「家庭での勉強法」タグアーカイブ

「立ち入らない境界」を作らせない

社会や英語は暗記科目だと言う人がいます。

確かに、社会は小学校や中学校では、

ほとんどが知識の羅列といえます。

理科も、生物・地学はほとんどが、

化学も多くは「名称を覚える」学習になっています。

例外的に物理だけが、

理論を教えているように見えます。

そのためか、物理が不得意な子が多いです。

朝日高校といえども、その平均点は、

まるで全くやる気のない子がテストを受けたかのような結果です。

おそらく、物理を勉強している子には

「覚えることがないから、勉強の仕方がわからない」状態なのでしょう。

 

 

「とにかく覚えなさい。理解はその後でいいから」というシステムは、

昔から続いています。

例えば九九。

九九のお陰で、計算が早くなり、

算数ができると感じるようになった人は多いでしょう。

(いや、そもそも何も感じないかも・・・)

 

 

 

しかし、九九が出来ることが、

かえって数字を取り扱う頭脳には

マイナスになるのではないでしょうか?

頭の中で、数字の操作をイメージできる感覚を養うことが

算数では、最も大切なことです。

九九は、数字の処理方法を「音」で記憶させてしまうので、

この算数の大事な感覚を遠ざけることになります。

 

 

知識を覚えることは、別に悪いことではありません。

沢山の知識を覚えていれば、人に自慢できるだろうし、

親も子どもが名称を沢山覚えていたら褒めてやりたくなるでしょう。

 

 

それでも、これからは今まで以上に

大きな問題になってくると感じています。

名称を覚えることで満足し、

それ以上を理解しようとする気持ちを

無くしてしまう傾向があるからです。

言葉を覚えることで、無意識のうちに

「立ち入らない境界」を作ってしまう。

名称を知っていることと、それを理解している事とは同義ではない、

という認識を常に持つ必要があるのです。

子どもの成績を見てイライラしない最善の方法

お母さんは、お子さんの成績を見て、

ため息が出ることはありませんか?

「こんな問題が解けなかったの?」

「やる気があるの?」

「何度言えば分かるの!勉強しなさい!」

 

お母さんがイライラしてしまう原因として、

親が子に対して暗に求めている「学力のハードル」があります。

そのハードルを超えないと、親は不満に感じます。

・ ○○高校に行って欲しい。そのためには、成績が足らない。

・ 学年で10番以内に入って欲しいが、本人にはその気がない。

・ せめて○点は取って欲しいが、そこまでに達していない。

 

もちろん、そのハードルが非常に高くても、子どもの学力が高ければ、

お互いストレスを感じることは余りありません。

偏差値55程度の子に対して、偏差値65のハードルを課すのは

酷な事です。

平均点はあるけれど、基本はまだ十分身についていない訳ですから、

トップレベルの成績を目指すには時間がかかります。

 

そんな時は、思考を修正すると良いです。

・偏差値が55だったから、2カ月後に58を目指すようにさせよう。

⇒58なら、あと10点足らないな。

⇒10点取るには、この問題とこの問題を解ければ大丈夫だな。

⇒そのためには、これとこれを頑張るようにアドバイスしよう。

 

ハードルを下げて、具体的な勉強をアドバイスする。

これができるかどうかで、その後の成績が変わってきます。

是非、試してみてください。

 

 

 

朝日高校に合格するための動機付け

どんなに頭が良くても、

どんなに真面目でも、

結局は、勉強に対して、

意志をもって取り組んでいる者には敵わない。

 

良い成績が出ないのは、勉強しないから。

勉強しても成績が上がらないのはやり方が悪いから。

でも、結局は、本人のやる気次第でしょ?

 

と、思っている人に尋ねたい。

じゃあ、そのやる気が出るのをずっと待ちますか?

尊敬できる大人に出会えるのも、

将来の夢が持てるようになるのも、

行きたい高校や大学が見つかるのも、

全てのきっかけは、周りの大人が与えられるのではないか。

 

子どもの学びたいと思う気持ちを育てることが、

一番大切なことだと思うのです。

 

知的好奇心をくすぐるきっかけを何か与えていますか?

スロータイプ

学校の宿題や塾の宿題などで、

人それぞれ、同じ課題量でもかかる時間が異なります。

早い子もいれば、時間がかかる子もいます。

同じ課題量であれば、できるだけ早い時間で終わられせられれば、

それに越したことはありません。

理想ですね。

勉強でつまずいている子は、比較的時間がかかります。

分からない問題が多ければ、なかなかスッと解けないのですから、

当然ですね。

 

しかし、中には、成績は非常に良いのに時間がかかる子もいるのです。

他の子が10分でできる課題が30分かかるとか。

なかなか課題が進まないので、苦労は大きいです。

しかし、こういうケースを、前述の「勉強でつまずいている子」が

時間がかかっているケースと同様にとらえてはいけません。

「遅いから、よくない」と考えてはいけないということです。

実際、そういう子に早く解くように働きかけたことはありますが、

結果的に早くなることはありませんでした。

 

「うちの子は宿題に時間がかかり過ぎる。

どうすれば早く終わらせられるようになるか?」

と悩む前に、次のように考えてみてはどうでしょう。

 

一般的に、学習が定着するには、復習が必要です。

概ね3回程度は復習しないと定着しないでしょう。

例えば、ある課題が10分で終わったとします。

でも、それだけでは理解は十分できないので、

2回目、3回目と復習します。ここまでで30分。

中にはもっともっと繰り返さないと定着しない場合もあるでしょう。

(復習のタイミングによるのですが)

 

しかし、中には、1回で理解できる子もいます。

復習した気配はないのに、テストではできている。

そういう子は、1回の時間が長い場合が多いです。

 

1回の時間が長くても、復習も含めて長い目で考えれば、

むしろその方が良いとは思いませんか。

(実際は、見ていてイライラすることもあるかもしれませんが)

 

つまり、何回も繰り返してようやく理解する子もいる中、

じっくりと取り組んで、1回で理解する子もいるということです。

 

我が子をよく見て、もしそういうタイプだと思ったら、

勉強スタイルの見直しも考えられると思います。

子どもが賢くならない親のNG行動トップ10

 

 

「子供が賢くならない親のNG行動 TOP10

 

10位 自分ができなかった目標を背負わせる

親が行けなかった学校を受験させるなど、親のリベンジになったら教育は最悪。子供は目標が自分の事から他人事に変わるため、頑張らなきゃいけない時に頑張ることが出来なくなる。

塾長一言:○○に行きたかったけど、行けなかった。だから、あなたには言って欲しい」などと言うのがNGということ。他にも、行かせたい学校を無理やり勧めるのもNG。子どもがうんざりして、やる気をなくすることも。

9位 父親が母親を責める

「お前がダメだから、子供がダメなんだ」という父から母へのプレッシャーは、母から子供へのプレッシャーに直結する。その結果、点数を取るだけの勉強になってしまい、長続きしない。

塾長一言:ドラマの中でしか聞いたことはありませんが、当然、子どもにいい影響は与えないでしょうね。

8位 子供以上に落ち込む

合格発表の時にお母さんが泣いてしまうのは最悪。試験の結果が悪かったり、受験に失敗した際、子供本人が落ち込むならいいが、お母さんが必要以上に落ち込むと、その反動で中学に入って勉強しなくなる。頑張ってきたことは、無駄にならないと子供にきちんと伝えることが大事。

塾長一言:最後の1行は同感です。受験は、まさに「頑張った事はムダにならない」ということを実感できる良い機会だと思います。それが例え不合格でも、です。学力的にも、人間的にも大きく成長できるかどうかは、子ども自身がどれだけ取り組んだかだけでなく、それと同じ位、親や指導者がきちんと受験について話をしたかに寄るところも大きいです。

7位 単語の会話を許す

「別に」「ふつう」「超面白かった」など、一言で答える子供は良くない。ボキャブラリーや語彙を増やしてあげることが家庭に一番求めること。自分の気持ちを自分の言葉で話せない子供は、実際に学力も伸びない。

塾長一言:その通り。国語力がない子が増えていますが、語彙の少ないことが一つの要因になっています。それは、会話にも表れています。『語彙を増やしてあげること』の例として、「どんな風に面白かった?」などと具体的に話をさせるように誘導してあげると良いでしょう。

6位 習い事をやめさせる

焦る親ほど、クラブ活動や習い事をやめさせたがるが、やめさせた方が合格率は下がる。子供は好きな事をやめると集中力が低下するので、両立させた方が勉強も頑張り結果が出る。

塾長一言:勉強が忙しくなり、勉強を一番に考え(志望校に合格したいから)、部活動を辞める子もいます。あるいは、部活動をしているが、勉強に差し障りない程度にセーブする子もいます。合格率が下がる傾向があるのかもしれませんが、ケースバイケースのようにも感じます。そもそも『両立』するのかどうか、という点でできない子も多いと思うからです。両立とは、勉強もきちんとするが、部活動や習い事もガッツリできていて、お互いに悪影響を及ぼさない状況のことをいうのではないでしょうか。私はそう思います。

5位 「宿題やったの?」と確認する

気になるのはわかるが、言ったらアウト。「今やろうと思ったのに」「やってるよ」など、反発以外の何も生みださない。やっていない前提で聞くのではなく、「出来た宿題見せて?」と、やったことを前提に聞くと良い。

塾長一言:挨拶のようになっている方も少なくないかもしれません。宿題ができていないと思うから、つい子どもに言ってしまうんですよね。できる子の家庭は、心配がいらないので、言う必要もない。当然だと思います。子どもも返答するのが面倒になり、やっていないのに「やった」と返事する子も。習慣化しないように、お母さんのストレスにならないように、少し言い方を変えるのも一つの方法だと思います。

4位 ご褒美でやる気を出させる

目の前のニンジン作戦は、とりあえずの結果は得られるが、完全に失敗する。褒美がないとやらなくなる。褒美を獲得することが目的・ゴールになるので、自ら学ばなくなる。

塾長一言:褒めるということを、言葉でなく形に表したものが「御褒美」で、子どもにとっては分かりやすいと思うのですが、それよりも「褒められることが御褒美」と思ってもらえることの方が良いですよね。小さい頃はそれでもアリだと思いますが、褒めることも忘れずに。「言葉」に感動を感じるようになれば、そのうち、モノよりも言葉に強く反応するようになります。

3位 人前で「うちの子はダメ」という

三者面談などで、親は謙遜して言ったつもりでも、「子供は親に、日頃の努力を認められていない」と感じてしまう。母親に誉めてもらうことで子供のモチベーションは上がる。

塾長一言:これはよく言われることですね。それでも、お母さんたちの会話の中では思わず出てしまうこともあるかもしれません。「勉強は塾に任せているし、子どもも自分でやっているみたい(塾で長時間やっているなど)。」と、暗に子どもの努力を認め、客観的な事実を述べる程度であれば、いわゆる「自慢話」にはならないのかなと。

2位 子供の過去を責める

「あの時、あの時」と過去のことをほじくり返しても意味がない。それをいつまでも身近な親に言われる…子供にとってこれほどの苦痛はない。失敗を糧に「こうしたら、こうなるんじゃないの?」と、未来から逆算した言葉かけをした方が子供は伸びる。

塾長一言:反省はするべきですが、過度に失敗を責めるのはよくない、ということです。できなかったことをできるようにするためには、何をするべきか、という具体的戦略をアドバイスすることは絶対に必要だと思います。

1位 結果だけ評価する

「結果だけ評価される子は、良い子でいなければと思うようになる。良い点数を取り続けなければいけないという心的プレッシャーと長く戦わなければいけない。弱い子はカンニングをするようになることも。努力、過程を「よくやったね」と褒めてあげると、次も頑張ろうという気持ちになる。

塾長一言:これも当たり前のことですね。結果ばかり評価しても子どもは伸びません。努力・過程が良かったから結果が良かったのだと褒める。反対に叱る場合でも、努力・過程のどの点が悪かったから結果が悪かったと伝えると良いと思います。

 

この中のいくつかは、昔のブログ記事でもお話したことがありますね。

これを見てから、「あ!うちにも当てはまる。だからダメなんだ。もう賢くならないな・・・」ではなく、「これからは、少し気をつけてみよう」と意識を変えていくことが大切だと思います。

また、全てこの通りに実行できないと思います。(親のモチベーションも考えて。)あくまで“傾向”ですから、この通り完璧にしようと思わないこと。少しずつ、時に「あ、そういえば、こういう場面ではこうするんだったな」と思いだせるだけでも違います。反省する度に、少しずつ実行、ですね。小さな努力は、目には見えませんが、少しずつ、お子様の心に響いていくものですよ。

 

※参照元

http://irorio.jp/natsukirio/20150305/211074/

【Q&A】勉強の際に周りの雑音が気になり、勉強に集中できない

Q.小4 「勉強するときに周りに物音があると集中して勉強ができません。どうしたらよいでしょう?」

A.集中しやすい環境作りについては、これまでも紹介してきました。

どうしても集中できない時、周りの騒音で勉強できない時の対処法

については、まずは、実際に勉強に取り掛かることです。

単調なトレーニング形式のものがよいでしょう。

作業興奮により、次第に集中力が起きてきます。

また、周りの雑音が気になって学習出来ないと言う人がいますが、

人には聞きとる限界の音量(閾値)を次第に調節する能力があります。

逆に、完全に音のない状態になると、

心理的緊張感が過度に高まって集中力が落ちます。

雑音対策としてBGMを流す場合には、

かすかに聞き取れる程度の音量でクラシックや森の音などの

自然音を流すとよいでしょう。

いずれにしても、過度に音を意識することや

好きな音楽を聴きながら学習することは避けてください。

なお、耳栓の使用は勧めません。

とにかく、集中できないと感じたら、

「取りあえず、勉強しよう!」

と自分に言い聞かせて、始めましょう。

社会などの暗記科目の覚え方

暗記系の勉強に関しては、苦労している子が多いです。

しかし、勉強において、「暗記」は、初歩中の初歩です。

暗記がうまくできないまま、勉強を進めてはいけません。

きちんと、暗記の仕方を身につけ、

最低限の知識は身につけるように努力しましょう。

 

特に社会は、一問一答形式の問題集が有効な場合が多いです。

1日1単元、量が多いのであれば、

1単元を2~3つに区切ってもよいでしょう。

1日30分~60分、毎日取り組めば、2週間程度で終わります。

ここで、大切なのは、復習の仕方です。

必ず、前日、前々日の問題も全て解いて復習して下さい。

つまり、毎日1~2単元+復習合わせて、60分~80分です。

単元1,2,3・・・を①,②,③,・・・と表すとします。

1日目 ①

2日目 ①,②

3日目 ①,②,③

4日目     ②,③,④

5日目       ③,④,⑤

このように進めると、各単元3回ずつ勉強することになりますね。

「1回勉強した。でも覚えられないから出来ません。」

「だから覚えるのは苦手です。」

という人は、自分の学力を過大評価しています。

(1回で覚えられるほどの学力を備えている人は、

非常に少ないです。あなたは、そうなのでしょうか?)

まずは、やってみること。

毎日、続けること。

やって、できなかった人は、私の知る限り、一人もいません。

【Q&A】英単語・漢字・語彙等の覚え方について

昨日の質問と似ていますが、英単語や漢字などで、

なかなか覚えられずに困っている子は多いようです。

そこで、今日は「覚える」ことについて、お話しましょう。

 

覚えるときに、ノートに写しながら覚えようとする人がいます。

なかなか単語を覚えられない人は、

単語を見ながら書いて覚えようとする癖があります。

見ながら書いても、単に書き写しただけで頭には入ってきません。

他の科目でも同じことがいえますが、数秒でもいいので確実に覚えて、

それを声に出すことで出力します。

こうした超短期記憶と記憶の出力を繰り返していると、

記憶力が高まっていきます。

 

もう少し具体的にやり方を説明しましょう。

まず、いきなり写し始めるのはやめましょう。

何回か読んで、大まかに記憶してから、確認するために書きましょう。

そして、思い出せないところは赤ペンで書き加えましょう。

丁寧に書くのはこの1回だけです。

後は雑紙などに書き出せば十分です。

よく10回も20回も書き出す人がいますが、

そんなに書かないでください。

その場で最大3回、復習で5回までで覚えるようにしましょう。

その場で一度覚えるのに4回以上かかったものは、

必要な水準まで理解できていない可能性が高いです。

例えば、英単語でそれだけやってもスペルが分からない、

意味が分からない単語は、次のいずれかが当てはまります。

① 正しい発音を覚えていない。

② 単語の日本語訳の意味が分かっていない。

③ ただ書き写しているだけ。

④ もっと基本的な単語を覚えていない。

他の暗記モノでも同じです。

全く理解できないことは記憶することも難しいのです。

 

英単語の覚え方については、次のようにやるとよいでしょう。

①単語と意味を読んで、意味と発音を覚えます。

発音は、CDなどで確認しましょう。

複数の意味がある時は、まずは1つの意味だけ覚え、完全に覚えた後で、他の意味や派生語・対義語を確認しましょう。

②そのまま見ないで紙に英単語だけを書き出します。

書けなかったなら、もう一度単語のスペルと意味と発音を確認して、再挑戦しましょう。

③新しいページに進む前に、見開きの単語のスペルと意味と発音を確認しましょう。

④とにかく、何度も自分でテストをしてみましょう。しつこく繰り返すことがポイントです。

1か月程度で中学英語全体を復習できますので、今日から早速やってみましょう!!

【Q&A】漢字の書き順や部首が覚えられない

小4からの質問

Q.「漢字の書き順や部首が覚えられません。どうやったら、覚えやすくなりますか?」

A.書き順を練習していると、

規則性があることに気づきませんでしたか?

筆順は、「筆順指導の手びき」に従っています。

例えば、

・筆順の大原則1「上から下へ」

・筆順の大原則2「左から右へ」

・原則1「横画が先」

・原則2「横画が後」

などです。(詳しくは「筆順指導の手びき」を参照)

漢字を書きながら、ルールを確認していくと、

そのルールを覚えることができ、

書き順を克服することができるでしょう。

部首は、その意味や成り立ちを知ることから始めましょう。

例えば、「池」「海」「波」などにつく、「さんずい」は、

水に関係がある漢字についています。

漢字を覚えるのもそうですが、

部首の意味から学ぶと、苦手意識は少なくなります。

漫画などの楽しそうな本から学ぶのも一つの手ですね。

基礎処理能力

受験勉強に必要不可欠な能力とは何でしょう?

大学受験に向けて勉強をしていても、

時間がかかる、あるいは時間をかけた割に理解ができていないのは、

基礎処理能力の不足にあります。

具体的には、

・分からないところがあって、解説を読むが、

書いてあることの意味がよくわからない。

・計算が遅い。

小中学校の間は、

問題や計算が解けるかどうかだけでなく、

「その問題をどれだけの時間で解けるか」

ということにも注意を払う必要があります。

「簡単な問題は、やらなくてもよい」は、

高校生になってからすればよいのです。