「なぜできないのか」ではなく「どうやったらうまくいくか」

 

成績が伸びない子は、よく言い訳をします。

「部活が忙しい」

「学校の行事が長引いた」

「クラスがうるさい」

「学校の先生(の教え方)が嫌い」

「今、やろうとしていた」

挙げると、きりがありません。

できない理由を考えて言い訳をしている限り、

成績があがることは永久にありません。

なぜなら、「自分ができないのは、○○のせいだから仕方がない」

と思っているからです。

成績がふるわず、言い訳が多い子は、責任転嫁をしています。

ほとんどのお母さんの口癖は、

「あなたはどうして勉強をやらないの」

「あなたはどうしてこんな点しかとれないの」

と叱ってしまっていることがほとんどです。

お母さんから、そんな質問をされた子どもは、

「できない理由」を考えます。

その結果、本当にできない子になっていってしまうのです。

ですから、まずお母さんが質問する方法を変えなければなりません。

子どもに「できない理由」探しをさせるのではなく、

どうやったら「できるか」を考えさせるのです。

それには、「今回は残念だったね。次はどうやったらうまくいくかな?」

とできる方法を考えさせるのです。

こう質問されると、子どもは

「どうやったらいいだろう」と「できる方法」を考えるようになり、

プラス思考で物事を考える子になります。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事