タグ別アーカイブ: 勉強法

子どもが勉強できる環境づくり

勉強しているつもりでも、意外と点数に繋がらない勉強になっている子もいます。

詰めが甘かったり・・・

はるかにやる量が少なかったり・・・

そもそも問題を解くだけで終わっていたり・・・

勉強の「当たり前」が「当たり前」でないこともあるのです。

え?あり得ないでしょ!?ということを実際にやっていて、

“頑張ったのにできない”と思っている子もいるのでは?

実際の例として挙げますが、皆さんはできていますか?

・問題を解いた後に答え合わせをしない。

・間違えた問題は答えを写すだけ(なぜ間違えたのか検証しない)

・間違えた問題がはたして出来るようになったのか、確かめない。

まずこれだけでもできているかどうかで、

実力を測ることができます。

成績が上がる子は、トコトンやります。

人には、それぞれ「コンフォートゾーン」=心理的に快適な場所

があります。

「60~70点」をコンフォートゾーンとしている子は、それ以上の点数は取れません。

そんな子は30点を取ると「ヤバい!」と感じます。

コンフォートゾーンから外れるからですね。

また、「60~70点」がコンフォートゾーンの子が、80点を目標にしようと思うと、これもコンフォートゾーンから外れるわけです。

ですから、「今までの勉強法」「今までの勉強量」では達成できません。

コンフォートゾーンを打ち破るしかないのです。

つまり、やり方を変えたり、量を増やしてみるということですね。

例えば、やり方を変えるなら、

「ワークを全部やった」⇒「終わり」から

「ワークを全部やった」⇒「念のためにテスト」⇒「間違いを直す」

という流れに変える、などですね。

周りの環境を変えることも大切です。

周りの子が勉強し出すと、本人も勉強し始めるものです。

※サンライズの「復習特訓」は子どものコンフォートゾーンを変えるために実施しています。

能力があるのに成績が伸びない例として、

・成績の振るわない子に囲まれている。

・時間があればスマホをいじったりして、勉強に集中できない。結局は成績が伸びなくて、志望校変更

などですね。

少しでも変えたい!と思うなら、

まずは自分自身を勉強する環境に置くことが大切です。

成績が上がる子・成績が上がらない子

あくまで経験則ですが、

成績が上がる生徒と上がらない生徒の特長を挙げてみます。

 

◆成績が上がる生徒

・目標が明確になっている。

どうしても行きたい学校がある子は、苦労を惜しまず勉強します。時間が足らないと思ったら、時間を作ってやっていますね。

・志望校合格がゴールではないということを理解している。

模試の志望校判定などで、合格の可能性が高いとか、学校の成績でそこそこ良いと思っている子は、「合格」が最終目標なので、ある程度可能性があると思ったら、それ以上の努力をしようとはしません。

・今の自分の状況に満足していない。

自己肯定感がないということではありません。周りからみて成績が良いという子でも、その子にとっては、色々な課題・反省点があるものです。「これでいい」と思ってしまえば、それ以上やる気にはなりません。

・楽しそうに勉強している。

周りから見ても、「あの子は調子が良さそう」というのがわかるものです。楽しそうなのか、つらそうなのかは、表情を見ていればわかります。

・周りのことはあまり気にならない。

集中していれば、周りは気になりません。逆に集中できない子は、周りが気になって仕方ないです。

・勉強だけしているわけではない。

ずっと勉強している子よりも、何かに打ち込んでいる子の方が成績が上がることが多いです。

 

それに対して・・・

◆成績が上がらない生徒

・受験校が決まっていない。

・トレードオフの関係を持ち出して言い訳をする。

・無駄な時間をかけている。

・「自信がない」が口癖

・友だちに足を引っ張られている。

・・・まあ、挙げればキリがないですね。当然だと思います。

定期考査重視の勉強からの脱却

5年ほど前の高校入試と比べて、

現在の入試は随分変わってきました。

以前と比べて難化傾向にあります。

 

難化とはどういうことか?

まず、学習内容が増加し、学習範囲が広がりました。

それによって、十分な対策が取れない子が増えてきたのです。

また、一問一答式の問題が減り、記述問題が増加しました。

昔は、受験前にちょっと勉強したら何とかなったのかもしれませんが、

今はそれなりに対策をしていかないと、合格できなくなってきています。

 

ところで、もう少し先のことに目を向けますと、

大学入試も変化をしています。

現在は、まだセンター試験が続いており、

センター試験の結果で、概ね合否が決まります。

しかし、大学によっては、二次試験を重視するところもあり、

また、2020年にはセンター試験が廃止され、

新たな入試制度に変われば尚更、

大学独自のものさしで測ることになります。

そうなれば、大学によって受験科目が異なるため、

偏差値基準では測れないということになります。

AO入試も減少傾向にあり、高校の内申点は関係がなくなります

高校生にとって、3年間で、大学合格に焦点を当てて、

勉強できるかどうかがカギとなるのです。

 

話を中学生に戻します。

中学校では、内申点が入試に関わります。

定期考査の得点に加え、日常の授業態度・提出物・・・

彼らにとって、これらを無視することはできません。

 

子どもは、定期考査の得点が内申点に大きく関わるかどうかで、

次のような反応をします。

中学生

「定期考査を頑張らないと、内申点が悪くなるから、点数を取らないと・・・」

高校生

「内申点は、入試に関係がないから、気にしなくてもよい」

このように、勉強に対する考え方がブレるのです。

ましてや、「内申点が悪いから、内申点が関係ない朝日高校を受験しよう」などと考えるのは論外!(関係あります)

真面目な子の多くは、中学校と同じく、高校も定期考査重視の勉強を続けます。

果たして、その勉強で大学受験に繋がるのでしょうか?

 

塾は、小・中・高と続けることができるので、

大学受験に向けて勉強することができます。

 

一方、予備校は、高卒生を対象とし、大学受験の指導が中心です。

 

それに対して、学校(高校)は、高校生としての教養を与える場です。

定期考査のためだけの勉強は、大学受験にはつながりません。

 

大学受験に合格するためには、

高校生の意識付けが大切になってきます。

① 定期考査に流されない!

② 高校3年間は大学受験の下準備!

③ 定期考査の結果よりも、模試や実力テストを重視!

④ 部活との両立とは、勉強を犠牲にすることではない!

 

これらの意識改革ができていないとどうなるか?

「高校に入学したけれど・・・こんなはずじゃなかった!」となるのです。

高校で「落ちこぼれ」にならないようにするためには、

・定期考査の勉強で、教科書丸暗記は禁止!

・定期考査のためだけの勉強をさせない。

(一夜漬け・テスト週間のみ勉強など)

・・・というような勉強に対する意識改革が、

中学段階から、必要なのです。

サンライズでは、中学生に対して、

定期考査重視の考え方=定期脳

からの脱却をさせ、高校、大学入試に繋がる勉強を

指導しています。

刺激

子どもというのは、同じ難易度のものを繰り返し続けていると、

やがて飽きてしまう生き物です。

解ける問題をひたすら解くのは、やり方が分かっているので、

同じ方法を当てはめて答えを出すだけの

単なる“作業”になってしまいます。

これは面白くありません。

 

本日、中間考査の勉強をしていたUくん。

数学の問題に飽きたのか、ぼんやりする時間が増えてきました。

さっそく塾長に呼び出されます。

塾長「U,お前全く集中できていないな。」

U「いや、ちゃんとやります。」

塾長「言われてからじゃ遅い!塾長の目の前で勉強しろ」

しぶしぶ塾長の前でやるU。

塾長「U、その問題は易し過ぎないか?解ける問題をいつまでも解くんじゃない。もっと刺激のある問題を解きなさい。」

U「じゃあ・・・。このレベル位を・・・。」

塾長「いやいや、もうちょっと高く・・・。」

成長を促すためには、ちょっと背伸びをすれば届くような難易度のものを与えることが必要です。

教材選定は、簡単にできるものではありません。

経験を積む必要があります。

適切なタイミングで、適切な教材を与えることができれば、

子どもはドンドン刺激を受けて、伸びていきます。

朝日高校の過去問に取り組む時期

学校説明会が終わり、

受験生であれば、そろそろお尻に火がついてきた頃でしょう。

受験対策として、まず思いつくのが過去問をやることだと思います。

「過去問しかやることが思いつかない」

という人もいるかも。

 

そうなると、今から朝日高校の入試問題が解けるかどうか、

試しにやってみたくなりますよね。

もう既に何年分もやっている人もいるかもしれません。

 

朝日高校の過去問をやる時期は、早くても2カ月前、

つまり年が明けてからでも十分です。

サンライズは、もっと入試ギリギリでやっていますが。

 

早くやったからといって、学力が上がるわけでもありません。

過去問は出題傾向はつかめますが、

学力を上げる教材にはならないのです。

 

傾向を掴むなら、過去問を解かずとも、

先生に聞いた方が早いです。

H28年度春期募集【高校部・難関大学受験コース】新高1~新高3

岡山朝日高校4年連続全員合格

東大・京大・医学部を目指す高校部

塾生の半数以上が新年度春からスタートしています。

東大・京大をはじめとした旧帝大・国公立医学部合格への道

28年度の新規入塾生受付中!!

春期無料体験授業実施中です。

ご不明な点や、体験授業、入塾試験、入塾に関することなど、お気軽にお問い合わせください。


28年度 募集枠一覧

コース名          学年    募集枠
算脳トレJr.       年中・年長  7名
算脳トレ&論理トレ     小1    2名
算脳トレ&論理トレ     小2     2名
算脳トレ&論理トレ     小3    2名
岡大附属中受験コース   小4     2名
岡大附属中受験コース   小5     2名
岡大附属中受験コース   小6    2名
朝日高校受験コース    中1    8名
朝日高校受験コース    中2     3名
朝日高校受験コース    中3     4名(朝日高校志望者のみ)
難関大学受験コース    高1    5名(中3からの継続者を含む)
難関大学受験コース    高2     1名(朝日高校生のみ)
難関大学受験コース    高3     1名(朝日高校生のみ)


【高校部】入塾選抜試験実施予定

【難関大学受験コース】

対象:新高1~新高3

面談日程:

H28年2月1日(月)~3月18日(金)

【実施内容】

◆ 面談は随時受け付けております。必ずお子様ご本人と保護者様ご一緒にお越しください。面談の他、入塾試験を行います。教室見学も可能です。ご相談等も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

※ 対象となる方は、次のいずれかに当てはまる方です。

東京大学、京都大学、他旧帝大、国公立医学部、早慶、国公立大学を目指している方

・朝日高校に通っている方

 

【入塾試験】

日程・時間:H28年2月27日(土)10時~

科目:数学・英語・国語

◆ 合否結果は、「3日以内」にご連絡します。

 

なぜ今の勉強の仕方では伸びないのか、どうすれば難関大学に合格できるのか、現在のお悩みをお伺いしながら、具体的なご提案を致します。

面談のご予約は こちらをクリック


面談、体験授業は、お気軽にご参加下さい。毎年、以下のような広範囲からのお問い合わせがございます。保護者の皆様には感謝申し上げます。

【お問い合わせ地域】
1.岡山市北区
(京山中学区) 伊島町、伊福町、伊島北町、津島西坂、津島本町、津島中、津島笹ヶ瀬、津島福居、津島南、津島桑の木町、津島新野、津島京町、京山、いずみ町、奉還町、津倉町、万成西町、谷万成、清心町、絵図町、万成東町、三門東町。
(香和中学区) 津高、横井上、津高台、栢谷、横井、吉宗、
(中央中学区) 番町、弓之町、国体町、桑田町、柳町、石関町、表町、下石井、京橋町、南方、岩田町、
(中山中学区) 西辛川、首部、楢津、今岡、尾上、一宮、芳賀、
(岡北中学区) 津島東、学南町、北方
(桑田中学区) 鹿田本町、新屋敷町
(石井中学区) 高柳西町、高柳東町
(吉備中学区) 平野
(高松中学区) 高松田中、門前
(御南中学区) 中仙道、田中、今保
2.岡山市中区
(操山中学区) 国富、さい、さい東町、門田本町、小橋町、浜、原尾島
(富山中学区) 福泊
(竜操中学区) 関、高屋
(東山中学区) 新京橋
3.岡山市東区
(旭東中学区) 広谷
4.岡山市南区
(興除中学区) 東畦
(芳田中学区) 米倉、泉田
5.倉敷市
東町、中庄、有城、上富井、庄新、玉島八島
6.その他
和気郡和気町、加賀郡吉備中央町、玉野市宇野、真庭市(落合、山田)、赤磐市(立川、東軽部)、瀬戸内市邑久町、総社市宿、兵庫県姫路市、愛媛県松山市

※ 上記は、必ずしも地元の公立校に通っているとは限りません。岡大附属小・中やノートルダム清心小、朝日塾小他私立小通学者を含んでいます。

スロータイプ

学校の宿題や塾の宿題などで、

人それぞれ、同じ課題量でもかかる時間が異なります。

早い子もいれば、時間がかかる子もいます。

同じ課題量であれば、できるだけ早い時間で終わられせられれば、

それに越したことはありません。

理想ですね。

勉強でつまずいている子は、比較的時間がかかります。

分からない問題が多ければ、なかなかスッと解けないのですから、

当然ですね。

 

しかし、中には、成績は非常に良いのに時間がかかる子もいるのです。

他の子が10分でできる課題が30分かかるとか。

なかなか課題が進まないので、苦労は大きいです。

しかし、こういうケースを、前述の「勉強でつまずいている子」が

時間がかかっているケースと同様にとらえてはいけません。

「遅いから、よくない」と考えてはいけないということです。

実際、そういう子に早く解くように働きかけたことはありますが、

結果的に早くなることはありませんでした。

 

「うちの子は宿題に時間がかかり過ぎる。

どうすれば早く終わらせられるようになるか?」

と悩む前に、次のように考えてみてはどうでしょう。

 

一般的に、学習が定着するには、復習が必要です。

概ね3回程度は復習しないと定着しないでしょう。

例えば、ある課題が10分で終わったとします。

でも、それだけでは理解は十分できないので、

2回目、3回目と復習します。ここまでで30分。

中にはもっともっと繰り返さないと定着しない場合もあるでしょう。

(復習のタイミングによるのですが)

 

しかし、中には、1回で理解できる子もいます。

復習した気配はないのに、テストではできている。

そういう子は、1回の時間が長い場合が多いです。

 

1回の時間が長くても、復習も含めて長い目で考えれば、

むしろその方が良いとは思いませんか。

(実際は、見ていてイライラすることもあるかもしれませんが)

 

つまり、何回も繰り返してようやく理解する子もいる中、

じっくりと取り組んで、1回で理解する子もいるということです。

 

我が子をよく見て、もしそういうタイプだと思ったら、

勉強スタイルの見直しも考えられると思います。

教室見学会

先日の日曜日、全国から総勢40名近くの塾長さんが、

サンライズに集まり、教室を見学されました。

自塾にはない、色々な気付きがあったようで、

見て頂いた甲斐がありました。

次の日に、授業を見学された塾長さんからは、

「サンライズの生徒は礼儀正しい」

とお褒めの言葉も頂きました。

ついでに、授業も(笑)

私もこれまで色々な塾を訪問しましたが、

いずれの塾さんも素晴らしく、自塾にはない新しい発見がありました。

そういった塾の良い所を、自塾に生かせないか、真似できないか、

やってみるところから始め、そのうち自塾のオリジナルになって、

成長していった点は、正に勉強でも同じだと思うのです。

 

勉強のできる人の真似をする。

⇒真似が少しずつ習慣化する。

⇒自分の勉強法が変わり、成績が伸びる。

 

まずは、正しい勉強法を真似るところからやってみることが大事です。

復習

春期講習会は、明日で最後です。

一応、一通りの教科の学習はしますが、

一番時間をかけているのが、国語です。

国語を伸ばすには、短期間でやるのが最も効果的です。

実際、高校生のほとんどが、国語に最も時間をかけています。

たった1週間ほどで、苦手だった国語が飛躍的にアップしました。

 

 

 

他にも、苦手教科の復習をするわけですが、

国語に限らず、問題を1回解いただけで終わりとするのは、

非常に危険です。

特に、小学生や中学生は、一度やったことを

もう一度やるのを嫌がる傾向にありますが、

1度やっただけで、理解できるのでしょうか?

高校生でも3回は、やっていますよ。

「一度やっただけでは、心配だな」

「100%理解できたと思えるまでやろう」

という意識で取り組み、

復習することに対しての抵抗感をなくせば、

理解度が深まり、

結果的に効率の良い勉強になるのではないでしょうか。

合格点を取るために何が必要か

指導の軸にしていることがあります。

それは、

「この子が合格点を取るために何が必要か」

ということです。

これを思考の軸に据え、戦略・戦術を立てていきます。

もちろん、生徒自身も同様に考える必要があるので、

情報は常に共有します。

定期的に面談を行い、「何が必要か」を伝えます。

そして、そのための具体的な戦略・戦術をアドバイスします。

例えば、

・負担の大きな科目は毎日学習する。

・負担の軽い科目は短期間で点数を上げる。

・難易度の高い内容になると伸びにくくなるため、他の科目とのバランスを調整する。

・模試の判定で入試の結果が決まるのではない。本番で合格点を取ることが目標。

など。

自分がどの位置にいるのか、入試の問題レベルはどのようなものかを知ることで、目標が具体化します。

これがきちんと指導できるかどうかは、非常に大切な事です。