勉強を楽しいトレーニングに変える方法: 子どものやる気を引き出す秘訣

勉強を楽しいトレーニングに変える方法子どものやる気を引き出す秘訣
目次

子どもにとっての「勉強」の意味

子どもにとって「勉強」という言葉は、時に重荷に感じられることがあります。

学校の課題、受験のプレッシャー、そして親からの期待。

これらすべてが子どもの心に大きな負担を与えることがあります。

しかし、この視点を少し変えるだけで、子どもの学習に対する態度は大きく変わることができます。

勉強のイメージをポジティブに変える

難関校に合格した子に、「受験のときは苦しかった?」と聞くと、「すごく楽しかったよ」と言います。

成功した子どもたちが口にする「勉強は楽しい」という言葉には、重要なヒントが隠されています。

彼らは勉強を苦痛ではなく、自己成長の機会として捉えているのです。

このポジティブなイメージが、彼らの成功に大きく寄与しています。

そして、このポジティブなイメージを子どもに植え付けることが、親としてできる最も重要な役割なのです。

「勉強」から「トレーニング」への言葉の変化

家で親から常に、「勉強しなさい」と言われ続ければ、子どもは勉強とは「叱られるもの」「自分を苦しめるもの」という認識を持つでしょう。

「勉強」という言葉には、時にネガティブなイメージが付きまといます。

この言葉を「トレーニング」と言い換えるだけで、子どもの心に新たなイメージが芽生えます。

「トレーニング」という言葉には、成長、強さ、楽しさといったポジティブな連想があり、「今からトレーニングをしよう」と言うと、「トレーニングは楽しいものだ」と錯覚し、子どもに新たなやる気を与えることができます。

子どもの自発性を引き出す

言葉を変えるだけで、子どもは勉強に対して新たな視点を持ち始めます。

子どもは「トレーニング」という言葉から、自分自身を強くし、新しいことを学ぶ喜びを見出すことができます。

これにより、学ぶことへの興味や好奇心が自然と湧き出てきます。

実践的なトレーニング方法

この新しいアプローチを実践するには、具体的な方法が必要です。

たとえば、勉強の時間をゲーム感覚で楽しむこと、学習目標を達成するたびに小さなご褒美を設けること、また、勉強内容を子どもの興味や好奇心に合わせて調整することなどがあります。

「ゲーム感覚で楽しむ」とは、目標を決めて達成したり、自分の興味があることをとことん追求したり、ライバルと競い合うことで勝負をしたり、友だちなどと協力して取り組んだりすることです。

ご褒美については、つぎの記事が参考になるでしょう。

褒め言葉とシールで努力を称える

親として知っておきたい!ご褒美制度の賢い使い方と落とし穴

これらはすべて、子どもたちが「トレーニング」を楽しむための工夫です。

結果を重視しない学習の進め方

最も重要なのは、結果よりもプロセスを重視することです。

結果が良ければ「勝ち」悪ければ「負け」という感覚で取り組んでいると、学習内容が難しくなってきた段階で、勉強がつまらないと感じるようになります。

子どもたちが学習過程で何を感じ、どのように考え、どのように成長していくかが重要です。

学習の過程を楽しむことができれば、結果は自然とついてきます。

親としてのサポートのあり方

親としてできることは、子どもの学習をサポートし、子どもが学習に対してポジティブな態度を持てるように助けることです。

勉強に対して、脳が快適なイメージを持っているか、不快と考えるかによって、結果は大きく違ってくるのです。

子どもに、「勉強」=「楽しい」と思わせることができたら、その後の学習は成功したも同然です。

子どもが自分自身で学び、成長できる環境を整え、必要なときに適切なアドバイスを提供することが大切です。

子どもの学びについて真剣に考える親御さん限定の説明会です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次