タグ別アーカイブ: 勉強法

朝日高校合格への道(4)入試傾向と対策について~国語編・表現~

「朝日高校合格への道」第4回です。

国語の3つのポイントの3つ目、

最後は表現についてです。

 

「捉えた枠をはずれないようにして、自分の考えを表現する。」

表現とは、

選択問題ではなく、いわゆる記述問題の書き方についてです。

 

◆出題される問いは、

「どういうことか」

「なぜか」

の2つが中心です。

問われることは限られているので、

問いに対する答え方をまずは身につけましょう。

 

◆答え方では、書き出しと着地とに気を配ること。

特に「なぜか」の答え方の書き出しは大切です。

多くの生徒は、文末の形は知っているだけで、

肝心の理由が書かれていないことが多いです。

答え方は、通常、

「理由」+「キーワード」+「文末(~だから)」

の形になっています。

例えば、

「なぜ笑っているのか。」の問いに対して、

「塾長に褒められて、嬉しくなったから。」

『笑っている』理由が『嬉しくなった』←キーワード

『悲しくなった』のは、『塾長に褒められた』ため。

(『塾長に褒められた』がキーワードの理由になっている)

字数制限がない場合もあるので、理由もキーワードも

両方いる場合が多いのです。

まずは、キーワードを見つけて、

その次に、その理由を見つけるようにすると

答えやすくなりますよ。

 

着地とは、答えの末尾あたりの表現のことです。

「なぜか」は理由を問われている訳ですから、

「~だから。」で締めることは皆さんも知っていると思います。

「~ため。」は目的を表現するときですね。

心情の問いでは、着地が心情を示すものである必要があります。

例えば、「~気持ち(である)。」「~な態度。」「~さびしさを感じている。」

などです。

 

国語編は以上です。

次回は数学編になります(^O^)/

朝日高校合格への道(3)入試傾向と対策について~国語編・文法~

「朝日高校合格への道」第3回です。

今日は、国語のポイント2つ目の文法について話します。

 

「他者の言葉(=言いたい考えや思い)を

ことばのきまりに即して捉える。」

 

文法といっても、動詞の活用を覚えるといったことではありません。

日本語を理解する上で必要な文法を、しっかりと使いこなせるか、

ということです。

そして、それが読解力につながるのです。

読解力というと、もともと身に備わったもので、伸ばすことができないと

思っていませんか?

国語のルールに沿って、読み解けば、読めるようになるので、

頑張って下さい。

 

◆国語の論説文中には、筆者の言いたいこと(意見・主張・中心文)

や、解説(例時や言い換えや説明)や、理由があります。

それぞれを見分ける練習をしましょう。

具体的には、傍線を引くなどして、それぞれに分ける練習をします。

見分けるポイントなどは、先生に聞くなどしましょう。

 

◆「そのために」、「~は」、「~も」、係り受け、指示語、

つなぎの言葉(特に逆接)に注意しましょう。

サンライズでは、これらの言葉にはチェックを入れるように

指導しています。

ここでは全てを説明しませんが、

例えば、逆接の前と後ではどちらが筆者の言いたいことか。

例:A君の意見も良いと思ったが、B君の意見が良いと思う。

これは、「A君の意見が良い」ということよりも、

「B君の意見が良い」ということの方が言いたいことになりますね。

このように、カギとなる言葉を見つけることで、

文を正確にとらえることに繋がるのです。

本文だけでなく、選択肢の読み取りでも同じことが言えます。

 

◆本文の中に出てくる熟語などの同義語、対立語を知らないと

解けない場合があります。

前回紹介した、語彙力強化の問題集を利用したり、

本文中に出てくる言葉の同義語・対義語を調べてみましょう。

類語事典や対義語(反対語)事典があると調べやすいでしょう。

 

◆各段落の、全体構成上での意味をつかみましょう。

先ほど、筆者の言いたいこと=中心文に傍線を引くと述べましたが、

各段落ごとの中心文と各段落の冒頭のことばに着目して、

段落相互の関係を考えましょう。

一字下げて書いてある文のまとまりが形式段落であるのに対し、

意味の上で繋がりのある段落のまとまりが意味段落です。

(①)-(②③④)-(⑤⑥)

というように分けてみてください。

そして、それぞれ何について述べているのか、

これが分かるようになると、国語の読解力があると言えます。

国語の授業でもこのようなことはされていると思います。

しっかりと授業を聞いて下さいね。

 

◆段落相互の関係がつかめるようになったら、

次は、文章全体の要旨をとらえる練習です。

初めは、全体を120字程度でまとめ、

次に60字程度でまとめてみましょう。

国語の問題に使われている題材でも構いませんし、

新聞のコラム欄を使用しても構いません。

(かなり難しいと思いますが・・・)

 

国語が苦手な人は、

取りあえず、新聞のコラム欄を書き写すことから

始めましょう。

やってやって、やりまくってください。

数か月後には、その意味が分かってくるはずです。

その後に、要約をするのが効果的です。

朝日高校合格への道(2)入試傾向と対策について~国語編・ことば~

「朝日高校合格への道」第2回です。

前回は、3つの対策ポイントがあると言いました。

今日は1つ目の「ことば」について対策方法を説明します。

 

 

「言葉は世界を認識する仕方であり、道具である。」

◆語彙を増やしましょう。

あなたは、言葉の違いを説明できますか?

例えば、

「甘い」と「美味しい」、

「楽しい」と「充実感がある」、

「普通」と「一般」、・・・

説明ができない人は、語彙力強化のための参考書・問題集から始めましょう。

お勧めはコチラ

○高校受験必須現代文・難語1500―語彙力増強ドリル

(アーバン出版局)

○中学生のための 語彙力アップ 厳選1000語(すばる舎)

 

◆漢字の訓読み、送り仮名の付け方、篇の意味を知りましょう。

「漢字を覚えましょう」ではありません。

漢字を記号の暗記と考えず、漢字の意味を理解して下さい。

音読みは知っているけれど、訓読みは知らないと言う人は、

意外といますよ。

訓読みと漢字の意味とはリンクしています。

訓読みを覚えると、漢字の意味が出やすくなるのです。

意味を覚える際に、篇の意味も考えて下さい。

例えば、「氵(さんずい)」がつく漢字は、水に関係がありますよね。

漢字を個々に覚えるのは大変ですが、

それぞれの漢字の意味から、繋がりを知り、

関連付けて理解することで、効率が良くなります。

 

◆辞書がひけるように。

普段何気なく使っている言葉の意味は、正しく使えていますか?

間違った意味で使っているのに、それに気付かず、

選択肢を誤ってしまう子が多いです。

普段から、辞書をひく習慣をつけましょう。

 

国文法で、動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の活用を

学習しますが、辞書には終止形で出ています。

他の活用も合わせて調べるように。

 

漢字は、入試では必ず、「楷書で書きなさい。」と指定されています。

それでも楷書で書かない人がいるそうです。

例えば、糸篇を4画で書く人ですね。

続けて書くということです。

これは減点の対象となります。

画数は、見た目では分からない場合があります。

よく確認をして下さい。

 

◆きちんとした字を書く。

字が読めないほど雑に書く人がいます。

特に

「ゆ」と「れ」、

「い」と「ひ」、

「ツ」と「シ」

「ン」と「ソ」

などは明瞭に書けるようにしましょう。

相手に読めなければ、

それだけで減点されるのですからね。

朝日高校合格への道(1)入試傾向と対策について~国語編・ねらいと3つのポイント~

朝日高校は国語・数学・英語が独自問題です。

まずは、それぞれの科目の傾向と対策について、述べていきます。

第1回は、国語。

国語のねらいは、

思考力想像力を働かせて国語を正確に理解し、

的確に表現する力をみるために、

国語の基礎的・基本的事項を中心として幅広く出題』

ということです。

 

全体的に、記述問題が多く、字数制限があるものから、ないものまで、

受験生にとっては難しいように思いますが、

・正確に読み取れているか。

・基礎的な力を十分に持っているか。

この2点が中心です。

 

では、どのような対策をすれば、合格点が狙えるのか、

3つのポイントに分けました。

 

① ことば

② 文法

③ 表現

 

それぞれ、具体的にどのような対策をするかは次回で説明します。

「いくら勉強しても成績が上がらない子」の10パターン

塾に通わせて、

「わずか数カ月で成績がグングン上がる子」

になれば、その塾がお子さんに合っていたということです。

 

判断が難しいのは、

「上がったり、下がったりを繰り返す子」

ですね。

 

塾が合っているのかどうかもわからず、

このまま続けていても果たして大丈夫なのか・・・。

 

大抵の場合は、

やる気になるまで(芽が出るまで)に

時間がかかることが多いのですが、

やり方が間違っているのにも関わらず、

いつまでもそれを続けていたとしたら、

無駄だと思います。

 

 

もっとわかりやすいパターンがあります。

それは、

「長時間大量に演習しても、成績が上がらない子」

(あるいは下がる場合も)です。

 

そこそこ勉強はできる、成績が中あるいは中の上の子に

多いと思います。

 

どうでしょう?

以下の項目に3つ以上該当すれば、

早急に対策を考える必要があります。

 

・「自分はそこそこできる」と思っている。

・問題を解く際に、分からない場合、ずっと考え込んでいる(結果できない)。

・問題を解く際に、分からなければ答えを見て、出来た気になっている。

・名称を覚えることと、理解することの違いがわからない。

・基本的な問題は解けるが、応用問題はサッパリ。

・今も昔も苦手教科は変わらない。

・授業で何を勉強したのか覚えていない。

・学校の宿題に追われている。

・社会や英語は暗記科目だと思っている。

・自己診断テストの前日にテスト勉強をしている。

 

どうでしょう?

かなり多くの人が当てはまるのではないかと思います。

今は成績がいいから大丈夫と思っていても、

上記に当てはまるものがあれば、

いずれ落とし穴にはまる可能性がありますよ。

子どもの成績を見てイライラしない最善の方法

お母さんは、お子さんの成績を見て、

ため息が出ることはありませんか?

「こんな問題が解けなかったの?」

「やる気があるの?」

「何度言えば分かるの!勉強しなさい!」

 

お母さんがイライラしてしまう原因として、

親が子に対して暗に求めている「学力のハードル」があります。

そのハードルを超えないと、親は不満に感じます。

・ ○○高校に行って欲しい。そのためには、成績が足らない。

・ 学年で10番以内に入って欲しいが、本人にはその気がない。

・ せめて○点は取って欲しいが、そこまでに達していない。

 

もちろん、そのハードルが非常に高くても、子どもの学力が高ければ、

お互いストレスを感じることは余りありません。

偏差値55程度の子に対して、偏差値65のハードルを課すのは

酷な事です。

平均点はあるけれど、基本はまだ十分身についていない訳ですから、

トップレベルの成績を目指すには時間がかかります。

 

そんな時は、思考を修正すると良いです。

・偏差値が55だったから、2カ月後に58を目指すようにさせよう。

⇒58なら、あと10点足らないな。

⇒10点取るには、この問題とこの問題を解ければ大丈夫だな。

⇒そのためには、これとこれを頑張るようにアドバイスしよう。

 

ハードルを下げて、具体的な勉強をアドバイスする。

これができるかどうかで、その後の成績が変わってきます。

是非、試してみてください。

 

 

 

問題の解き方一つで成績の伸び方が変わる

成績が伸びている子と成績が伸びない(下がる)子の差は、

問題の解き方を見ていると違いが表れています。

そもそも、宿題をしない子は、その分演習量が少ないので、

わからなくなっていくのは当然です。

ここでは、勉強をしている=問題を解いているにも関わらず、

伸びない子の特徴を述べたいと思います。

一般的には、

①問題を解く⇒②答え合わせをする

の流れですね。

小学校高学年くらいになれば、答え合わせまで

自分でできる子もいるでしょう。

実は、多くの子は、この答え合わせがきちんとできないために、

なかなか学力が伸びないです。

きちんとできない例をいくつか挙げます。

 

1.答えが間違っていたら、赤で答えを写す“だけ”

入塾したばかりの子に多く見られるのが、このやり方です。

答えを赤で書いて、そのままにしてしまっているんですね。

「じゃあ、なんでこの答えになるの?」を聞くと、

大抵は、答えられません。

できる子は、間違えた問題は、もう一度自力で解いてみるか、

分からなければ質問したり、解説を読むことによって、理解をし、

もう一度解きます。

「決して答えを見ながら写す」ということはしません。

 

2.答えが間違っているのに、○をする。

きちんと勉強しているのにテストで結果が出ない子は、

間違ったことを覚えている可能性があります。

英語のスペル、漢字のミスなど、自分では合っていると思い、

○をしてしまうのです。

自分の答えが間違っているかも・・・と疑いながら、

答え合わせを慎重に行う必要があります。

まだ答え合わせに慣れていない子によく起こる現象です。

 

3.一度解くだけで、間違えた問題を復習しない。

間違えた問題が、その時は理解できたとしても、

しばらく経つと忘れていることだってあります。

間違えた問題ができるようになることで、成績が伸びるのですから、

解けるようになるまで、きちんと復習をしましょう。

 

4.宿題を出すことが目的になり、問題をいい加減に解く。

宿題をしなくてはいけない、と思っている子は、

なかなか伸びないでしょう。

宿題の目的がよく分かっていない、もしくは納得していないからです。

ですから、つじつまを合わせるために、

さもやっているかのように見せて、

問題を飛ばしていたり、答えを写しているだけだったりするのです。

もちろん、これでは成績が伸びることはありません。

 

5.調べたり、人に聞いたりして解けた問題が、自分で出来た気になっている。

初めて勉強する内容は、誰しも分からないことがあります。

分からなかったら、調べたり、質問して解決しますよね。

その問題も、問題にチェックを入れて、後で復習をすると良いでしょう。

 

効率良く勉強するためには、

以上のことがきちんとできていることが前提です。

サンライズでは、入塾したての子には、

まず、このような勉強の仕方をみっちりと教え込みます。

それが、成績を伸ばす最短の方法だからです。

子どもが勉強できる環境づくり

勉強しているつもりでも、意外と点数に繋がらない勉強になっている子もいます。

詰めが甘かったり・・・

はるかにやる量が少なかったり・・・

そもそも問題を解くだけで終わっていたり・・・

勉強の「当たり前」が「当たり前」でないこともあるのです。

え?あり得ないでしょ!?ということを実際にやっていて、

“頑張ったのにできない”と思っている子もいるのでは?

実際の例として挙げますが、皆さんはできていますか?

・問題を解いた後に答え合わせをしない。

・間違えた問題は答えを写すだけ(なぜ間違えたのか検証しない)

・間違えた問題がはたして出来るようになったのか、確かめない。

まずこれだけでもできているかどうかで、

実力を測ることができます。

成績が上がる子は、トコトンやります。

人には、それぞれ「コンフォートゾーン」=心理的に快適な場所

があります。

「60~70点」をコンフォートゾーンとしている子は、それ以上の点数は取れません。

そんな子は30点を取ると「ヤバい!」と感じます。

コンフォートゾーンから外れるからですね。

また、「60~70点」がコンフォートゾーンの子が、80点を目標にしようと思うと、これもコンフォートゾーンから外れるわけです。

ですから、「今までの勉強法」「今までの勉強量」では達成できません。

コンフォートゾーンを打ち破るしかないのです。

つまり、やり方を変えたり、量を増やしてみるということですね。

例えば、やり方を変えるなら、

「ワークを全部やった」⇒「終わり」から

「ワークを全部やった」⇒「念のためにテスト」⇒「間違いを直す」

という流れに変える、などですね。

周りの環境を変えることも大切です。

周りの子が勉強し出すと、本人も勉強し始めるものです。

※サンライズの「復習特訓」は子どものコンフォートゾーンを変えるために実施しています。

能力があるのに成績が伸びない例として、

・成績の振るわない子に囲まれている。

・時間があればスマホをいじったりして、勉強に集中できない。結局は成績が伸びなくて、志望校変更

などですね。

少しでも変えたい!と思うなら、

まずは自分自身を勉強する環境に置くことが大切です。

成績が上がる子・成績が上がらない子

あくまで経験則ですが、

成績が上がる生徒と上がらない生徒の特長を挙げてみます。

 

◆成績が上がる生徒

・目標が明確になっている。

どうしても行きたい学校がある子は、苦労を惜しまず勉強します。時間が足らないと思ったら、時間を作ってやっていますね。

・志望校合格がゴールではないということを理解している。

模試の志望校判定などで、合格の可能性が高いとか、学校の成績でそこそこ良いと思っている子は、「合格」が最終目標なので、ある程度可能性があると思ったら、それ以上の努力をしようとはしません。

・今の自分の状況に満足していない。

自己肯定感がないということではありません。周りからみて成績が良いという子でも、その子にとっては、色々な課題・反省点があるものです。「これでいい」と思ってしまえば、それ以上やる気にはなりません。

・楽しそうに勉強している。

周りから見ても、「あの子は調子が良さそう」というのがわかるものです。楽しそうなのか、つらそうなのかは、表情を見ていればわかります。

・周りのことはあまり気にならない。

集中していれば、周りは気になりません。逆に集中できない子は、周りが気になって仕方ないです。

・勉強だけしているわけではない。

ずっと勉強している子よりも、何かに打ち込んでいる子の方が成績が上がることが多いです。

 

それに対して・・・

◆成績が上がらない生徒

・受験校が決まっていない。

・トレードオフの関係を持ち出して言い訳をする。

・無駄な時間をかけている。

・「自信がない」が口癖

・友だちに足を引っ張られている。

・・・まあ、挙げればキリがないですね。当然だと思います。