「そうだね」

夢や目標を達成するには、その夢を情熱的に人に話すことです。

夢を口に出すことで、自分を奮い立たせることにもなるのですが、

前提として、その話を必ず聞き続けてくれる人が必要です。

偉人と言われる人たちは、最初は「そんなこと、できるわけがない」

と思われるようなことを実現してきました。

だからこそ、歴史に名を残しているわけです。

子どもが抱く夢も、大人から見れば、

「そんなバカな」と思えるものがほとんどです。

でも、頭ごなしに否定しないでください。

一度は子どもの話を、「そうだね」と受け止めて欲しいのです。

否定され続けると、子どもは自分の考えや夢を話さなくなります。

そして、殻に閉じこもろうとしてしまいます。

最悪なのは、「お前は勉強して、いい学校に入れば、

やりたいことができるんだから・・・」などと理屈で説き伏せることです。

子どもに理屈は通用しません。

納得しないことに前向きに取り組むわけがありません。

では、何が子どもを目標に向かわせるのか。

それは、共感と信頼です。

「この人は私のことを大切に考えてくれている」

「愛されている」と共感できるから、

「自分が大切にしたい人を喜ばせたい」と思って、努力するのです。

だからこそ、子どもにとって最高の聞き役になってください。

子どもの夢の実現の半分は親のかかわりによるものなのです。

関連記事