質問をすることへのハードル

伸びる子は、質問ができます。

そんなことは、簡単なことだと感じるかもしれません。

でも、子どもにとっては、実はとても勇気がいることなのです。

「先生はきっと忙しいから、相手をしてくれないかも」

「こんなこともわからないのか、と怒られるかも」

「こんなことを聞いて、バカだと思われるのが恥ずかしい」

などと思っているのです。

子どもに、過去にそういう経験があったからかもしれませんね。

こういう経験が積み重なると、

子どもは質問をするのに高いハードルを

感じるようになってしまいます。

どうにかして、質問ができる子にしたいですよね。

まず、質問ができるようにするのは、簡単です。

質問や相談をしてきたら、その行為自体をほめてあげるのです。

そして、子どもは、助けを求めてきているのですから、

喜んで、一緒に解決してあげましょう。

わからないところを一人で悩んでいても、けっして解決できません。

勉強は単元の積み重ねですから、

わからないところをそのままにしておくと、

後で取り返しのつかないことになります。

質問をする勇気をもつことも、

子どもの成長に欠かせない大切な要素なのです。

関連記事