難問よりも基本問題が合格への近道

朝日高校の入試というと、特に数学は、

「難問・奇問が多く出る」と考えている人が多いようです。

でも、実際には、そんなことはありません。

朝日高校に合格した子は、奇問対策に勉強時間を割くことは、

ほとんどありません。

難しい問題といっても、基礎を徹底して学び、

演習問題や類題を数多くこなしている優秀な子なら、

自然とできてしまいます。

しかも、入試では100点を取らなくても合格できます。

できる問題で確実に点数をかせぐことの方が大切です。

私がお問い合わせの電話や面談などで、このように話しても、

難問・奇問対策ばかりやらせたい方がいて、困っています。

そんな時間があるなら、普通の演習問題をひとつでも多く

解かせた方が、成績は上がります。

例えば、テストで最後の1,2問は難しいのです。

いくつかの公式を組み合わせて考える柔軟な発想も求められます。

でも、これは本当に優秀な子をふるい落とすための設問で、

普通はできるものではありません。

もちろん、当塾では、そういった問題もやらせます。

上位で合格させたいからです。

でも、それよりも重要なことは、基本~標準問題に対して、

確実に対応できる力を身につけることです。

実際の入試では、2~3点差が勝敗の分かれ道となります。

ですから、皆ができない難問には手をつけず、

余った時間でその他の問題を見直した方が、

確実に点数が上がり、合格への近道になります。

関連記事