冬期体験授業実施中。12月11日まで。年中、中3生、高1・高2・高3生は満席となりました。

見える化

こんにちは。低学年担当の小川です。

 

題名の言葉、時々、耳にすることはありませんか?

 

いわゆる「可視化」ですよね。

 

状況や問題点などを、普段から「見える」ようにしておくことで、

「気づき」やすい状態にすることです。

こうすることで、その問題を「考え」、解決するために「行動」し、

その結果を「判断」し、次に生かす。

そして、新しい問題が再び「見えて」くる・・・。

「見える化」と、一言で表していても、

たくさんの行動が含まれていますね。

 

子どもたちにとっても、「見える化」は大切になってきます。

わたしが、毎回子どもたちにしている「見える化」は、

“宿題の量を把握させ、いつ・どこまでするかを計画させること”です。

 

「To Do リスト」を、もっと具体的に書かせているのです。

学校や習い事でもらってくる宿題、

特に週末や夏休みなどの長期休暇の宿題は、

管理できない子だと、だらだらと後回しにしてしまい、

休みが終わる直前に慌てて宿題をこなしてしまうということに

なりかねません・・・。

そんなことにならないためにも、宿題をもらったら直ぐに、

「見える化」するのです。

 

一見面倒なようですが、やってみると親も子も、

計画が立ちやすく楽に宿題がこなせるようになりますよ!

「見える化」=「目で見える管理」をすることで、

 

・いつまでに、どの教科を、どこまでしないといけないのか。

・今日は、何をするべきなのか。

・計画通りにいかなかった場合、どのように修正していくべきか。

・どうすれば、計画通りに進めるのか。

・そもそも、自分が立てた計画に無理は無かったのか。

 

などなど・・・考えることはたくさん出てきますよね。

こうやって、宿題を計画通りに進めるための作業にも、

多くのことを学べるチャンスも出てきます。

 

これは低学年から身につけられるようになると、

この先の強みにもなりますよね!!

 

簡単なようで難しい「見える化」。

ぜひ、“親子で”挑戦してみてくださいね。

お子さんに任せっきりでは、ダメですよ。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG