目標はスモールステップで

子育て・家庭での勉強法 自学力 塾長の指導観・受験観 指導の様子

目標を立てるときに注意することは、まずは、確実にできる小さなステップから始めることです。

例えば、家で全く勉強しない子が、いきなり、

「毎日3時間勉強する!」なんて言っても、三日坊主で終わるだけです。

こんなお話を聞きました。

Aくんは、家での勉強はおろか、塾の宿題もまったくやってきませんでした。

遅刻や欠席も頻繁です。

そこで、「毎日、学校帰りに塾に寄り道していけ」と言ったところ、

遊びの延長なのか、毎日ニコニコ顔で来るようになり、遅刻や欠席をしなくなりました。

その次に、「毎日、3分間だけ集中して机に向かう。それ以上はするな」

と目標を設定したそうです。

「たった3分」と不安に思う方もいるでしょう。

でも、勉強する習慣のない子に、いきなり、「1時間やれ」と言ってみても無駄です。

無理やりにやらせても、勉強するフリをするか、ますます勉強嫌いになるだけです。

たとえ3分といえども、まずは毎日勉強する習慣をつけることが大切です。

最初のうちは、「3分やったから」といって、その後は漫画やテレビゲームをやっていたようですが、

「3分以上するな」というと不思議なもので、

Aくんは1ヶ月もしないうちに1時間以上も勉強するようになったそうです。

彼は結局、中学受験も合格しました。

目標は小さなステップに分けて、できるところから始めて、確実にクリアすることが大切です。

小さな成功体験は次のステップへ進むエネルギーとなり、子どもに大きな自信を与えます。

小さな目標から始めて、少しずつ大きな目標へチャレンジすることが、やる気を引き出すコツなのです。

関連記事