「勉強」タグアーカイブ

やる気とモチベーション

辞書的に言えば、

やる気は、

「物事をやろうとする気持ちや欲求」であり、

モチベーションは、

「やる気を起こしたり、何かをしようとするための刺激や動機づけ」

である。

 

勉強において、やる気やモチベーションの事がよく話に出てくるが、

はたして、「やる気」とは何だろうか?

「モチベーション」とは何だろうか?

 

色々話を聞いていると、おそらく、

やる気とは、

「自ら勉強をしたいと思うこと」と思われているように思える。

それに倣い、モチベーションとは、

「勉強をしたいと思う気持ちが起こること、あるいは続くこと」

となる。

 

しかし、実際指導していて、大人が思うように、

純粋に「勉強がやりたい」と思う子はいるのだろうか。

自分が子どもの時にそう思っていない人の方が圧倒的に多いはずだ。

 

やる気とは、

「いかなる理由があっても、勉強をしようとする気持ち」に

他ならない。

・明日までにやらないといけないからやる。

・高校に進学したいから(やらなければ受験で合格できないから)やる。

とにかく、やらなければならない理由があるから、

勉強をしようと思うのが、「やる気」なのではないか。

そして、

・やらないと叱られる。

・やらないと恥ずかしい思いをする。

・やらないと夢が叶わない。

など、ネガティブなものではあるが、そういったものが、

「モチベーション」になっている人もいると思う。

もちろん、ずっとそういうことがモチベーションになっていては、

長続きしない。

精神的に成長していく中で、自分の目標が見つかったり、

褒められり、成績がよくなったりがあって、

プラスのモチベーションに変わっていくこともある。

 

昔、こんな話を聞いたことがある。

早稲田大学に合格した女の子が、自分の勉強を振り返って、

「自分が本当にやろうと思って始めたのは高3の時だけだった。

それまでは、親にめちゃくちゃ勉強させられた。

でも、今思えば、それがあったから、合格できたんだと思える。

だから、親に感謝したい。」

 

こういう話をすると、「鞭打ってでも、とにかく勉強をガンガンさせればいい」と偏ったとらえ方をされそうに思うが、それは、違う。

 

まだ精神的に幼いうちに、壮大な目標を掲げて、

自ら勉強をするような子になるのをじっと待っていても、

その時が来ることはないだろう。

 

いつか、自分で「やろう!」と思う時がくる。

それまでは、大人がしっかりとサポートして、

勉強をさせていけばいい。

 

一見、やる気がなさそうに見えても、

実はみんな「やる気」は持っている。

 

実際、塾で、

「やる気がないなら、塾を辞めてもいいし、

無理に勉強しなくてもいい。」

と言って、辞めた子はいない。

大抵、

「いいえ!やります!この塾で勉強したいです。」

と返ってくる。

 

人間誰しも、気持ちがダレてくる時がある。

その時に喝を入れると、目を覚ますことが多い。

「厳しい塾」でなくなった時は、

もう子どもたちの「モチベーション」をあげられなくなった時かなと。

スロータイプ

学校の宿題や塾の宿題などで、

人それぞれ、同じ課題量でもかかる時間が異なります。

早い子もいれば、時間がかかる子もいます。

同じ課題量であれば、できるだけ早い時間で終わられせられれば、

それに越したことはありません。

理想ですね。

勉強でつまずいている子は、比較的時間がかかります。

分からない問題が多ければ、なかなかスッと解けないのですから、

当然ですね。

 

しかし、中には、成績は非常に良いのに時間がかかる子もいるのです。

他の子が10分でできる課題が30分かかるとか。

なかなか課題が進まないので、苦労は大きいです。

しかし、こういうケースを、前述の「勉強でつまずいている子」が

時間がかかっているケースと同様にとらえてはいけません。

「遅いから、よくない」と考えてはいけないということです。

実際、そういう子に早く解くように働きかけたことはありますが、

結果的に早くなることはありませんでした。

 

「うちの子は宿題に時間がかかり過ぎる。

どうすれば早く終わらせられるようになるか?」

と悩む前に、次のように考えてみてはどうでしょう。

 

一般的に、学習が定着するには、復習が必要です。

概ね3回程度は復習しないと定着しないでしょう。

例えば、ある課題が10分で終わったとします。

でも、それだけでは理解は十分できないので、

2回目、3回目と復習します。ここまでで30分。

中にはもっともっと繰り返さないと定着しない場合もあるでしょう。

(復習のタイミングによるのですが)

 

しかし、中には、1回で理解できる子もいます。

復習した気配はないのに、テストではできている。

そういう子は、1回の時間が長い場合が多いです。

 

1回の時間が長くても、復習も含めて長い目で考えれば、

むしろその方が良いとは思いませんか。

(実際は、見ていてイライラすることもあるかもしれませんが)

 

つまり、何回も繰り返してようやく理解する子もいる中、

じっくりと取り組んで、1回で理解する子もいるということです。

 

我が子をよく見て、もしそういうタイプだと思ったら、

勉強スタイルの見直しも考えられると思います。

国語読解力・論理力アップ特訓

この冬から始まる

朝日高校への道

例年、入塾者が2番目に多い時期が、

冬になります。

特に、中学生では、

朝日高校進学を希望しており、

今までは自分の力で何とか頑張ってきたけれど、

現在の成績が400点台前半で、

なかなか450点を突破できない、

そういう子が多いですね。(京山中の場合)

岡大附属中の場合は、50番以内でしょうか。

その他の中学校なら、学校の定期考査で1番どころか

5番以内に入った事がないとか。

うちの塾の最も得意なパターンです(笑)

点数だけを見て、対策をしようとしても、

実は、なかなか成績には反映されません。

特に、400点台の成績の人は。

(多くの場合、ただ、問題を解いて「勉強した」、「復習した」ことで終わっているでしょう。あるいはしていないか・・・。)

なかなかうまくいかないので、その原因を考えますよね。

でも、見つからない。

だから、「勉強の仕方が間違っているんじゃないか」と思うわけです。

ご相談で最も多いです。

一番手っ取り早いのが、「成績優秀者の勉強を真似する」ことです。

塾では、それを教えていると言ってもよいかもしれません。

もちろん、誰しもすぐにその通りできるようになるわけではないのです。

どうしても、必要な能力がありまして、それが「論理力」になります。

論理力は、全ての教科の基礎となります。

・教科書や参考書の理解

・英語の長文読解

などは、論理的な読解力が必要です。

近年の公立中学の入試は、国語力を試す問題が多いです。

中学入試だけではありません。

高校入試も、大学入試もです。

 

今回の冬期講習会では、

その最も重要な「論理力」を身につけるための

国語講座を用意しました。

国語が得意な人も、苦手な人も、

この冬から今までやったことのない勉強を

始めてみましょう!

岡大附属中のテスト対策

日曜日も朝から後期中間考査に向けて自習をしています。

附属中の密度の濃い授業を十分に復習して理解するには、

時間がかかることもあります。

自分でやろうとしても、なかなか進まない人も多いですよね。

塾では、テスト1か月前から準備ができる環境があります。

しっかり活用して欲しいですね。

 

それにしても岡大附属中の授業の質は、素晴らしいですね。

例えば、社会の地理。

中国の経済特区について、教科書では、

「中国では政府が計画的に工業化を進めてきましたが、1980年代からは、より自由な産業活動が認められるようになりました。その結果、工業の分野では、外国の企業を受け入れるために、沿海部に経済特区などの重点的な開発地区が設けられました。(帝国書院より)」

とあります。

これを、附属中の授業では、更に掘り下げて、

「中国の所得」の話から、鄧小平の先富論につなげて、

「だから、経済特区が設けられた」と結んでいます。

いいですね~。

ただの丸暗記で勉強している人には、できない勉強です。

こういう風に知的好奇心をくすぐられるような授業で

教えてもらえる環境にある子どもたちは、学力が頭打ちしにくいです。

社会を例に挙げましたが、素晴らしいのは社会だけではありません。

 

一つ一つの言葉や出来事などに関して、

「なぜだろう?」と思い、納得できるところまでやるのは、

当たり前のことです。

そういう勉強を普段からしている子だから、

「沿海部と沿岸部と臨海部の違いは何ですか?」

という質問ができるんでしょうね。

【Q&A】いくら問題を解いても、やり方通りにやっても、点数が上がらない

Q. 中3「国語の問題を解いても、やり方をきちんとしても、点数が上がらないのはどうしてでしょう?」

A. 小・中・高のどの学年でもこのように悩む子は多いです。原因はどこにあるのでしょうか。

それは、

・やり方が間違っている。

ということです。

おそらく、ほとんどの人が、「やり方」=「問題の解き方」

のことを言っているのだと思います。

塾長のいう「やり方」とは、それ以前の、

「基本的な勉強のやり方」です。

 

まずは『勉強の大原則』を確認しましょう。

『勉強の大原則』は、

*分からなかった問題を解けるようにすること。

です。

答え合わせをして終わり!では、絶対に身に付きません。

間違えた問題は、解答や解説を理解した後に、もう一度解き直すこと。

そして、すぐに復習することです。

次の日、3日後、1週間後、2週間後と復習を繰り返すのです。

に、成績が伸び悩んでいる人は、この復習タイミングを守って下さい。

きちんと復習すれば、必ず成績は伸びます。

伸び悩んでいる君!

復習できていないでしょ?

よく、「努力は裏切らない」と言われますが、

中途半端な努力は裏切ることの方が多いです。

 

野口英世の名言にもあります。

「誰よりも三倍、四倍、 五倍勉強する者。

それが天才だ。」

【Q&A】勉強の際に周りの雑音が気になり、勉強に集中できない

Q.小4 「勉強するときに周りに物音があると集中して勉強ができません。どうしたらよいでしょう?」

A.集中しやすい環境作りについては、これまでも紹介してきました。

どうしても集中できない時、周りの騒音で勉強できない時の対処法

については、まずは、実際に勉強に取り掛かることです。

単調なトレーニング形式のものがよいでしょう。

作業興奮により、次第に集中力が起きてきます。

また、周りの雑音が気になって学習出来ないと言う人がいますが、

人には聞きとる限界の音量(閾値)を次第に調節する能力があります。

逆に、完全に音のない状態になると、

心理的緊張感が過度に高まって集中力が落ちます。

雑音対策としてBGMを流す場合には、

かすかに聞き取れる程度の音量でクラシックや森の音などの

自然音を流すとよいでしょう。

いずれにしても、過度に音を意識することや

好きな音楽を聴きながら学習することは避けてください。

なお、耳栓の使用は勧めません。

とにかく、集中できないと感じたら、

「取りあえず、勉強しよう!」

と自分に言い聞かせて、始めましょう。

基礎処理能力

受験勉強に必要不可欠な能力とは何でしょう?

大学受験に向けて勉強をしていても、

時間がかかる、あるいは時間をかけた割に理解ができていないのは、

基礎処理能力の不足にあります。

具体的には、

・分からないところがあって、解説を読むが、

書いてあることの意味がよくわからない。

・計算が遅い。

小中学校の間は、

問題や計算が解けるかどうかだけでなく、

「その問題をどれだけの時間で解けるか」

ということにも注意を払う必要があります。

「簡単な問題は、やらなくてもよい」は、

高校生になってからすればよいのです。

大学受験に必要な基礎能力

全科目に共通する、大学受験で必要な最も基礎的な力として、

「基礎処理能力」があります。

問題の処理や理解を行うための基盤となる能力です。

高校生になって、勉強が思うようにはかどらなかったり、

ついていけないのは、この基礎処理能力が不足しているためです。

高校の内容を理解し、運用するためには、この能力が不可欠です。

この能力は、小・中学校の勉強で養われるものですが、

朝日高校に合格する力がない場合、何らかの学力が不足していると

考えられます。

小・中学校で、きちんと算数・数学・国語の

基礎基本を身につけることが、高校での勉強につながっているのです。

「朝日高校に合格することは非常に困難だ」

と感じる人は、それだけ基本がきちんと身についていないと言っても

過言ではありません。

トップ校に合格するために必要なのは、応用問題をたくさん解くことではなく、どれだけ基本を理解しているのか、ということなのです。

目の前の勉強が難しいと感じるのであれば、

前に戻って、基本的なことからしっかりと理解していきましょう。

そうすれば、難しいと感じていた勉強が、理解できるようになります。

勉強は基本が大切

勉強において、一番大切なこと。

勉強に限らず、スポーツ全般でも同じですが、『基本』です。

勉強の上達のコツは「基本練習を繰り返し繰り返しやること」です。

これに尽きます。
Aさんは、大学の同好会に入りテニスをはじめました。

同じ頃にテニススクールに通い出した友人Bがいました。

Aさんが所属した同好会では直ぐにラリーから練習しました。

友人Bのスクールは素振りや

コーチの球出しのボールを打つ練習が中心です。

Aは実践で練習していたのでどんどんラリーができるようになりました。

スクールで学ぶBの方は、なかなかラリーができるようにはなりません。

Bの上達度を例えると、亀のようなスピードです。

でも1年後大変なことがおきました。

AとBがとテニスの練習試合をすることになったのです。
結果はなんとAの負けです。

完敗でした。
敗因はなにか?
そうです。Aは基本を大切にしなかったからです。

Bは基本を固め土台をつくり、その上に技術をのせたのです。

だから本当の実力が身についたのです。
スポーツは基本がもの凄く大切です。
プロ野球の読売ジャイアンツに所属していた桑田投手も

少年野球の子供達に次のメッセージを送っています。
「基本を繰り返し繰り返し練習してください。

僕なんかはプロになった今でも基本しか練習しません」
プロ野球の選手達が魅せる華麗なスーパープレイも、

野球の基本が土台になっているのです。

勉強においても基本を大切に考え、

繰り返し練習し土台を作る必要があります。
まず最初に、このことを覚えてください。

勉強は高度な技術が必要なわけではないのです。

基本こそ勉強に必要です。

朝日高校を目指す人でも、

東大・京大・医学部をはじめとした難関大学志望者でも、です。
そして基本を身に付けるコツは、

毎日練習をすることです。
時間がないとは言わないで下さい。

1日20分、30分でも良いのです。

毎日練習をしてください。

体調がすごく悪くて勉強できないときでも、

単語を5分、数学を1問解くことはできます。
毎日練習することが、勉強で子どもが伸びる秘訣です。

それに毎日練習をすることを子どもが覚えれば、

子どもが成長し、勉強だ、受験だ、

そして働くようになっても

コツコツやることが身についていたら怖いもの無しです。

強い子どもが育ちます。
まずは親として、子どもへ基本練習を毎日やるように指導してください。
「塵も積もれば山なる」

それが出来たとき子どもはテストで高得点を取り、

難関校に合格しているはずです。
まずは3ヶ月間を目標に毎日

英単語、漢字、計算などの練習をしましょう。

毎日指導をしましょう。お母さんが忙しかったら、

お父さんが子どもに付き合ってあげてください。

勉強で楽をしようと手を抜くほどしんどくなる

国語指導の一つとして、語彙力特訓があります。

毎日、少しずつ言葉を覚えていくのですが、

この「毎日続ける」ことが、非常に大切なのです。

というのも、大抵は、毎日続けることができなくて、

挫折するから。

 

例えば、1日当たり12個(プリント1枚)覚えるとします。

大体、10~15分くらいで覚えます。

1日あたりたったの15分です。

それでも、1週間も経つと84個になります。

お盆休みだからとまったくやっていない子は、

やっている子に追いつこうと思うと、100個近く覚えないといけません。

夏休みは、約40日ありますが、

毎日やると、480個も覚えたことになります。

もちろん、1日あたりの量が2倍の人はもっと多いです。

遅れを取り戻すために、短期間にまとめて覚えることの方が、

よりつらい勉強になるのではないでしょうか?

毎日続けた方が、定着もしますしね。

毎日続けた方が、勉強が楽しく感じられます。

1日にまとめてたくさん覚えた人よりも、

少しずつでも毎日続けてやった人の方が、塾長は凄いと思います。