朝日高校受験専門進学塾サンライズ 東大合格

進学塾サンライズ
朝日高校・東大・京大・医学部に合格するために
朝日高校・東大・京大・医学部に合格するために

最終目標は、朝日高校ではない

近年の大学入試制度や出題問題傾向は、親御さん世代の頃とは随分変わってきています。にも関わらず、古い指導観念から「知識の量だけで合格できる」と考える指導者も多く、受験直前で戸惑う受験者もいます。お子さんはもちろんのこと、親御さんも受験の現実をしっかりと認識して、「今、我が子に必要な力は何か」について考えてもらいたいと思います。

岡山県立岡山朝日高校入試 英語

今までにあなた自身の態度や考え方が変わった出来事について、何がどのように変わったのか、そのきっかけが何だったのかを含めて、45~55語の英語で書きなさい。

その向こうに

東京大学前期試験 英語

これまで学校や学校以外の場で学んできたことのなかで、あなたが最も大切だと思うことは何か、またそれはなぜか。50~60語の英語で答えよ。

これらが、普段勉強している1問1答形式の学習だけで解けるのかどうか、答えは明らかです。解法テクニックを教え、知識を詰め込むような学習が、もはや通用しない時代だということです。高校入試や大学入試問題に通用する学力を養うために、弊塾は至ってシンプルな指導をしています。それは、「事象の最も基本的なことから理解させる」ということです。基本問題を解かせる、ではありません。知識を「覚えるもの」ではなく、「考えるもの」あるいは「考えるためのツール」にするのです。

まずは、勉強方法の改善から

間違った勉強とは

×勉強をするとき、ただ問題を解けばいいと思っている。

×間違っても赤ペンで答えを書き写して終わりにしている。

×答えを読んで終わっている。

勉強のコツで最重要なことは、「分からなかった問題を解けるようにすること」です。間違えた問題は解答・解説を理解した後にその場で解き直すことが絶対に必要です。そして、すぐに復習しなければいけません。

×「理解した問題は1~2週間後に復習すればいいや」

これもいけません。一番おいしい時期を逃してしまいます。間違えた問題は、必ず次の日に復習し、3日後にも復習するべきです。その後は1週間後、2週間後が目安です。復習をしないで最初から最後までやったり、理解したふりをすることは絶対にしてはいけません。

学力=学習時間×学習の質×学習者の素質

学習時間

集中して学習した純学習時間

学習の質

方法論、計画、フォローにより決定。学習者の学力によって段階的変化。

学習者の素質

学習や運動・工作・音楽などの遊び、読書などによって得てきた理解力・論理力・記憶力、成功の経験による自信、失敗の経験による自制心などで決定。

素質を高めることは可能です!生まれ持った才能はどうすることもできませんが、自ら作ることのできる土台というスペースは残されています。

土台を作り直し、強固にする最も有効な方法は、土台を手に入れた人を真似ることです。