「ウチの子はダメな子なの」

NO IMAGE

子どもも親も、悪い妄想や錯覚にとらわれている時があります。

そうなると、元気もやる気も健康も損なわれていきます。

子どもがお母さんに「勉強しなさい」と言われただけなのに、

「自分は嫌われている」と妄想してしまうことだってあります。

お母さんと面談すると、

中には「うちの子はやる気がない」と言われます。

話を聞いてみると、

「部屋を見に行ったら、テレビゲームをしていた」

という事実を見て、

「うちの子はやる気がない」

「うちの子はダメな子だ」と言っているのです。

それは、単に「テレビゲームをやっていた」というだけです。

その子は教室に来ると、よく勉強をします。

明るく、友だちもたくさんいる子です。

ゲームをしていたのは、「ゲームをやりたいというやる気があった」

わけで、「ダメな子」を証明するものでもありません。

神経質になると、ちょっとしたことでも

悪い方へと考えてしまいがちです。

お互いのコミュニケーション不足が原因かもしれません。

親子の信頼関係がとても大切なのです。

ですから、事実をしっかりと見極める冷静さをもってもらい、

子どもを否定的に見ないで温かく見守って欲しいのです。

同じ出来事があっても、「自分はいつも被害者だ」と

思いこんでしまう子は、不満とイライラがつのり、

良い成果を生み出していくことが難しいのです。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG