考える力を養う

「考える力を養う」

こういう言葉をよく聞きます。

言うのは簡単ですが、

はたしてどういうプロセスで身につけさせるのか、

これがないと、ただ闇雲に指導するだけです。

私も、昔は、公式を教えたり、文法を指導したりはできても、

明確に「~すれば身に付けられる」というものは、

なんとなくはわかっていても、

直接指導に結びつけることはできませんでした。

方法を知らなかったからです。

ある転機があり、サンライズという、今の塾のスタイルになりました。

指導方法もより明確になったため、

子どもたちは短期間で成長しました。

もちろん、考える習慣づけも

指導の中の大半を占めるようになりました。

考える力は、点数のように目に見えるものではありませんが、

塾生保護者の方々には、その教育方針に賛同して頂き、

なにより、子どもたちが応用問題でつまずくことが少なくなり、

学力も県内トップクラスの子たちが増えました。

今、改めて思います。

知識の丸暗記は、決して悪いとは思いませんし、

その方が点数を上げるという点では、直接的で、一番の近道です。

しかし、現在のサンライズの指導方法も、

間違っているとは思いませんし、実績もありますので、

これからも続けていくつもりです。

一見遠回りであっても、子どもたちの将来を思えば、

必ず必要になる力であるし、私にしかできない、

最大のプレゼントだと思うからです。

関連記事