夏の体験授業実施中。中3生、高1・高2・高3生は満席となりました。

「なぜできないのか」ではなく「どうやったらうまくいくか」

成績が伸びない子は、よく言い訳をします。

「部活が忙しい」

「学校の行事が長引いた」

「クラスがうるさい」

「学校の先生(の教え方)が嫌い」

「今、やろうとしていた」

挙げると、きりがありません。

できない理由を考えて言い訳をしている限り、

成績があがることは永久にありません。

なぜなら、「自分ができないのは、○○のせいだから仕方がない」

と思っているからです。

成績がふるわず、言い訳が多い子は、責任転嫁をしています。

ほとんどのお母さんの口癖は、

「あなたはどうして勉強をやらないの」

「あなたはどうしてこんな点しかとれないの」

と叱ってしまっていることがほとんどです。

お母さんから、そんな質問をされた子どもは、

「できない理由」を考えます。

その結果、本当にできない子になっていってしまうのです。

ですから、まずお母さんが質問する方法を変えなければなりません。

子どもに「できない理由」探しをさせるのではなく、

どうやったら「できるか」を考えさせるのです。

それには、「今回は残念だったね。次はどうやったらうまくいくかな?」

とできる方法を考えさせるのです。

こう質問されると、子どもは

「どうやったらいいだろう」と「できる方法」を考えるようになり、

プラス思考で物事を考える子になります。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG