甘やかし?

私が、「子どもは褒めよう」とか、「勉強は楽しんでやろう」というと、

「そんなに甘やかしたら、うちの子は図に乗るだけです」と

反論する方もいるかもしれません。

私は、甘やかしたり、過保護が良いとは考えていません。

勉強で、上位を狙うということは、とても厳しいものですので、

どうせやるなら、楽しく、ワクワクしながらやった方が

いいと思っているだけです。

今の世の中は、

「気にしなくていいよ」

「無理しなくていいよ」

「我慢しなくていいよ」

という風潮があります。

でも私は、こんなぬるま湯につかったような考え方には反対です。
子どもたちが成長していくためには、

「気にする」

「無理する」

「我慢する」

習慣が必要だと考えています。
子どもたちに、どんな世の中になっても生き抜いていける、

力強さを身につけて欲しいと願っているのです。

子どもから大人になり、社会人として

多くの人に囲まれて生きていくには、

周囲の人を思いやり、時には徹夜で仕事をするなど、

無理もしなければならないでしょう。

世の中には理不尽なこともあり、他人との摩擦もありますし、

我慢も必要です。

強く生きる力の根本を、子どものうちから教えることは、

勉強ができるようになる以上に大切なことだと考えています。

関連記事