ライバルをつくる

成績が大きく伸びた子どもたちには、共通することがあります。

それは、「ライバルがいた」ということです。

勉強でもスポーツでも一緒です。

しかし、敵意むき出しのライバルをつくれ、という意味ではありません。

仲間意識を持って、一緒に共通の目標に向かって

頑張れば良いのです。

「もう限界・・・」と思っても、ライバルがいると、

「もう少しだけ頑張ってみようか」となるのは、

子どもも大人も同じなのです。

究極の話をすると、勉強は一人でもできます。

教科書や参考書があれば独学でも、できてしまいます。

勉強ができるようになるには、

社交性もコミュニケーションも必要ありません。

でも、実際には楽しく受験勉強に取り組み、

目標を達成していく子たちには、

「夢を語り合い、励ましあう友だち」がいるのです。

だからこそ、友だちの存在は重要です。

そして、友だちをライバルと意識して、受験を頑張った子は、

笑って目標を達成していくのです。

サンライズでは、多くの子が、「朝日高校合格」という

共通の目標を持ち、互いに励ましあい、

学問に磨きをかけているのです。

関連記事