良い習慣、悪い習慣

子供たちに、「これってどういう意味なの?」と聞くと、

・黙り込んでしまう子

・きちんと説明できる子

の2通りに分かれます。

きちんと説明できる子は、すぐに答えられますが、

黙り込んでしまう子は、いつまで待っても答えることはありません。

この場合は、すぐに調べてもらうか、

説明をして、時間をできるだけかけないようにしています。

それと、怒られ癖がついている子は、

比較的前者に当てはまるような気がします。

私が質問する時は、「素朴な疑問」として尋ねるような言い方をします。

それでも、怒られ癖のありそうな子は、そこで、身構えるんでしょうね。

他にも、私が相槌を打つつもりで、「あ、そうなの?」と聞くと、

「え?あ、違うかも・・・」などと、

急に自信を失ったような言い方をする子。

まだまだ、勉強不足かな。

それとも・・・。

良い習慣ならよいのですが、変な癖、習慣がついていると、

時間がかかり、効率の良い勉強ができなくなります。

関連記事