朝日高校受験専門進学塾サンライズ 勉強法

進学塾サンライズ
朝日高校合格の為の勉強法
朝日高校合格の為の勉強法

岡山朝日高校の自校作成問題


岡山朝日高校の入試は、一般入試のみで、全国で唯一の自校作成問題実施校です。

自校作成問題は、国語・数学・英語で、理科・社会は他の県立高校と同じ出題内容になります。定員は、360名。岡大附属中学校や京山中学校の生徒の受験者が多いですが、様々な中学校から受験しています。「レベルが高い」とものおじせず、基本をきちんと身につけていれば、合格は可能です。独自入試問題の平均正答率は毎年6割程度です。過去問を解く際の参考にしましょう。


以下に、各科目の勉強法を示しておきます。


国語

○言葉について

・語彙を増やす。

・漢字の訓よみ、送りがなの付け方、篇の意味を知る。

・辞書がひけるようにする。用言や助動詞の活用、漢字の総画数(楷書で書けること)に注目。

・きちんとした字を書く。

○読解問題

・筆者の主張、具体例、理由を見分ける。

・接続語に注意する。

・同義語、対立語をつかむ。

・段落ごとのつながり、全体構成上での意味をつかむ。

・文章を要約する。

○自分の考えの表現について

・問いは「どういうことか」「なぜか」のどちらかが中心。

・答え方では、書き出しと着地とに気を配る。

○オススメ問題集

全国高校入試問題正解(旺文社)を解く。

・いきなり難しい問題を解くのではなく、まずは、都道府県の共通問題を解く。

・答え合わせの際、特に記述問題では、なぜ解答例のように導けるのかを考える。部分的に正答例と合っているからと安易に正解としない。

・共通問題が一通り終わったら、都立の入試問題やそれ以外の問題を解く。

・最後に朝日高校の入試問題を解く。


数学

○基礎基本の徹底と正確な計算力

・短い試験時間の中で、いかに早く正確な計算ができるか。そのためには計算の工夫が不可欠。

・問題集等で繰り返し練習を行い、計算力・応用力を高める。

○数学の基礎用語を正確に覚え、応用する力

・相対度数、中央値、階級値、最頻値など

○問題文の正確な把握力

・長い文を正確に読んで立式する。毎年学校行事を題材にした問題が出題されている。

・途中の式や計算なども書く。問題文中にない文字は必ず説明する。

○関数のグラフを読む力と証明する力

・与えられた条件は何か。頭の中だけでなく、書き込むなどして整理する。

・証明では、途中もできるだけきちんと書く。

○平面図形の把握力、作図力、応用力

・線分の垂直二等分線、角の二等分線が書けるだけでなく、応用も。

・粘り強く問題に取り組む習慣を身につける。


英語

○教科書の完全理解

・音読をする。CDを活用してのオーバーラッピングや本文を暗唱して書けるようにする(ディクテーション)。

・単語や表現を読んで書けるようにする。

・文法・語法を正確に理解する。(読んで理解&使って表現)

○話の内容をイメージしながら聞いたり、読んだりする習慣をつける

・スピードが必要。分量のある英文を、文脈を追いながら読んだり聴いたりする練習をする。

・聴いたり読み取ったりした内容を自分の言葉で説明できるようにする。(英語・日本語両方で!)

○英語に触れる機会を増やす

・ラジオ・テレビ英会話番組

・英検・TOEIC

・やさしい洋書や英字新聞