ただいま体験授業実施中です。入塾試験は6月26日です。(小4以上)

2021サンライズ通信1月号No.229

NO IMAGE

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

今年も皆さんにとって飛躍の年になりますように、お祈り申し上げます。

考えるとは何か

人間は当たり前すぎるものを考えなくなる性質を持っています。

例えば生きていく上で大切な呼吸をはじめ、

食事、睡眠などの意味を深めようとはせずに

何か問題があるとすぐにほかの理由を探したりするものです。

しかし人間の体というものはとても正直で、

頭で考えて理解するのとは程遠く

実際の今の状況を語らずして伝えてくるものです。

例えば睡眠というものもそうですが、生きているものは睡眠をとります。

これはなぜかということですが、

単に疲れを回復するためとか、細胞を甦生するためとか、

そういう目に見えるところだけの効果があるのではなく

本当はまだまだ未知の領域がたくさんあります。

人間の知識では追いつかないほどの叡智は、

頭で考えられないところで働き続けているのです。

そう考えてみると、よく学校で「考えてやりなさい」

というのは果たしてどれだけの意味があるのかと疑問に思います。

人は考えずにあらゆることを行動で行います。

睡眠も呼吸も排泄もすべては考えていないところでやっています。

それはまるで全自動で、頭で考えれば不可能とさえ思えることも

簡単にやってのけています。

これは考えてやっているのではなく、「考えずにやっている」のです。

そもそも考えるというのは、

単に知識で自分の頭で理解することを言うのではなく

深めるということです。

この深めるというのは、叡智に近づくということです。

自分の知らなかったことを深めるというのは、

分かった気にならずに実践し続けて叡智と一体になるということです。

そしてある「境地」を持てる人になるということです。

それが考えずにできるようになること、会得や体得の境地です。

これはすべてにおいて経験によって実現することです。

経験なしに考えなさいというのは、土台無理な話で

人間は経験するからこそはじめて考えることができるのです。

ここでいう考えるのは先ほどの深めるに置き換えれば、

経験するから深めることができるということです。

つまりは深めるということは経験が伴わなければ深まらないということ。

そして深めている最中だからこそはじめて

人は考えることができるということ。

考えて動きなさいではなく、動くから考えているということです。

シンプルな言い方だと、

「なんでもやってみなければわからない」ということです。

そして今度は、やってみたから何の発見があったのかを内省することで

その事物そのものがその人の先生になって自分を導いていくのです。

自分はあまり考えないタイプですから、

来たものを選ばずに何でも有難く受け止めて

やってみることにしています。

そしてやってみたことが一体何だったのか、

その意味を紡ぐ間に点が線になり面になり

立体になり空間になり全体になります。

人生は知識が先にあったのではなく、

経験した人たちによって知識が発生してきたのですから

過去の産物をいくら勉強してもそれは経験をなぞっただけであって

自分自身の経験とは関係がないものです。

自分の人生を味わうというのは、

経験を味わい尽くすということです。

子どもたちの主体性を奪う前に、

本来の経験をさせてあげたいという親の真心、

そしてそれを見守る親心を大切にしてあげることが

私は「育」ということの大前提に据えられるものだと

自分の実体験から感じます。

それでもやりたいということがあるから、

人間は面白いということ、人生は愉快痛快になるということ。

引き続き、子どもたちが憧れるような生き方を目指して

挑戦していきたいと思います。

>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG