「成績」タグアーカイブ

「いくら勉強しても成績が上がらない子」の10パターン

塾に通わせて、

「わずか数カ月で成績がグングン上がる子」

になれば、その塾がお子さんに合っていたということです。

 

判断が難しいのは、

「上がったり、下がったりを繰り返す子」

ですね。

 

塾が合っているのかどうかもわからず、

このまま続けていても果たして大丈夫なのか・・・。

 

大抵の場合は、

やる気になるまで(芽が出るまで)に

時間がかかることが多いのですが、

やり方が間違っているのにも関わらず、

いつまでもそれを続けていたとしたら、

無駄だと思います。

 

 

もっとわかりやすいパターンがあります。

それは、

「長時間大量に演習しても、成績が上がらない子」

(あるいは下がる場合も)です。

 

そこそこ勉強はできる、成績が中あるいは中の上の子に

多いと思います。

 

どうでしょう?

以下の項目に3つ以上該当すれば、

早急に対策を考える必要があります。

 

・「自分はそこそこできる」と思っている。

・問題を解く際に、分からない場合、ずっと考え込んでいる(結果できない)。

・問題を解く際に、分からなければ答えを見て、出来た気になっている。

・名称を覚えることと、理解することの違いがわからない。

・基本的な問題は解けるが、応用問題はサッパリ。

・今も昔も苦手教科は変わらない。

・授業で何を勉強したのか覚えていない。

・学校の宿題に追われている。

・社会や英語は暗記科目だと思っている。

・自己診断テストの前日にテスト勉強をしている。

 

どうでしょう?

かなり多くの人が当てはまるのではないかと思います。

今は成績がいいから大丈夫と思っていても、

上記に当てはまるものがあれば、

いずれ落とし穴にはまる可能性がありますよ。

苦しみ9割喜び1割

タイトルの言葉は、朝日高校の卒業生代表の答辞

の中の言葉です。

朝日高校の学校生活は、

苦しい中にも喜びがあり、

その苦しみが自分を成長させ、

1割の喜びが達成感・充実感を生み出す。

 

サンライズもそうだと思います。

塾に行きさえすれば成績が上がる。

ちょっとやればできるようになる。

それまで大した努力もしたことがないのに、

自分は頑張っていると思っていたら、それ以上の成長はないですね。

サンライズで何年も勉強してきて、毎回毎回課題をきちんとこなし、

受験生でもないのに講習会で何時間も、

多い時は朝から晩まで勉強して・・・。

でもそれが当たり前、周りがみんなやっている。

凄い勉強してるね!と言われることもないくらい

当たり前な環境で勉強していると、

自信というよりプライドが生まれます。

サンライズの学力の根底には、

誰にも負けない勉強量があります。

基本的な問題や、標準的な問題、

時には、応用と言われるけれども、受験生にとっては典型的な問題

は、絶対に解けるようにするための努力です。

 

「◯◯ちゃんは、勉強していないのに成績めっちゃいいんよ」

 

子どもたちからこのような言葉を聞くと、「可愛いな~」と思います。

 

そんなわけないじゃん。

じゃあ、サンライズで朝から晩まで勉強している子に聞いてごらん。

「めっちゃ勉強してる?」って。

 

「してるよ!!」

って言わないでしょ?

恥ずかしいんだよ。

もし成績が良くなかった時に、

「めっちゃ勉強してるのにこの程度??」って思われるのが。

いや、違うか。

周りがしているのが当たり前だからか。

入塾テスト

昨日実施の入塾テストにご参加下さいました皆様には、

感謝申し上げます。

本日、合否のご連絡を差し上げております。

(サンライズの入塾テストは、仮に不合格になっても何度でもチャレンジ可能です。)

期末考査の結果を見て、「このままではヤバい!」とお感じになり、

入塾をご希望の方は、まだ間に合います。

1月5日にも入塾テストを実施致しますので、

お早めにご連絡をお願い致します。

 

ちなみに、今回の入塾テストで、中2が、満席になりました。

来年春の募集では、空席を用意できればと思うのですが、

上の学年になるほど、

特に中学生・高校生は満席になることが多いです。

(そこを何とか・・・とおっしゃられる方もいらっしゃいますが、

申し訳ございません。指導の質を保つためにもご了承ください。)

 

※小学生はまだ空席がございます。

毎年、小学生からの継続組の多くが、

中学校で大幅成績アップし、活躍しております。

特に算脳トレからの継続組は全員、朝日高校合格圏内です。

全国模試の総合成績優秀者に入りました。

全国模試にて、高1のKくんが、

英数国総合21位 になりました。
seiseki

よく見ると、

開成

日比谷

西

横浜翠嵐

県立浦和

県立千葉

筑波大学附属

筑波大学附属駒場

早稲田大学高等学院

慶應義塾女子

等々、トップ校の名前がずらりと並んでいます。

その中での21位は、よく頑張りました。

ちなみに、数学は全国6位でした。

【Q&A】いくら問題を解いても、やり方通りにやっても、点数が上がらない

Q. 中3「国語の問題を解いても、やり方をきちんとしても、点数が上がらないのはどうしてでしょう?」

A. 小・中・高のどの学年でもこのように悩む子は多いです。原因はどこにあるのでしょうか。

それは、

・やり方が間違っている。

ということです。

おそらく、ほとんどの人が、「やり方」=「問題の解き方」

のことを言っているのだと思います。

塾長のいう「やり方」とは、それ以前の、

「基本的な勉強のやり方」です。

 

まずは『勉強の大原則』を確認しましょう。

『勉強の大原則』は、

*分からなかった問題を解けるようにすること。

です。

答え合わせをして終わり!では、絶対に身に付きません。

間違えた問題は、解答や解説を理解した後に、もう一度解き直すこと。

そして、すぐに復習することです。

次の日、3日後、1週間後、2週間後と復習を繰り返すのです。

に、成績が伸び悩んでいる人は、この復習タイミングを守って下さい。

きちんと復習すれば、必ず成績は伸びます。

伸び悩んでいる君!

復習できていないでしょ?

よく、「努力は裏切らない」と言われますが、

中途半端な努力は裏切ることの方が多いです。

 

野口英世の名言にもあります。

「誰よりも三倍、四倍、 五倍勉強する者。

それが天才だ。」

「名門公立高校受験道場」模試結果&7月進研模試結果

8月に参加させて頂いた、以下の模試の結果が届きました。

知的甲子園!全国「名門公立高校受験道場」模試!!プレ開幕!!!

中3の50位以内では、5人が入りました。

433点 名門内26位
423点 名門内33位
401点 名門内45位
396点 名門内47位
394点 名門内48位

この結果では、みんな満足していないはず。

冬に是非リベンジを果たさなければなりません。

(これよりも下げることは、絶対に許さん!!)

目指せベスト10!!
高校生は、7月進研模試の結果が返ってきました。

高1生の一部をご紹介

東大理Ⅰ志望の朝日高生 総合偏差値73.8 校内順位56位(354人中)

岡大医学部志望の朝日高生 総合偏差値72.3 校内順位78位

これらの偏差値だと、大阪大のレベルが狙えます。

まだ高1なので、これからガンガン伸ばしていきます。

受験に奇跡はない

これまで、「自分はできる」と思うことが大事だと言ってきました。

ただ、その、「よい思い込みを大切にする」ことと、

「客観的データを無視する」ということは、同じではありません。

模擬テストの偏差値が40しかないのに、

偏差値60の学校を受けても、やはり、それは合格しません。

「でも、合格可能性は0%ではないでしょ?」と思って、

賭けにチャレンジさせる親がいますが、

受験では、そんな奇跡はまず起きません。

ましてや、そんな子に対して、

「あなたは、大丈夫。絶対に合格する」と言っているのは、

何を根拠にしているのでしょう?

それまで、何もしなかったのにも関らず、

急に直前になって、慌てて励ましても遅いのです。

それでは、単なるウソつきになってしまうだけです。

50メートルを10秒で走る子が、

8秒で走る子と勝負をしたら、勝てるでしょうか?

絶対に勝てません。

受験に奇跡はない。

これが現実です。

多くの子が、だいたい自分の偏差値通りの学校へ合格していきます。

模擬テストのデータは、「過去と今の実力」として大切にし、

未来への計画作りに役立てましょう。

成績がよいから、やる気がある

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

「うちの子は、やる気がなくて、成績が悪いんです・・・。」

「もともと頭の悪い子じゃないから、やる気さえ出れば・・・。」

かわいそうな子どもです。

やる気がない子をかわいそうと言っているのではありません。

じゃあなぜかわいそうなのか?

それは、やる気がないと嘆いているような親では、

成績は上がらないと思うからです。

子どもに少しでもやる気があれば、成績は上がりますか?

確かに、やる気がどんどん湧き出てくれば、

成績は上がるかもしれません。

けれども、現実的には無理なのです。

そういう考えでは、やる気なんて出ません!

「子どもにやる気がなくて、成績が悪い」

と悩んでいる方に是非知っておいていただきたいのは、

「やる気」を引き出せないのは親の責任だということ。

いつも「やる気を出せ」と言っている方。

それこそが問題なのです。

考えてみてください。

もしも、あなたが仕事で上司に「もっとやる気を出せ!」

と怒鳴られたとしましょう。

そんなことでやる気って出ますか?

出ないですよね。

出るわけがありません。

「やる気を出せ」と言われたら、「やる気はある」と内心思うはずです。

子どもも同じです。

「こんな上司じゃあ、ついていけないや」と思うように、

「この親じゃあ、ついていけないや」なのです。

そもそも、やる気って自然に湧き出てくるものではないでしょう。

では、どんなときに「やる気」って湧いてきますか?

例えば、仕事で「やる気」が出るときってどんなときですか?

ちょっと、仕事がうまくいったとき!

そうですよね。

たまたまでもうまくいったときだけは、

「よ~し、もっと頑張るぞ!」って思いますよね。

実は、子どもも同じなのです。

つまり、「ちょっと、うまくいった」という状況を作り出すことができれば、

子どもの「やる気」を湧き出させることができるということなのです。

「やる気がないから、成績が悪い」という考え方は、

変えないといけません。

成績が悪いから、やる気がないのです。

極端な話、成績が上がれば、やる気は出ます。

やる気が出れば、もっと成績が上がります。

では、最後に問題。

「あの子は、やる気があるから、成績がいいのか?」

答えは・・・、違いますね。

正解は、あの子は、成績がいいから、やる気もあるのです。

サンライズでは、まず、成績を上げることを最優先します。

「わかった!」

「点数が上がった!」

という状況をたくさん作ります。

だから、みんな、やる気があるのです。

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

サンライズに込められた意味

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

サンライズと聞くと、「朝日高校だからでしょ!」

と思われる方もいらっしゃると思います。

でも、それだけではありません。

サンライズ(日の出)のように、

社会のリーダーとして自ら輝ける人間になって欲しいという意味と、

算(サン)数が上がる(ライズ)という意味、

そして当塾で学んだ子どもたちが「日の出の勢い」で

成績が上がるようにとの意味を込めております。

今の塾生たちは、太陽のように輝いており、

成績も日の出の如く上昇中です。

サンライズの塾生を見ていると、自信をもって言えます。

明るい未来を強く望むのであれば、すぐにご相談下さい。

あなたは、太陽のように必ず輝き出します。

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村