聞く力

 

子育て・家庭での勉強法 優秀児育成のための最高の勉強法 塾長の指導観・受験観 幼児教育

聞く力は学力に影響

昔に比べて「人の話をよく聞いていないな」と思うことが多くなってきました。

聞くことは、人の話に集中し理解するための重要なスキルです。

聞く力を身に付けると、様々な力を伸ばすことができます。

学力

授業や説明を「聞く」ことができれば、勉強が理解できます。

理解できれば楽しいと感じ、もっと知りたいと話を聞こうとします。

こういった好循環が学力を伸ばします。

集中力

落ち着いて相手の話を聞くことで、集中力が養われます。

我慢強さ

話の途中で口を挟んだり、無視したりせずにしっかりと話を聞くことで我慢強さも身につきます。

聞く力の育て方

「毎日の生活での親の姿こそが、子どもに最も影響を与える」

子どもが話しかけてきても背中を向けたまま聞くのではなく、子どもの顔を見ながら話を聞きます。

子どもはその姿を見て、人の話を聞くということがどういうことかを学びます。

読み聞かせ

楽しい本であれば、子どもは話を聞こうとします。

初めは文が短い絵本から始め、徐々に絵が少なく文字の多い、長めの話を選んでいきましょう。

伝言ゲーム

「今から言う言葉をパパに伝えて」と伝言ゲームのようにお願いすると子どもは夢中になってくれます。

正しく伝えられたら「すごいね!」と褒めてあげてください。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事