成績が上がらないのは、誰のせい?

周りに、相手の話を聞かないで、

一方的にしゃべりまくる人はいませんか?

子どもに対して、聞く耳を持っていないと、

つい、日常生活でもその癖が出ます。

親が、一方的に指示・監視・監督して勉強を教えると、

子どもは「親にやってもらった方が楽だから」

「どうせ自分はできないから」と考え、

自主性はドンドン失われていきます。

また、命令や指示に従わないと、厳しく叱られるため、

自分の意見を口にしなくなり、ふてくされて机に向かい、

勉強するふりを始めます。

こういう子は、たいてい成績はよくありません。

子どもの意見に耳を傾けてみましょう。

ただ、万が一、成績が上がると、親は、

「自分が一生懸命教えたから成績が上がった」と自己満足に走り、

さらに過酷な勉強を押し付けます。

一方、成績が落ちようものなら、

「あんたがもっとしっかり勉強しないから」

「もっと早くから準備しないあなたが悪い」と、

悪いのは子供のせいにしてしまいます。

中には、親から勉強を押し付けられても、受験に合格する子もいます。

しかし、相当なプレッシャーをかけられ続けたことが原因なのか、

その後、燃え尽き症候群になる子も多いのです。

こういう子どもには、自主性や達成感が乏しいので、

立ち直らせるのが難しく、将来が心配です。

悪い点をとってきたら、アシストの方法を変えてみましょう。

関連記事