英語を苦手にする2つの理由

 

英語

中学、高校と6年間、一生懸命英語を勉強したはずなのに、

英語が苦手な人が非常に多い・・・。

なぜなのか。

1つは、英語に触れる量が少ないことです。

多くの子は、文法学習に時間をかけます。

その文法の学び方も日本独特なのです。

初めて英語に触れる中1生に、

「I, my, me, mine」

などと教える必要があるのか、ということです。

また、リスニングに関しても、極々少量しか聞いていません。

これでは、苦手になるのも当然でしょう。

 

2つ目は、和訳の仕方です。

例えば、単語を覚えるのに、

1つの意味しか覚えていないということがあります。

中学の定期考査レベルであれば、

それでも点数が良いのかもしれませんが、

学年が上がるにつれ、特に入試や高校生になってからは、

おかしな日本語訳になってしまうことから、

それでは通用しないんだということを

初めて知る子もいます。

また、1文1文丁寧に日本語訳をノートに書くという勉強法が

昔から続いています。

しかしそれでは、試験の長文読解で、時間が足らなくなるでしょう。

もしかして、いちいち頭の中で日本語の文を作ってから、

英文に直したり、逆に英文を日本語に丁寧に変換してから、

理解をしているのでしょうか?

英語が使える人がそんな考え方でやっていると

思っているのでしょうか?

考えてみれば、わかることです。

つまり、英語ができるようにならないやり方を、

我々は言われるがままにやってきたということです。

 

小学生に英語を教えるのに、中学生のようなやり方では、

絶対に伸びません。

むしろ、英語嫌いな子を増やすだけです。

英語が分かるようにならないと、好きにはなりません。

 

昔からの当たり前を、そろそろやめるべきだと思いませんか?

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事