないですよ!

しかも、成績が上がらなければもっと最悪!

では、うまく教えることができれば、問題はないのか?

はい、うまく教えることができるなら問題ありません。

でも、そのためには、子ども以上に時間をかけて予習する覚悟と意志が必要です。

そこまでの覚悟がない親は、持っている知識で小学校の間は説明できても、中学校になるとお手上げとなったりします。

つまり親が教えるというのは、学年が上がってレベルが上がれば、遅かれ早かれ、どこかで必ず行き詰まるわけです。

そんな行き詰まると分かって教え続けるのは、私はお勧めできません。

イライラしなくてすむ方法とは

勉強を教えればイライラするし、かと言って子どもは「分からない~」と言っている。

どうすればいいの!?

私が実際にやってうまくいった方法があるので、それを教えますね。

親は子どもに勉強を教えなくていいのです。

教えずして、成績を上げるテクニックをマスターするのです。

まず、勉強時間内をフルパワーで頑張るのは、親ではありません。

お子さん自身です。

親の役目は、子どもがフル回転で勉強できるようサポートすることです。

そこで、実行してほしいのは、教える時間よりも、自分でやらせる時間の比重をおおきくすること。

これは私も常日頃から心掛けていることです。

私も生徒に指導するときは、解説する時間なんてごくわずか。

とにかく「私って、すごい」と子供自身に思わせることが使命です。

あたかも生徒本人が自分で解けたと実感するよう、手助けをしていきます。

ポイントだけをしっかり押さえて、あとは、ひたすら生徒に頑張らせる。

口癖は「オ~」「スゲ~」「その調子!」「なぜそうなる?」です。

子どもは、「分かった!」と実感し、次からは解けるようになる。

さあ、お子さんの頭をフル回転させ、「お母さんと一緒だと、なぜか解ける」と言わせてみましょう。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事