社会が得意な子が絶対にしない3つの勉強のやり方(3)

以前の続きです。

社会が得意な子が絶対にしない勉強法の3つ目が残っていましたね。

3.意味のない見直し

皆さんは、間違えた問題の見直しをどのようにしていますか?

例えば、選択問題で次のような問題があったとします。

=============================

Q.執権として政治を行い、1232年に御成敗式目を定めた人物を次のア~エの中から選べ。

ア 北条政子 イ 北条泰時 ウ 北条時宗 エ 北条時政

=============================

答えは・・・ イですね。

苦手な子は、この答えを間違えた際に、

「北条泰時=御成敗式目」

で、見直しが終わるのです。

 

本当は、どの人物も知っておかないといけないのですが、

仮に泰時が何をした人か知らなくても、他の3人を知っていれば

消去法でも解けるわけです。

 

でも、間違えたのです。

 

つまり、泰時以外の政子も時宗も時政も知らないから、

分からないのです。

 

それなのに・・・

見直しの際に、泰時は理解(?)できたのかもしれませんが、

政子や時宗や時政までは知ろうとしないんですね。

“この問題では正解ではないから”

 

この1問を通じて、色々知らないことがわかったわけですから、

「泰時」1点だけを学習するのではなく、その周辺も学習することで、

学習効果は2倍、3倍となるわけです。

 

以前の繰り返しになりますが、

問題は、一部分を切り取って出題されているわけです。

でも、その一部分が答えられないということは、

氷山の一角だと思って、その周辺も学習し直すのは、

当たり前のことなのです。

 

自分の勉強が3つの中の1つでも当てはまっている人は、

今からでも遅くはないので、変えていきましょう!



面談のご予約は
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す