話したがっている話題を見つけよう

私は、子どもとのコミュニケーションを非常に大事にします。

仲良くなるため?

それは勿論ですが、一番は、成績を上げるためです。

塾の先生の中には、

子どもの意見を頭ごなしに否定してしまう人がいます。

こういう先生は、子どもたちに人気がないでしょう。

いや、実は、私も昔はそんな時があったのです。

子どもと心が通じ合っていないから、いくら真っ当なことを言っても、

子どもたちは耳を傾けてくれません。

そのため、成績を上げられないのです。

よく「あの先生は熱心に遅くまで指導してくれる、

とても良い先生だ」という声を聞きます。

でも、私は、一概に、そうとは言えないのではないかと思います。

なぜなら、ただ、長時間勉強を見ても、

子どもが耳や心を閉ざしていたら無駄な時間になるからです。

一方で、一見、子どもたちと陽気におしゃべりしているだけのようでも、

会話を通じてお互いの信頼関係をうまく築く先生がいます。

うちの塾には、あまりしゃべろうとしない、おとなしい子がいます。

でも、その子が、例えば野球部に入っていたとすれば、

私は野球の話を振ってみます。

すると、最初はモジモジしているのですが、

少しずつ嬉しそうに話してくれるようになるのです。

それからは、自分の思っていることを笑顔で話すようになりますし、

こちらのアドバイスにも耳を傾け、

勉強にも熱心に取り組み始めるのです。

自分の話をよく聞いてくれる人のことはみんな大好きです。

そういえば、先日、好きな男の子の話で盛り上がりましたよ。

何か一つでも、会話が成り立つもの、

お互いの意思疎通できるものがあれば、

それが突破口になり得るのです。

関連記事