「社会」タグアーカイブ

小学理科・社会

小学4年生~6年生対象の理社の授業は、

小4~小6合同の一斉授業です。

「え?学年が違うのに同じ授業??」

と思われるかもしれません。

 

中学受験をする子も、しない子も、

基本的には、中学校で習う範囲をカバーするだけの内容を

勉強します。

3年間で一通りやるのではなく、

1年間で一通りの範囲を勉強し、

3年かけて高いレベルにまで仕上げていきます。

 

理科社会の内容は、

小6内容でも小4が理解できる内容が多いです。

国数英のような積み上げていく勉強ではなく、

幅広く学ぶ学問ですから、

学年問わず授業をしても問題ないのです。

 

今日は、理科で地学の「流れる水はたらき」と

「地層」についてやりました。

90分の中で、これらの単元を一気に説明します。

テキストの単元だと4~5単元分くらいでしょうか。

 

先週は、社会の地理分野、近畿地方でした。

調べ学習を中心に進めていますので、

説明せずともある程度は知っています。

 

理科も社会も、小学生にとってはやりやすい科目なので、

中学生以上に知識が増える子も出てきます。

勉強が面白いと思うきっかけは、

理社から生まれることが多いので、

毎回の授業が楽しみですね。

岡山朝日高校合格への道(16)入試傾向と対策について~社会編~

第16回は、岡山県立入試の社会についての傾向と対策です。

入試の特徴について

近年の平均点推移は以下のようになっています。 続きを読む 岡山朝日高校合格への道(16)入試傾向と対策について~社会編~

社会などの暗記科目の覚え方

暗記系の勉強に関しては、苦労している子が多いです。

しかし、勉強において、「暗記」は、初歩中の初歩です。

暗記がうまくできないまま、勉強を進めてはいけません。

きちんと、暗記の仕方を身につけ、

最低限の知識は身につけるように努力しましょう。

 

特に社会は、一問一答形式の問題集が有効な場合が多いです。

1日1単元、量が多いのであれば、

1単元を2~3つに区切ってもよいでしょう。

1日30分~60分、毎日取り組めば、2週間程度で終わります。

ここで、大切なのは、復習の仕方です。

必ず、前日、前々日の問題も全て解いて復習して下さい。

つまり、毎日1~2単元+復習合わせて、60分~80分です。

単元1,2,3・・・を①,②,③,・・・と表すとします。

1日目 ①

2日目 ①,②

3日目 ①,②,③

4日目     ②,③,④

5日目       ③,④,⑤

このように進めると、各単元3回ずつ勉強することになりますね。

「1回勉強した。でも覚えられないから出来ません。」

「だから覚えるのは苦手です。」

という人は、自分の学力を過大評価しています。

(1回で覚えられるほどの学力を備えている人は、

非常に少ないです。あなたは、そうなのでしょうか?)

まずは、やってみること。

毎日、続けること。

やって、できなかった人は、私の知る限り、一人もいません。