「モチベーション」タグアーカイブ

「立ち入らない境界」を作らせない

社会や英語は暗記科目だと言う人がいます。

確かに、社会は小学校や中学校では、

ほとんどが知識の羅列といえます。

理科も、生物・地学はほとんどが、

化学も多くは「名称を覚える」学習になっています。

例外的に物理だけが、

理論を教えているように見えます。

そのためか、物理が不得意な子が多いです。

朝日高校といえども、その平均点は、

まるで全くやる気のない子がテストを受けたかのような結果です。

おそらく、物理を勉強している子には

「覚えることがないから、勉強の仕方がわからない」状態なのでしょう。

 

 

「とにかく覚えなさい。理解はその後でいいから」というシステムは、

昔から続いています。

例えば九九。

九九のお陰で、計算が早くなり、

算数ができると感じるようになった人は多いでしょう。

(いや、そもそも何も感じないかも・・・)

 

 

 

しかし、九九が出来ることが、

かえって数字を取り扱う頭脳には

マイナスになるのではないでしょうか?

頭の中で、数字の操作をイメージできる感覚を養うことが

算数では、最も大切なことです。

九九は、数字の処理方法を「音」で記憶させてしまうので、

この算数の大事な感覚を遠ざけることになります。

 

 

知識を覚えることは、別に悪いことではありません。

沢山の知識を覚えていれば、人に自慢できるだろうし、

親も子どもが名称を沢山覚えていたら褒めてやりたくなるでしょう。

 

 

それでも、これからは今まで以上に

大きな問題になってくると感じています。

名称を覚えることで満足し、

それ以上を理解しようとする気持ちを

無くしてしまう傾向があるからです。

言葉を覚えることで、無意識のうちに

「立ち入らない境界」を作ってしまう。

名称を知っていることと、それを理解している事とは同義ではない、

という認識を常に持つ必要があるのです。

子どもの成績を見てイライラしない最善の方法

お母さんは、お子さんの成績を見て、

ため息が出ることはありませんか?

「こんな問題が解けなかったの?」

「やる気があるの?」

「何度言えば分かるの!勉強しなさい!」

 

お母さんがイライラしてしまう原因として、

親が子に対して暗に求めている「学力のハードル」があります。

そのハードルを超えないと、親は不満に感じます。

・ ○○高校に行って欲しい。そのためには、成績が足らない。

・ 学年で10番以内に入って欲しいが、本人にはその気がない。

・ せめて○点は取って欲しいが、そこまでに達していない。

 

もちろん、そのハードルが非常に高くても、子どもの学力が高ければ、

お互いストレスを感じることは余りありません。

偏差値55程度の子に対して、偏差値65のハードルを課すのは

酷な事です。

平均点はあるけれど、基本はまだ十分身についていない訳ですから、

トップレベルの成績を目指すには時間がかかります。

 

そんな時は、思考を修正すると良いです。

・偏差値が55だったから、2カ月後に58を目指すようにさせよう。

⇒58なら、あと10点足らないな。

⇒10点取るには、この問題とこの問題を解ければ大丈夫だな。

⇒そのためには、これとこれを頑張るようにアドバイスしよう。

 

ハードルを下げて、具体的な勉強をアドバイスする。

これができるかどうかで、その後の成績が変わってきます。

是非、試してみてください。

 

 

 

「夏は勉強するぞ!」はどれだけやるつもり?

まだ5月ですが、夏の予定を立てているところです。

さて、「夏は勉強するぞ!」と先延ばしにしそうな人も

そろそろ出てきそうですが・・・。

いったいどのくらい夏に勉強するつもりなのでしょう?

 

 

ちなみに、サンライズでは、

夏期講習会は、受験生にもなると、1日10時間で、

14日間、計140時間の演習をこなします。

夏休みは長いので、夏期講習会以外の日の時間も入れると、

300時間は超えるでしょう。

それだけの演習量をこなして、それでも足りないと

2学期以降も塾に来て受験勉強をする子も少なくありません。

問題を解いて解いて解きまくって、

やっと自分のものにできるようになる。

決して簡単な事ではないです。

ですが、「夏になったら頑張る!」などと言っている人には、

絶対に負けないだけの勉強量はします。

 

 

サンライズの普段の授業では、知っておくべきこと、

覚えるべきことなどは、端的にまとめて伝えています。

あれもこれも1から10までダラダラと話をしません。

その代わり、「授業をしない授業」があります。

いわゆる「演習のみの授業」ですね。

インプットだけでなく、学んだことをアウトプットして、

知識を自分のものにする過程は非常に大切です。

インプットの時間よりも、アウトプットの時間の方が多いのも

そのためです。

圧倒的な演習量、これが子どもたちの自信にもつながっているのです。

成績が上がる子・成績が上がらない子

あくまで経験則ですが、

成績が上がる生徒と上がらない生徒の特長を挙げてみます。

 

◆成績が上がる生徒

・目標が明確になっている。

どうしても行きたい学校がある子は、苦労を惜しまず勉強します。時間が足らないと思ったら、時間を作ってやっていますね。

・志望校合格がゴールではないということを理解している。

模試の志望校判定などで、合格の可能性が高いとか、学校の成績でそこそこ良いと思っている子は、「合格」が最終目標なので、ある程度可能性があると思ったら、それ以上の努力をしようとはしません。

・今の自分の状況に満足していない。

自己肯定感がないということではありません。周りからみて成績が良いという子でも、その子にとっては、色々な課題・反省点があるものです。「これでいい」と思ってしまえば、それ以上やる気にはなりません。

・楽しそうに勉強している。

周りから見ても、「あの子は調子が良さそう」というのがわかるものです。楽しそうなのか、つらそうなのかは、表情を見ていればわかります。

・周りのことはあまり気にならない。

集中していれば、周りは気になりません。逆に集中できない子は、周りが気になって仕方ないです。

・勉強だけしているわけではない。

ずっと勉強している子よりも、何かに打ち込んでいる子の方が成績が上がることが多いです。

 

それに対して・・・

◆成績が上がらない生徒

・受験校が決まっていない。

・トレードオフの関係を持ち出して言い訳をする。

・無駄な時間をかけている。

・「自信がない」が口癖

・友だちに足を引っ張られている。

・・・まあ、挙げればキリがないですね。当然だと思います。

刺激

子どもというのは、同じ難易度のものを繰り返し続けていると、

やがて飽きてしまう生き物です。

解ける問題をひたすら解くのは、やり方が分かっているので、

同じ方法を当てはめて答えを出すだけの

単なる“作業”になってしまいます。

これは面白くありません。

 

本日、中間考査の勉強をしていたUくん。

数学の問題に飽きたのか、ぼんやりする時間が増えてきました。

さっそく塾長に呼び出されます。

塾長「U,お前全く集中できていないな。」

U「いや、ちゃんとやります。」

塾長「言われてからじゃ遅い!塾長の目の前で勉強しろ」

しぶしぶ塾長の前でやるU。

塾長「U、その問題は易し過ぎないか?解ける問題をいつまでも解くんじゃない。もっと刺激のある問題を解きなさい。」

U「じゃあ・・・。このレベル位を・・・。」

塾長「いやいや、もうちょっと高く・・・。」

成長を促すためには、ちょっと背伸びをすれば届くような難易度のものを与えることが必要です。

教材選定は、簡単にできるものではありません。

経験を積む必要があります。

適切なタイミングで、適切な教材を与えることができれば、

子どもはドンドン刺激を受けて、伸びていきます。

朝日高校に合格するための動機付け

どんなに頭が良くても、

どんなに真面目でも、

結局は、勉強に対して、

意志をもって取り組んでいる者には敵わない。

 

良い成績が出ないのは、勉強しないから。

勉強しても成績が上がらないのはやり方が悪いから。

でも、結局は、本人のやる気次第でしょ?

 

と、思っている人に尋ねたい。

じゃあ、そのやる気が出るのをずっと待ちますか?

尊敬できる大人に出会えるのも、

将来の夢が持てるようになるのも、

行きたい高校や大学が見つかるのも、

全てのきっかけは、周りの大人が与えられるのではないか。

 

子どもの学びたいと思う気持ちを育てることが、

一番大切なことだと思うのです。

 

知的好奇心をくすぐるきっかけを何か与えていますか?

高校入試結果

例年以上に厳しかった、今回の入試ですが、

岡山朝日高校 6名合格

大健闘してくれました。

ここ数年は、同じ位の人数で推移しています。

確かに、全員合格とならなかったことは、悔しい思いはあります。

しかし、受験勉強を通じて、勉強の方法や長時間勉強する習慣、

長時間勉強に集中する習慣など、学んだことは沢山あるはずです。

過去問や問題集など、問題を解いて解いて解きまくったことが、

自信につながり、着実に学力となったと、

子どもたちは言ってくれています。

そして、まだ、これで終わりではありません。

次は大学受験です。

もう既に、自習に来て、高校の予習をしている子たちもいます。

「苦しい受験勉強が終わったのだから」と

今、遊んでいる人たちが大半でしょうが、

もう大学合格へ向けて、スタートしているわけです。

そして、中2以下、後輩たちは、そんな先輩たちの姿を見て、

やる気に満ち溢れています。

来週土曜日から春期講習会ですが、

やってきたことが自信につながる勉強にしましょうね。

中途半端はだめですよ。

子どもが賢く成長する親のGood行動トップ10

先日の記事

「子どもが賢くならない親のNG行動トップ10」

について、名門公立高校受験道場でお付き合いのある後藤先生が

以下の記事を書かれていました。

■子どもが賢く成長する親のGood行動トップ10

1.結果のみでなく子どもの普段の頑張り・努力の過程をしっかり見て評価してあげる

2.子どもの過去ではなく、未來の夢・そのために今やるべきことを一緒に語り合う

3.謙遜ばかりせず、場面によっては子どもの良いところをしっかり言葉にして伝える

4.普段の声かけ・適度の目標の設定等で、子どもがやる気になるように仕向けることができる

5.学習計画を子どもが自分で立てられるように協力する。基本的には子どもを信用して任せて、毎日口うるさく点検したりしない

6.勉強と部活や習い事等の両立をできるように協力する

7.常に子どもと会話をきちんとすることを心がける。子どもが気持ちをうまく伝えられない時も、イライラしないでじっくり聞いてあげる

8.子どもが落ち込んでいる時は、デーンと構えて明るく包み込んであげる

9.常に夫婦円満を心がけ、子どもの前で喧嘩をしたりしない

10.子どもは自分とは別個独立の存在だと認識し、親のエゴを押し付けない

確かに、これらを実行するのはかなり大変ですね。

いきなり完璧を目指すのではなく、

少しずつでも意識して子どもと接することで、

プラスの方向に向かいます。

合格点を取るために何が必要か

指導の軸にしていることがあります。

それは、

「この子が合格点を取るために何が必要か」

ということです。

これを思考の軸に据え、戦略・戦術を立てていきます。

もちろん、生徒自身も同様に考える必要があるので、

情報は常に共有します。

定期的に面談を行い、「何が必要か」を伝えます。

そして、そのための具体的な戦略・戦術をアドバイスします。

例えば、

・負担の大きな科目は毎日学習する。

・負担の軽い科目は短期間で点数を上げる。

・難易度の高い内容になると伸びにくくなるため、他の科目とのバランスを調整する。

・模試の判定で入試の結果が決まるのではない。本番で合格点を取ることが目標。

など。

自分がどの位置にいるのか、入試の問題レベルはどのようなものかを知ることで、目標が具体化します。

これがきちんと指導できるかどうかは、非常に大切な事です。