夏の体験授業実施中。中3生、高1・高2・高3生は満席となりました。

社会が得意な子が絶対にしない3つの勉強のやり方(3)

以前の続きです。

社会が得意な子が絶対にしない勉強法の3つ目が残っていましたね。

3.意味のない見直し

皆さんは、間違えた問題の見直しをどのようにしていますか?

例えば、選択問題で次のような問題があったとします。

=============================

Q.執権として政治を行い、1232年に御成敗式目を定めた人物を次のア~エの中から選べ。

ア 北条政子 イ 北条泰時 ウ 北条時宗 エ 北条時政

=============================

答えは・・・ イですね。

苦手な子は、この答えを間違えた際に、

「北条泰時=御成敗式目」

で、見直しが終わるのです。

 

本当は、どの人物も知っておかないといけないのですが、

仮に泰時が何をした人か知らなくても、他の3人を知っていれば

消去法でも解けるわけです。

 

でも、間違えたのです。

 

つまり、泰時以外の政子も時宗も時政も知らないから、

分からないのです。

 

それなのに・・・

見直しの際に、泰時は理解(?)できたのかもしれませんが、

政子や時宗や時政までは知ろうとしないんですね。

“この問題では正解ではないから”

 

この1問を通じて、色々知らないことがわかったわけですから、

「泰時」1点だけを学習するのではなく、その周辺も学習することで、

学習効果は2倍、3倍となるわけです。

 

以前の繰り返しになりますが、

問題は、一部分を切り取って出題されているわけです。

でも、その一部分が答えられないということは、

氷山の一角だと思って、その周辺も学習し直すのは、

当たり前のことなのです。

 

自分の勉強が3つの中の1つでも当てはまっている人は、

今からでも遅くはないので、変えていきましょう!

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG