「やる気」タグアーカイブ

子どもの成績を見てイライラしない最善の方法

お母さんは、お子さんの成績を見て、

ため息が出ることはありませんか?

「こんな問題が解けなかったの?」

「やる気があるの?」

「何度言えば分かるの!勉強しなさい!」

 

お母さんがイライラしてしまう原因として、

親が子に対して暗に求めている「学力のハードル」があります。

そのハードルを超えないと、親は不満に感じます。

・ ○○高校に行って欲しい。そのためには、成績が足らない。

・ 学年で10番以内に入って欲しいが、本人にはその気がない。

・ せめて○点は取って欲しいが、そこまでに達していない。

 

もちろん、そのハードルが非常に高くても、子どもの学力が高ければ、

お互いストレスを感じることは余りありません。

偏差値55程度の子に対して、偏差値65のハードルを課すのは

酷な事です。

平均点はあるけれど、基本はまだ十分身についていない訳ですから、

トップレベルの成績を目指すには時間がかかります。

 

そんな時は、思考を修正すると良いです。

・偏差値が55だったから、2カ月後に58を目指すようにさせよう。

⇒58なら、あと10点足らないな。

⇒10点取るには、この問題とこの問題を解ければ大丈夫だな。

⇒そのためには、これとこれを頑張るようにアドバイスしよう。

 

ハードルを下げて、具体的な勉強をアドバイスする。

これができるかどうかで、その後の成績が変わってきます。

是非、試してみてください。

 

 

 

子どもが勉強できる環境づくり

勉強しているつもりでも、意外と点数に繋がらない勉強になっている子もいます。

詰めが甘かったり・・・

はるかにやる量が少なかったり・・・

そもそも問題を解くだけで終わっていたり・・・

勉強の「当たり前」が「当たり前」でないこともあるのです。

え?あり得ないでしょ!?ということを実際にやっていて、

“頑張ったのにできない”と思っている子もいるのでは?

実際の例として挙げますが、皆さんはできていますか?

・問題を解いた後に答え合わせをしない。

・間違えた問題は答えを写すだけ(なぜ間違えたのか検証しない)

・間違えた問題がはたして出来るようになったのか、確かめない。

まずこれだけでもできているかどうかで、

実力を測ることができます。

成績が上がる子は、トコトンやります。

人には、それぞれ「コンフォートゾーン」=心理的に快適な場所

があります。

「60~70点」をコンフォートゾーンとしている子は、それ以上の点数は取れません。

そんな子は30点を取ると「ヤバい!」と感じます。

コンフォートゾーンから外れるからですね。

また、「60~70点」がコンフォートゾーンの子が、80点を目標にしようと思うと、これもコンフォートゾーンから外れるわけです。

ですから、「今までの勉強法」「今までの勉強量」では達成できません。

コンフォートゾーンを打ち破るしかないのです。

つまり、やり方を変えたり、量を増やしてみるということですね。

例えば、やり方を変えるなら、

「ワークを全部やった」⇒「終わり」から

「ワークを全部やった」⇒「念のためにテスト」⇒「間違いを直す」

という流れに変える、などですね。

周りの環境を変えることも大切です。

周りの子が勉強し出すと、本人も勉強し始めるものです。

※サンライズの「復習特訓」は子どものコンフォートゾーンを変えるために実施しています。

能力があるのに成績が伸びない例として、

・成績の振るわない子に囲まれている。

・時間があればスマホをいじったりして、勉強に集中できない。結局は成績が伸びなくて、志望校変更

などですね。

少しでも変えたい!と思うなら、

まずは自分自身を勉強する環境に置くことが大切です。

成績が上がる子・成績が上がらない子

あくまで経験則ですが、

成績が上がる生徒と上がらない生徒の特長を挙げてみます。

 

◆成績が上がる生徒

・目標が明確になっている。

どうしても行きたい学校がある子は、苦労を惜しまず勉強します。時間が足らないと思ったら、時間を作ってやっていますね。

・志望校合格がゴールではないということを理解している。

模試の志望校判定などで、合格の可能性が高いとか、学校の成績でそこそこ良いと思っている子は、「合格」が最終目標なので、ある程度可能性があると思ったら、それ以上の努力をしようとはしません。

・今の自分の状況に満足していない。

自己肯定感がないということではありません。周りからみて成績が良いという子でも、その子にとっては、色々な課題・反省点があるものです。「これでいい」と思ってしまえば、それ以上やる気にはなりません。

・楽しそうに勉強している。

周りから見ても、「あの子は調子が良さそう」というのがわかるものです。楽しそうなのか、つらそうなのかは、表情を見ていればわかります。

・周りのことはあまり気にならない。

集中していれば、周りは気になりません。逆に集中できない子は、周りが気になって仕方ないです。

・勉強だけしているわけではない。

ずっと勉強している子よりも、何かに打ち込んでいる子の方が成績が上がることが多いです。

 

それに対して・・・

◆成績が上がらない生徒

・受験校が決まっていない。

・トレードオフの関係を持ち出して言い訳をする。

・無駄な時間をかけている。

・「自信がない」が口癖

・友だちに足を引っ張られている。

・・・まあ、挙げればキリがないですね。当然だと思います。

朝日高校に合格するための動機付け

どんなに頭が良くても、

どんなに真面目でも、

結局は、勉強に対して、

意志をもって取り組んでいる者には敵わない。

 

良い成績が出ないのは、勉強しないから。

勉強しても成績が上がらないのはやり方が悪いから。

でも、結局は、本人のやる気次第でしょ?

 

と、思っている人に尋ねたい。

じゃあ、そのやる気が出るのをずっと待ちますか?

尊敬できる大人に出会えるのも、

将来の夢が持てるようになるのも、

行きたい高校や大学が見つかるのも、

全てのきっかけは、周りの大人が与えられるのではないか。

 

子どもの学びたいと思う気持ちを育てることが、

一番大切なことだと思うのです。

 

知的好奇心をくすぐるきっかけを何か与えていますか?

やる気とモチベーション

辞書的に言えば、

やる気は、

「物事をやろうとする気持ちや欲求」であり、

モチベーションは、

「やる気を起こしたり、何かをしようとするための刺激や動機づけ」

である。

 

勉強において、やる気やモチベーションの事がよく話に出てくるが、

はたして、「やる気」とは何だろうか?

「モチベーション」とは何だろうか?

 

色々話を聞いていると、おそらく、

やる気とは、

「自ら勉強をしたいと思うこと」と思われているように思える。

それに倣い、モチベーションとは、

「勉強をしたいと思う気持ちが起こること、あるいは続くこと」

となる。

 

しかし、実際指導していて、大人が思うように、

純粋に「勉強がやりたい」と思う子はいるのだろうか。

自分が子どもの時にそう思っていない人の方が圧倒的に多いはずだ。

 

やる気とは、

「いかなる理由があっても、勉強をしようとする気持ち」に

他ならない。

・明日までにやらないといけないからやる。

・高校に進学したいから(やらなければ受験で合格できないから)やる。

とにかく、やらなければならない理由があるから、

勉強をしようと思うのが、「やる気」なのではないか。

そして、

・やらないと叱られる。

・やらないと恥ずかしい思いをする。

・やらないと夢が叶わない。

など、ネガティブなものではあるが、そういったものが、

「モチベーション」になっている人もいると思う。

もちろん、ずっとそういうことがモチベーションになっていては、

長続きしない。

精神的に成長していく中で、自分の目標が見つかったり、

褒められり、成績がよくなったりがあって、

プラスのモチベーションに変わっていくこともある。

 

昔、こんな話を聞いたことがある。

早稲田大学に合格した女の子が、自分の勉強を振り返って、

「自分が本当にやろうと思って始めたのは高3の時だけだった。

それまでは、親にめちゃくちゃ勉強させられた。

でも、今思えば、それがあったから、合格できたんだと思える。

だから、親に感謝したい。」

 

こういう話をすると、「鞭打ってでも、とにかく勉強をガンガンさせればいい」と偏ったとらえ方をされそうに思うが、それは、違う。

 

まだ精神的に幼いうちに、壮大な目標を掲げて、

自ら勉強をするような子になるのをじっと待っていても、

その時が来ることはないだろう。

 

いつか、自分で「やろう!」と思う時がくる。

それまでは、大人がしっかりとサポートして、

勉強をさせていけばいい。

 

一見、やる気がなさそうに見えても、

実はみんな「やる気」は持っている。

 

実際、塾で、

「やる気がないなら、塾を辞めてもいいし、

無理に勉強しなくてもいい。」

と言って、辞めた子はいない。

大抵、

「いいえ!やります!この塾で勉強したいです。」

と返ってくる。

 

人間誰しも、気持ちがダレてくる時がある。

その時に喝を入れると、目を覚ますことが多い。

「厳しい塾」でなくなった時は、

もう子どもたちの「モチベーション」をあげられなくなった時かなと。

子どもが賢く成長する親のGood行動トップ10

先日の記事

「子どもが賢くならない親のNG行動トップ10」

について、名門公立高校受験道場でお付き合いのある後藤先生が

以下の記事を書かれていました。

■子どもが賢く成長する親のGood行動トップ10

1.結果のみでなく子どもの普段の頑張り・努力の過程をしっかり見て評価してあげる

2.子どもの過去ではなく、未來の夢・そのために今やるべきことを一緒に語り合う

3.謙遜ばかりせず、場面によっては子どもの良いところをしっかり言葉にして伝える

4.普段の声かけ・適度の目標の設定等で、子どもがやる気になるように仕向けることができる

5.学習計画を子どもが自分で立てられるように協力する。基本的には子どもを信用して任せて、毎日口うるさく点検したりしない

6.勉強と部活や習い事等の両立をできるように協力する

7.常に子どもと会話をきちんとすることを心がける。子どもが気持ちをうまく伝えられない時も、イライラしないでじっくり聞いてあげる

8.子どもが落ち込んでいる時は、デーンと構えて明るく包み込んであげる

9.常に夫婦円満を心がけ、子どもの前で喧嘩をしたりしない

10.子どもは自分とは別個独立の存在だと認識し、親のエゴを押し付けない

確かに、これらを実行するのはかなり大変ですね。

いきなり完璧を目指すのではなく、

少しずつでも意識して子どもと接することで、

プラスの方向に向かいます。

子どもが賢くならない親のNG行動トップ10

 

 

「子供が賢くならない親のNG行動 TOP10

 

10位 自分ができなかった目標を背負わせる

親が行けなかった学校を受験させるなど、親のリベンジになったら教育は最悪。子供は目標が自分の事から他人事に変わるため、頑張らなきゃいけない時に頑張ることが出来なくなる。

塾長一言:○○に行きたかったけど、行けなかった。だから、あなたには言って欲しい」などと言うのがNGということ。他にも、行かせたい学校を無理やり勧めるのもNG。子どもがうんざりして、やる気をなくすることも。

9位 父親が母親を責める

「お前がダメだから、子供がダメなんだ」という父から母へのプレッシャーは、母から子供へのプレッシャーに直結する。その結果、点数を取るだけの勉強になってしまい、長続きしない。

塾長一言:ドラマの中でしか聞いたことはありませんが、当然、子どもにいい影響は与えないでしょうね。

8位 子供以上に落ち込む

合格発表の時にお母さんが泣いてしまうのは最悪。試験の結果が悪かったり、受験に失敗した際、子供本人が落ち込むならいいが、お母さんが必要以上に落ち込むと、その反動で中学に入って勉強しなくなる。頑張ってきたことは、無駄にならないと子供にきちんと伝えることが大事。

塾長一言:最後の1行は同感です。受験は、まさに「頑張った事はムダにならない」ということを実感できる良い機会だと思います。それが例え不合格でも、です。学力的にも、人間的にも大きく成長できるかどうかは、子ども自身がどれだけ取り組んだかだけでなく、それと同じ位、親や指導者がきちんと受験について話をしたかに寄るところも大きいです。

7位 単語の会話を許す

「別に」「ふつう」「超面白かった」など、一言で答える子供は良くない。ボキャブラリーや語彙を増やしてあげることが家庭に一番求めること。自分の気持ちを自分の言葉で話せない子供は、実際に学力も伸びない。

塾長一言:その通り。国語力がない子が増えていますが、語彙の少ないことが一つの要因になっています。それは、会話にも表れています。『語彙を増やしてあげること』の例として、「どんな風に面白かった?」などと具体的に話をさせるように誘導してあげると良いでしょう。

6位 習い事をやめさせる

焦る親ほど、クラブ活動や習い事をやめさせたがるが、やめさせた方が合格率は下がる。子供は好きな事をやめると集中力が低下するので、両立させた方が勉強も頑張り結果が出る。

塾長一言:勉強が忙しくなり、勉強を一番に考え(志望校に合格したいから)、部活動を辞める子もいます。あるいは、部活動をしているが、勉強に差し障りない程度にセーブする子もいます。合格率が下がる傾向があるのかもしれませんが、ケースバイケースのようにも感じます。そもそも『両立』するのかどうか、という点でできない子も多いと思うからです。両立とは、勉強もきちんとするが、部活動や習い事もガッツリできていて、お互いに悪影響を及ぼさない状況のことをいうのではないでしょうか。私はそう思います。

5位 「宿題やったの?」と確認する

気になるのはわかるが、言ったらアウト。「今やろうと思ったのに」「やってるよ」など、反発以外の何も生みださない。やっていない前提で聞くのではなく、「出来た宿題見せて?」と、やったことを前提に聞くと良い。

塾長一言:挨拶のようになっている方も少なくないかもしれません。宿題ができていないと思うから、つい子どもに言ってしまうんですよね。できる子の家庭は、心配がいらないので、言う必要もない。当然だと思います。子どもも返答するのが面倒になり、やっていないのに「やった」と返事する子も。習慣化しないように、お母さんのストレスにならないように、少し言い方を変えるのも一つの方法だと思います。

4位 ご褒美でやる気を出させる

目の前のニンジン作戦は、とりあえずの結果は得られるが、完全に失敗する。褒美がないとやらなくなる。褒美を獲得することが目的・ゴールになるので、自ら学ばなくなる。

塾長一言:褒めるということを、言葉でなく形に表したものが「御褒美」で、子どもにとっては分かりやすいと思うのですが、それよりも「褒められることが御褒美」と思ってもらえることの方が良いですよね。小さい頃はそれでもアリだと思いますが、褒めることも忘れずに。「言葉」に感動を感じるようになれば、そのうち、モノよりも言葉に強く反応するようになります。

3位 人前で「うちの子はダメ」という

三者面談などで、親は謙遜して言ったつもりでも、「子供は親に、日頃の努力を認められていない」と感じてしまう。母親に誉めてもらうことで子供のモチベーションは上がる。

塾長一言:これはよく言われることですね。それでも、お母さんたちの会話の中では思わず出てしまうこともあるかもしれません。「勉強は塾に任せているし、子どもも自分でやっているみたい(塾で長時間やっているなど)。」と、暗に子どもの努力を認め、客観的な事実を述べる程度であれば、いわゆる「自慢話」にはならないのかなと。

2位 子供の過去を責める

「あの時、あの時」と過去のことをほじくり返しても意味がない。それをいつまでも身近な親に言われる…子供にとってこれほどの苦痛はない。失敗を糧に「こうしたら、こうなるんじゃないの?」と、未来から逆算した言葉かけをした方が子供は伸びる。

塾長一言:反省はするべきですが、過度に失敗を責めるのはよくない、ということです。できなかったことをできるようにするためには、何をするべきか、という具体的戦略をアドバイスすることは絶対に必要だと思います。

1位 結果だけ評価する

「結果だけ評価される子は、良い子でいなければと思うようになる。良い点数を取り続けなければいけないという心的プレッシャーと長く戦わなければいけない。弱い子はカンニングをするようになることも。努力、過程を「よくやったね」と褒めてあげると、次も頑張ろうという気持ちになる。

塾長一言:これも当たり前のことですね。結果ばかり評価しても子どもは伸びません。努力・過程が良かったから結果が良かったのだと褒める。反対に叱る場合でも、努力・過程のどの点が悪かったから結果が悪かったと伝えると良いと思います。

 

この中のいくつかは、昔のブログ記事でもお話したことがありますね。

これを見てから、「あ!うちにも当てはまる。だからダメなんだ。もう賢くならないな・・・」ではなく、「これからは、少し気をつけてみよう」と意識を変えていくことが大切だと思います。

また、全てこの通りに実行できないと思います。(親のモチベーションも考えて。)あくまで“傾向”ですから、この通り完璧にしようと思わないこと。少しずつ、時に「あ、そういえば、こういう場面ではこうするんだったな」と思いだせるだけでも違います。反省する度に、少しずつ実行、ですね。小さな努力は、目には見えませんが、少しずつ、お子様の心に響いていくものですよ。

 

※参照元

http://irorio.jp/natsukirio/20150305/211074/

合格点を取るために何が必要か

指導の軸にしていることがあります。

それは、

「この子が合格点を取るために何が必要か」

ということです。

これを思考の軸に据え、戦略・戦術を立てていきます。

もちろん、生徒自身も同様に考える必要があるので、

情報は常に共有します。

定期的に面談を行い、「何が必要か」を伝えます。

そして、そのための具体的な戦略・戦術をアドバイスします。

例えば、

・負担の大きな科目は毎日学習する。

・負担の軽い科目は短期間で点数を上げる。

・難易度の高い内容になると伸びにくくなるため、他の科目とのバランスを調整する。

・模試の判定で入試の結果が決まるのではない。本番で合格点を取ることが目標。

など。

自分がどの位置にいるのか、入試の問題レベルはどのようなものかを知ることで、目標が具体化します。

これがきちんと指導できるかどうかは、非常に大切な事です。

 

宿題は先生に叱られたくないからやってくるもの?

ずっと昔の話ですが、ある生徒(Aさんとします)が、

宿題をやってきました。

Aさんは、とても勉強が苦手。

塾に来ているのも、お母さんに無理やり連れて来られて・・・

だったと思います。

当然、やる気もなかったのですが、塾長の手前、

あからさまにそういう態度ができなかったのでしょう。

でも、人間、本性は隠せません。

表面上では「勉強しています!」という態度でも、

ノートを見れば一発でした。

Aさんは、それまで算数で50点を超えたことがありません。

ほとんど20点台。

でも、宿題は、見事なまでに、全て正解。

いつもなら、塾長からチェックのハンコをもらうのですが、

その日は違いました。

ある問題で、Aさんは、答えを「オ」と書いて、マルをしていました。

でも、実は、その問題の選択肢は、「エ」までしかなかったのです。

つまり、テキストの解答が間違っていたんです。

先生は、そのことを知っていたのですが、Aさんに質問しました。

「Aさん、この問題は、これで合っているの?」

「うん。だって、ほら、答えはそうなっているでしょ?」

「絶対?」

「絶対!」

「ふ~ん。じゃあ、なぜ答えはオなの?教えて?」

「・・・」

「テキストには、エまでしかないんだけど?」

「・・・」

ここで、「答えを写したの?」と聞いても、

全力で否定していたことでしょうね。

勉強が苦手な子だから、こういうことをするのかというと、

実は、そうでもないんです。

勉強が得意な子でも、よくやりますよ。

まだ幼いんですね。

テストとは、何のためにやっているのか、

宿題やテスト勉強は何のためにやっているのか、

よくわかっていない人もいるようです。

いずれのテストも、「どれだけあなたが勉強を理解できているのか」

を確認するためのツールです。

「成績を上げたい」

「点数を良くしたい」

というのであれば、当然、あなた自身が

「勉強を理解する」しかありません。

指導者が、いくら分かりやすく教えても、それを自分のものとし、

消化するのはあなたです。

つまり、結局はあなた自身の努力量にかかってくるのです。

それを、ただ、指をくわえて待っていても、

できるようには、ならないのです。

宿題や、テスト勉強は、

あなたがきちんと理解するために欠かせないものなのですが、

もし、そういうチャンスを無駄にしている人がいるなら、

残念なことですね。

「おだてる」ではなく、「ほめる」

「おだてる」と「ほめる」は全く違います。

「おだてる」とは、ダメなところでも「よい」とお世辞をいうことです。

それでは、「ほめて育てる」とは?

多くの親が誤解しているのが、「ほめて育てる」という意味を、

ダメなところでも良いと言うと勘違いしていることです。

「ほめる」とは、子供の長所を見つけ、それを伝えて、

自信をつけてあげることです。

7割ほめて、3割叱ってあげるつもりでちょうど良いと思います。

<上手なほめ方>

・具体的にポイントを絞ってほめる。

・結果よりもプロセスをほめる。

・自分も良い影響を受けたことを相手にわかりやすく伝える。

・どこが良かったかを相手からも敢えて言わせる。

・次回の目標について相手に尋ねる。

・いつまでも過剰にほめ過ぎない。