感性を大切にする

最近、やる気のない無気力な子が増えているといいます。

理由は様々ですが、無気力な子は、

「思ったこと=できる」という頭の回路ができていないため、

「私はこうしたい」ということを思うことすら

できなくなってしまっているのです。

子どもにとって、「こうしたい」というのは、

無理やり考えることではありません。

どちらかと言えば、感性の問題です。

感性が鈍ってしまった子は、

どんなに理論的に優れた勉強法をやらせてみたところで

良い結果は出ないのです。

「私はこうしたい」と感じる感性こそが大切なのです。

ですから、是非、親のみなさんにもご自身で試してください。

例えば、「あの映画が見たい」とか「評判の〇〇へ行ってみたい」など、

これまでにしたいと思ってはいたけれど、

実現できなかったことが沢山あると思います。

やってみたいことを20個書き出してください。

その紙をいつも持ち歩き、ちょっとした空き時間に読み返すのです。

そうすると不思議なことに、少し意識するだけで、

1~2週間もすれば実現できることが、いかに多いかわかります。

子どもの場合も同じです。

口に出したり、紙に書いた中で、できたことがいくつかあると、

おもしろがって、ドンドン積極的にアウトプットするようになります。

最初は小さなことでいいのです。

「早起きする」

「寝る前に明日の準備をする」

「挨拶は元気よく」でも構いません。

「思ったことは、できる」という自信をつけさせることが目的なのです。

関連記事