幼児さんのさんすう教室

算数・数学 幼児教育 指導の様子

こんにちは。

 

 

幼児・低学年担当の小川です。

 

 

「1」 ってなぁに?

 

 

年少のRくんに聞いてみた。

 

 

「1つってことだよ」と、答えてくれた。

 

 

「大きなぞうさんが1頭。小さなうさぎさんが1羽。

 

 

これは同じ『1』なのかな?」

 

 

「う~ん…。」と考えるRくん。

 

 

そして、

 

 

「ぜったいおなじ『1』だよ。

 

 

だって、1つずついるってことだもん」

 

 

と近くにあった消しゴムと積み木を使って

 

 

 

説明をしてくれた。

 

 

幼児さんの算数の授業で最初にすることは、

 

 

「数の概念」を体感してもらうこと。

 

 

大人が聞くと当たり前のような話でも、

 

 

数に初めて接する幼児さんには大切なこと。

 

 

数の概念や考え方を体感していき、

 

 

算数の土台をつくっていく。

 

 

とっても大切なことだよね。

関連記事