「ウチの子はダメな子なの」

子どもも親も、悪い妄想や錯覚にとらわれている時があります。

そうなると、元気もやる気も健康も損なわれていきます。

子どもがお母さんに「勉強しなさい」と言われただけなのに、

「自分は嫌われている」と妄想してしまうことだってあります。

お母さんと面談すると、

中には「うちの子はやる気がない」と言われます。

話を聞いてみると、

「部屋を見に行ったら、テレビゲームをしていた」

という事実を見て、

「うちの子はやる気がない」

「うちの子はダメな子だ」と言っているのです。

それは、単に「テレビゲームをやっていた」というだけです。

その子は教室に来ると、よく勉強をします。

明るく、友だちもたくさんいる子です。

ゲームをしていたのは、「ゲームをやりたいというやる気があった」

わけで、「ダメな子」を証明するものでもありません。

神経質になると、ちょっとしたことでも

悪い方へと考えてしまいがちです。

お互いのコミュニケーション不足が原因かもしれません。

親子の信頼関係がとても大切なのです。

ですから、事実をしっかりと見極める冷静さをもってもらい、

子どもを否定的に見ないで温かく見守って欲しいのです。

同じ出来事があっても、「自分はいつも被害者だ」と

思いこんでしまう子は、不満とイライラがつのり、

良い成果を生み出していくことが難しいのです。

関連記事