タグ別アーカイブ: 高校入試

朝日高校合格への道(4)入試傾向と対策について~国語編・表現~

「朝日高校合格への道」第4回です。

国語の3つのポイントの3つ目、

最後は表現についてです。

 

「捉えた枠をはずれないようにして、自分の考えを表現する。」

表現とは、

選択問題ではなく、いわゆる記述問題の書き方についてです。

 

◆出題される問いは、

「どういうことか」

「なぜか」

の2つが中心です。

問われることは限られているので、

問いに対する答え方をまずは身につけましょう。

 

◆答え方では、書き出しと着地とに気を配ること。

特に「なぜか」の答え方の書き出しは大切です。

多くの生徒は、文末の形は知っているだけで、

肝心の理由が書かれていないことが多いです。

答え方は、通常、

「理由」+「キーワード」+「文末(~だから)」

の形になっています。

例えば、

「なぜ笑っているのか。」の問いに対して、

「塾長に褒められて、嬉しくなったから。」

『笑っている』理由が『嬉しくなった』←キーワード

『悲しくなった』のは、『塾長に褒められた』ため。

(『塾長に褒められた』がキーワードの理由になっている)

字数制限がない場合もあるので、理由もキーワードも

両方いる場合が多いのです。

まずは、キーワードを見つけて、

その次に、その理由を見つけるようにすると

答えやすくなりますよ。

 

着地とは、答えの末尾あたりの表現のことです。

「なぜか」は理由を問われている訳ですから、

「~だから。」で締めることは皆さんも知っていると思います。

「~ため。」は目的を表現するときですね。

心情の問いでは、着地が心情を示すものである必要があります。

例えば、「~気持ち(である)。」「~な態度。」「~さびしさを感じている。」

などです。

 

国語編は以上です。

次回は数学編になります(^O^)/

朝日高校合格への道(3)入試傾向と対策について~国語編・文法~

「朝日高校合格への道」第3回です。

今日は、国語のポイント2つ目の文法について話します。

 

「他者の言葉(=言いたい考えや思い)を

ことばのきまりに即して捉える。」

 

文法といっても、動詞の活用を覚えるといったことではありません。

日本語を理解する上で必要な文法を、しっかりと使いこなせるか、

ということです。

そして、それが読解力につながるのです。

読解力というと、もともと身に備わったもので、伸ばすことができないと

思っていませんか?

国語のルールに沿って、読み解けば、読めるようになるので、

頑張って下さい。

 

◆国語の論説文中には、筆者の言いたいこと(意見・主張・中心文)

や、解説(例時や言い換えや説明)や、理由があります。

それぞれを見分ける練習をしましょう。

具体的には、傍線を引くなどして、それぞれに分ける練習をします。

見分けるポイントなどは、先生に聞くなどしましょう。

 

◆「そのために」、「~は」、「~も」、係り受け、指示語、

つなぎの言葉(特に逆接)に注意しましょう。

サンライズでは、これらの言葉にはチェックを入れるように

指導しています。

ここでは全てを説明しませんが、

例えば、逆接の前と後ではどちらが筆者の言いたいことか。

例:A君の意見も良いと思ったが、B君の意見が良いと思う。

これは、「A君の意見が良い」ということよりも、

「B君の意見が良い」ということの方が言いたいことになりますね。

このように、カギとなる言葉を見つけることで、

文を正確にとらえることに繋がるのです。

本文だけでなく、選択肢の読み取りでも同じことが言えます。

 

◆本文の中に出てくる熟語などの同義語、対立語を知らないと

解けない場合があります。

前回紹介した、語彙力強化の問題集を利用したり、

本文中に出てくる言葉の同義語・対義語を調べてみましょう。

類語事典や対義語(反対語)事典があると調べやすいでしょう。

 

◆各段落の、全体構成上での意味をつかみましょう。

先ほど、筆者の言いたいこと=中心文に傍線を引くと述べましたが、

各段落ごとの中心文と各段落の冒頭のことばに着目して、

段落相互の関係を考えましょう。

一字下げて書いてある文のまとまりが形式段落であるのに対し、

意味の上で繋がりのある段落のまとまりが意味段落です。

(①)-(②③④)-(⑤⑥)

というように分けてみてください。

そして、それぞれ何について述べているのか、

これが分かるようになると、国語の読解力があると言えます。

国語の授業でもこのようなことはされていると思います。

しっかりと授業を聞いて下さいね。

 

◆段落相互の関係がつかめるようになったら、

次は、文章全体の要旨をとらえる練習です。

初めは、全体を120字程度でまとめ、

次に60字程度でまとめてみましょう。

国語の問題に使われている題材でも構いませんし、

新聞のコラム欄を使用しても構いません。

(かなり難しいと思いますが・・・)

 

国語が苦手な人は、

取りあえず、新聞のコラム欄を書き写すことから

始めましょう。

やってやって、やりまくってください。

数か月後には、その意味が分かってくるはずです。

その後に、要約をするのが効果的です。

朝日高校合格への道(2)入試傾向と対策について~国語編・ことば~

「朝日高校合格への道」第2回です。

前回は、3つの対策ポイントがあると言いました。

今日は1つ目の「ことば」について対策方法を説明します。

 

 

「言葉は世界を認識する仕方であり、道具である。」

◆語彙を増やしましょう。

あなたは、言葉の違いを説明できますか?

例えば、

「甘い」と「美味しい」、

「楽しい」と「充実感がある」、

「普通」と「一般」、・・・

説明ができない人は、語彙力強化のための参考書・問題集から始めましょう。

お勧めはコチラ

○高校受験必須現代文・難語1500―語彙力増強ドリル

(アーバン出版局)

○中学生のための 語彙力アップ 厳選1000語(すばる舎)

 

◆漢字の訓読み、送り仮名の付け方、篇の意味を知りましょう。

「漢字を覚えましょう」ではありません。

漢字を記号の暗記と考えず、漢字の意味を理解して下さい。

音読みは知っているけれど、訓読みは知らないと言う人は、

意外といますよ。

訓読みと漢字の意味とはリンクしています。

訓読みを覚えると、漢字の意味が出やすくなるのです。

意味を覚える際に、篇の意味も考えて下さい。

例えば、「氵(さんずい)」がつく漢字は、水に関係がありますよね。

漢字を個々に覚えるのは大変ですが、

それぞれの漢字の意味から、繋がりを知り、

関連付けて理解することで、効率が良くなります。

 

◆辞書がひけるように。

普段何気なく使っている言葉の意味は、正しく使えていますか?

間違った意味で使っているのに、それに気付かず、

選択肢を誤ってしまう子が多いです。

普段から、辞書をひく習慣をつけましょう。

 

国文法で、動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の活用を

学習しますが、辞書には終止形で出ています。

他の活用も合わせて調べるように。

 

漢字は、入試では必ず、「楷書で書きなさい。」と指定されています。

それでも楷書で書かない人がいるそうです。

例えば、糸篇を4画で書く人ですね。

続けて書くということです。

これは減点の対象となります。

画数は、見た目では分からない場合があります。

よく確認をして下さい。

 

◆きちんとした字を書く。

字が読めないほど雑に書く人がいます。

特に

「ゆ」と「れ」、

「い」と「ひ」、

「ツ」と「シ」

「ン」と「ソ」

などは明瞭に書けるようにしましょう。

相手に読めなければ、

それだけで減点されるのですからね。

私立高校合格状況

今年度の私立高校合格状況です。

就実高校ハイグレードクラス合格!

就実高校アドバンスクラス合格!

明誠学院特別進学コースⅢ類合格!

明誠学院特別進学コースⅡ類合格!

明誠学院特別進学コースⅠ類合格!

岡山高校難関大コース合格!

ノートルダム清心女子高校文理コース選抜クラス合格!

ノートルダム清心女子高校文理コース進学クラス合格!

朝日高校の過去問に取り組む時期

学校説明会が終わり、

受験生であれば、そろそろお尻に火がついてきた頃でしょう。

受験対策として、まず思いつくのが過去問をやることだと思います。

「過去問しかやることが思いつかない」

という人もいるかも。

 

そうなると、今から朝日高校の入試問題が解けるかどうか、

試しにやってみたくなりますよね。

もう既に何年分もやっている人もいるかもしれません。

 

朝日高校の過去問をやる時期は、早くても2カ月前、

つまり年が明けてからでも十分です。

サンライズは、もっと入試ギリギリでやっていますが。

 

早くやったからといって、学力が上がるわけでもありません。

過去問は出題傾向はつかめますが、

学力を上げる教材にはならないのです。

 

傾向を掴むなら、過去問を解かずとも、

先生に聞いた方が早いです。

岡山朝日高校合格者保護者様の声(9)

吉備中央町立加賀中学校卒業 岡山朝日高校合格 Aさんの保護者様より

 

娘はサンライズ入塾前は○会と○○式をしておりましたが、移住した町は中山間地で上位校を目指す子自体が少なく、学習面だけでなく「自分以上に頑張り上を目指す仲間」を知って欲しいと思っておりました。

色々調べる中で、塾長のご指導に対する熱意の光るサンライズに決めましたが、こちらを選んで正解だったと感じております。

本当に有難う御座いました。

娘の得意と不得意を確りと見極めて下さり、乱高下した際にも次へのアドバイスを下さるので、心折れる事無く、最後には合格する事が出来たのだと思っています。

2年間の受験勉強の中で、演習量をこなし反復する有効性が身に付いたのも、彼女にとって財産となっております。

高等部でも引き続き御世話になりますが、何卒御指導宜しく御願い申し上げます。

岡山朝日高校合格者の声(7)

岡山市立京山中学校卒業 岡山朝日高校合格 Hさんより

 

私がサンライズに入塾したのは3年生の夏期講習からですね!

初めてお会いして、母と共に塾長のお話を聞いて、私は

「この塾に入りたい!この塾長なら信じてついていける!!」

と感じました。(上から目線ですみません(^_^;))

今振り返ってみて、私の直感は当たっていたと思います。

正直、それまでの学校での成績は悪くはなかったので、入試まであと半年であってもあまり勉強していませんでした。

でも、この塾に入って、自分はまだまだであることに気づき、心を入れ替えかんばりました!

身近にライバルがいたこと、自分の実力が点数・席順で示されたこと、そして塾長から弱点をビシバシ指摘され、ハッパをかけられたことが、私が半年間頑張るエネルギーとなっていました。

席順1位(注:塾内1位のこと)になって、2学期の中間テストで自己ベスト更新して、県模試で2位になって・・・。

この塾に入った事で、私は成長できたと思います。

受験の2週間前にインフルエンザになって、とても焦ったし、不安になったけど、(入試)当日は、1日10時間以上勉強して、えげつない量の問題を解いてきたことを思い出し、自信に変えて臨みました。

私が今、合格通知を手にできているのは、サンライズのお陰です!

塾長、本当にありがとうございました!!

3年後、良いご報告ができるよう、これからも頑張っていこうと思っています☺

岡山朝日高校合格者の保護者様の声(6)

岡山市立京山中学校卒業 岡山朝日高校合格 Hさんのお母様

 

中学2年の2学期末に入塾しました。

中1の冬、大手進学塾を止めて約1年、自学で学習を進めていたものの、思うように成績が上がらず苦しんでいた本人が、自分でサンライズを見つけ、「この塾に入りたい」と言ってきました。

塾が楽しいと言って通う我が子は、塾長に「自学の間、よく成績を落とさず一人で頑張ってきた」と言って頂いた言葉を自信に繋げ、学習に取り組みました。

その言葉こそ、苦しんでいた本人の光だったのだと思っています。

解らない事を解らないと言える、“解らないことは恥ずかしい事じゃないんだ”という意識の改革があり、励まし合える塾仲間と共に、受験を迎えられ、塾長のご指導に感謝しています。

高校生になっても、「塾はサンライズが良い」と中3の冬休みに言い、早々に申込しました。

解らない事があったら、塾長に聞けば大丈夫という安心感を持って学習を進めていくことと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

岡山朝日高校合格者の声(5)

岡山市立京山中学校卒業 岡山朝日高校合格 Hさん

 

私は、中学2年生の冬に入塾しました。

最初に参加した冬期講習会では、演習量の多さに戸惑い、勉強のペースに自分もついていくことができるか少し不安に思っていました。

そんな中、3年生になり、私は6月の模試で今までにないくらい、とても悪い成績をとってしまいました。

しかし、塾長は、落ち込んでいた私を温かく励まして下さっただけでなく、具体的に今の自分にどのような部分が足りていないのか、どの科目のどの分野を伸ばせばよいのか、ということを的確にアドバイスして下さりました。

模試が返ってくる度に行われる塾長との面談は、私にとってとても貴重なものであり、自分を見直し、次に繋げるという大変良い機会でした。

また、塾長の授業は、大変魅力的なもので、中学内容だけでなく、更にレベルアップした内容まで踏み込んである、とても内容の濃いものでありました。

私は数学が苦手でしたが、今、高校部で勉強をしていて、「あっ!この定理は前に習っていたものだ!」と発見することが多々あります。

このことから言えることは、“サンライズの授業は高校入試のためだけのものではない”ということです。

次のステップにまで通用するだけの知識と力を培うことができると言えます。

あと、私が入塾当初から思っていたことなのですが、塾長の机の後方の棚には、本棚一杯に子どもの教育のための本が置いてありました。

“どのようにして子どもを伸ばせばよいか”

確かそのような本ばかりだったと思います。

これらを見たとき、私は「ああ、こんなに私たちのために熱心にご指導してくださっているんだ」と感じるばかりでした。

そして、「私はこんな塾長のもとで学べて良かった」心からそう思いました。

これからも私は、次の大学受験に向けてサンライズで頑張っていきます。