「読書」タグアーカイブ

読書チャレンジ(2)

こんにちは!

小学校低学年担当の小川です。

先日の話の続きです。

 

1年生になったKちゃんは、

「読書チャレンジ」に参加しなければなりませんが、

絵本とは少し違う漫画は読みなれず、すぐにギブアップ・・・。

講師のどんな声かけにも知らん顔・・・。

1年生までは、このような状況が続き、

保護者もKちゃんに読書を促すことは諦めかけていました。

 

そこで、2年生になった4月に半年がかりの計画を立ててみました。

【1ヶ月目】

図書館へ行き、大好きな絵本を

30分間のみ読ませる時間を作り、

10冊借りて帰る。

→ 岡山市立図書館は何冊でも借りられますが、

30分間のみ、10冊のみと制限をつけることで、

いわゆる腹八分目の状態になり、

また行きたいと思ってくれるようになったそうです。

 

【2ヶ月目】

10冊借りる絵本の中に、1冊だけ、

こちらが読んでほしい本を借りてもらう。

→ この1冊は、2年生の国語の教科書の後ろに掲載されている

「おすすめ図書」です。

あらかじめ、Kちゃんとお母さんで確認してもらいました。

この中には絵本もありますので、

まだKちゃんが読んでいる本は絵本だけでした。

 

【4ヶ月目】

「おすすめ図書」の中の少し長い文章の本も挑戦する。

→ この頃になると、図書館は1時間ほど滞在、

借りる本も20冊(1週間で返却)になっていました。

厚い本の中にも挿絵があり、

文字もそんなに小さくないということを知ると、

Kちゃんは自ら手に取るようになったそうです。

 

【6ヶ月目】

教科書に載っていない「おすすめ図書」を探すようになる。

→ 今までの夏休みの読書感想文の指定図書や

推薦図書なども選ぶようになりました。

 

そして・・・

なんと、Kちゃんは、読書感想文を書き、

「佳作」をとれるまでになりました。

これは、Kちゃんにとって大きな自信になりますよね。

ここまでくると、もうお母さんが何も言わなくても、

Kちゃんのバッグにはいつも本が入るようになりました。

 

そうそう、一つ大事なことを書き忘れていました。

ここまで、Kちゃんが読んでいる本は絵本を含め全て、

お母さんにも読んでもらっています。

一緒にお話を共有することは、

お母さんが大好きなKちゃんにとって、とても嬉しいことですし、

今でもコミュニケーションの一つになっているそうですよ。

私は、このお母さんの協力が、

Kちゃんを「読書好き」に変えた大きな要因だと感じています。

読書チャレンジ(1)

小学校1年~3年クラス担当の小川です。

これから少しずつですが、

小学校低学年クラスの様子や、

勉強に関することを話題にしていこうと思います。

皆さんよろしくお願いします。

 

さて、皆さんは、お子さんにどのようにして

読書への興味を持たせていますか?

 

◆時間割の中に「図書」の時間があり、図書室へ行き本を借りて読む。

◆「読書タイム」という時間が設けられ、その間は静かに本を読ませる。

◆学級文庫は、休み時間はいつでも読んでもよい。

そのような取り組みをしている小学校は多いと思います。

 

学校で借りてきた本・・・。

きちんと読んだのか確認したことはありますか?

借りっぱなしでそのまま返却されてはいないですか?

 

サンライズでは、「読書チャレンジ」と題して、

多くの本と関われる環境を作っています。

 

どんな大人になりたいのか、

どうして今努力しないといけないのか、

などを考えてもらうために、

漫画の伝記がいつでも借りられるよう

低学年の教室においています。

 

漫画なので子どもたちは興味津々。

授業の前後やお迎えを待つ間などの空いている時間は

多くの子どもたちが本を読んでいます。

 

分からない言葉は辞書も手にしながら読む子もいます。

「これ読んだ?」

「この本に出てくる○○ってね・・・」

「△△ってどうやって作るか知ってる?」

などの子ども同士の会話や、

知ったことを講師に自慢げに話してくれる子も増えてきました。

 

もともと、読書好きだったんじゃないの?と思われるかもしれません。

 

小学校1年生のKちゃんは、読書なんて興味なし!

絵本は読むけど長い文章の本は嫌い。

本の厚さが5mm以上の本は借りてこない。

図書室で借りた本は、学校に置きっぱなしで

そのまま一週間後に返却・・・。

 

そんなKちゃんが2年生になり、

今では、学校の図書室だけでは飽き足らず、

毎週土・日は図書館に通い、

月に100冊以上の本を読むまでになっています。

もちろん本の厚さなんて気にしません。

さて、Kちゃんはどんな一年を過ごしたのでしょうか?

次回に続きます。

読書で知識の土台作り

勉強は砂山と同じ。

 

より高く、より大きな砂山を作るには、

土台を大きくしなければならない。

 

したがって、あなたが、

より高い目標を達成するためには、

より大きな土台を築かなければならない。

 

土台は知識・知恵で築かれる。

 

読書は知識の源。

成功者の共通点は、読書家であること。

 

今からでも遅くはない。

本を読んで読んで読み倒そう!

読書

小学校1年生の男の子が、

お迎えを待っている間に本を読んでいます。

漫画の日本の歴史を読む子

学校で借りてきた物語本

読むジャンルは様々です。

 

 

良いと思う本は、漫画であってもOK。

とにかく色々な本に出会わせること。

本を通じて、様々な世界を見せてあげることで、

子どもの頭の中にある「器」はドンドン広がります。

 

そういえば、朝日高校生は、比較的読書量が多いですね。