ほんの些細なことでも、勉強が楽しくなる

子どもに、「勉強」=「楽しい」と思わせることができたら、

受験は成功したも同然です。

難関校に合格した子に、「受験のときは苦しかった?」と聞くと、

みんな「すごく楽しかったよ」と言います。

それは、「勉強ができるから」というだけではないのです。

勉強に対して、脳が快適なイメージを持っているか、

不快と考えるかによって、結果は大きく違ってくるのです。

もし、お子さんが成績優秀でも、「勉強大嫌い」だったら、どうしますか。

家で両親から常に、「勉強しなさい」と言われ続ければ、

お子さんにとって、勉強とは

「叱られるもの」「自分を苦しめるもの」

というイメージしかないのです。

そんなときは、勉強のイメージを変えるために、

「勉強」を「トレーニング」と言い換えてみましょう。

やることは同じですが、「今からトレーニングをするぞ」と言うと、

「トレーニング」という言葉に対しては、

何もイメージがついていないので、

「トレーニングは楽しいものだ」と錯覚し、

自分からドンドン勉強し始めます。

言葉を変えるだけで、なんとなく楽しんでやってしまう。

ほんの些細なことですが、子どものやる気は大きく変わるのです。

関連記事