効果的な質問の仕方

みんなは学校や塾でどんな風に質問をしていますか?

「普通にしてます。」

いやいや、その「普通」が、

先生たちにとっては「普通」じゃなかったりするんだよね。

「質問しません。」

それは困るだろうね。そのままにしていると、

わからないところがドンドン増えてきて、余計わからなくなるよ。

質問は量と質が大事です。

質問はたくさんしましょう。

そしてわからないところをドンドン解決しましょう。

質問しないよりは、した方が絶対に成績が上がります。

どんなにつまらない質問でも構いません。

でも、先生によっては怒る人がいるかもしれません。

「何でそんなことも知らないんだ~!!」ってね。

だから、質問の仕方を変えてみましょう。

例えば、次のような質問をしていませんか?

「先生、dogの意味って何?」

これは、場合によってはとび蹴りが来るかもしれません。

しゃがんで避けましょう。

英単語などの辞書類を使えば解決できる問題は、

必ず自分で調べてから、それでも解決できなければ

「先生、dogの意味を辞書で調べたのですが、わかりません。」

と聞いてください。

その時に『確かに調べました』という証拠として、

辞書のその箇所を提示するともっといいでしょう。

(もちろん、dogが載っていない辞書はないと思いますし、

意味を見て分からないという人はいないと思いますが・・・

例えですから。)

別の例でもう少し具体的に説明しましょう。

例:数学の文章題を解いていたあなたは、

分からないので先生に聞くことにしました。

では、どんな風に質問しますか?

A「先生、これ、わからん。」

B「先生、この問題がわからないので、教えてください。」

C「先生、この問題の意味はわかったんだけど、よくわからんのよ~」

D「先生、僕のこの解答で合ってるんじゃないの?なんで?」

この中で、あなたがいつも聞く質問の仕方がありましたか?

Aは自分はそういうつもりではなくても、

『やる気がない』と思われるかもしれません。

あと、先生でなくても、目上の人に対しては、

きちんと敬語を使えるようにしましょうね。

反抗的な子として、見られてしまうかも・・・。

じゃあBがいいのかというと、ただ単に敬語になっただけで、

質問の仕方としては×ですね。

先生にとって教えやすい聞き方は、

『どこまでわかっていて、どこからわからないのか』ということです。

ただ「わからない」と言われると、先生としては、

「まずはどこからわからなくなっているのか」

を探す作業をする必要があるからです。

あるいは、聞かないで一から十まで全部教えてくれるかもしれません。

でもそれをしてもらったあなたが成績を上げるのは難しいでしょう。

CもBと同じことです。

「意味がわかっている」というのが

どこまでわかっているのかが相手にわかりません。

「○○が▲▲ということまでは分かっている」というのがいいでしょう。

Dは逆切れタイプですね(笑)

頑固タイプの子に多いです。

答えが違っている以上、どこかで間違えているわけですから、

なぜ違うのかを謙虚に聞くとあっさりと教えてもらえますよ。

その前に、計算ミスがないかはよ~くチェックしておいてください。

まとめると、要は、

1.まず自分で調べた上で質問すること。

2.どこまでが分かっていて(自分はこう思うんだけど・・・でもOK)

どこから分からないのかを伝えること。

です。

まったく問題の意味が分からなくても、必ず1を実行してください。

調べ方がわからなければそれを聞けばいいんです。

こういった質問がきちんとできる子は少ないと思います。

逆にできる子は短期間であっという間に成績が上がります。

ぜひ、試してみてください。

先生のあなたに対する態度がこれまでと変わるかもしれませんよ。

あ!質問の仕方でアレコレ考えて質問できないくらいなら、

まずは「先生、ココがわからないので教えてください」が無難ですよ。

時間対効果

塾生に、各自の短期目標を決めてもらうときは、

「▲▲を●点以上とる」

というように書いてもらいます。

ただ、「頑張る」の一言ではなくて、

○○をいつ、(数値で)どのくらい達成するのか、を書いてもらうのです。

それと合わせて、目標達成のために何をするのか、

計画を立てます。

「問題集を毎日2ページやる」

「数学を毎日1時間やる」

といった感じです。

確かに「何を」「(数値で)どのくらい」やるのかが

具体的に書けています。

けれども、注意したいのが、

「それをやって、必ず目標を達成できるのか」ということです。

つまり、ただ「やった」だけの“作業”にならないようにして欲しい、

ということです。

あくまで、目標達成のための取り組みですから。

アバウトな言い方になりますが、一番大事なのは

「できるまで、理解するまでやる」ことではないでしょうか。

もちろん一概には言えませんが、

少なくとも数学においてはそれが言えます。

例えば、1時間で100枚もプリントをやったA君と、

1時間で30枚しかプリントをやらなかったB君がいるとします。

その後にテストをしました。

結果は、A君が40点、B君が30点でした。

どうですか?

ただ、プリントを100枚やっただけで、まったく理解していないA君と、

枚数は少ないけれど、勉強したことをきちんと理解したB君とでは、

どちらが勉強としていいのか。

ただの作業としては、A君の方がたくさんやっていますから、

そこだけ見れば周りの評価は高いでしょう。

でも、結果に反映されなければその努力は評価されません。

むしろ、1枚もやらないで遊んでて40点を取った子と

同じ評価をされます。

点数上では同じですから。

成績がいい子は、このことを潜在的に知っています。

たくさん、時間をかけて頑張ったということは、

ペーパーテストでは評価されない、と。

だから、成績のいい子は

「いかに短時間で、完全に理解してしまうか」を追求するのです。

そして、“作業”は出来るだけ少なくし、

限られた時間の中で理解しようとするのです。

「時間対効果」を最大限に上げる訓練を繰り返せば、

おのずと学習効率は高くなります。

サンライズの授業ではそれを狙いとして指導しているものもあります。

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

頭のいい子は勉強しなくてもできる?

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

「友だちの○○君は遊ぶばかりで勉強していないんだけど、

成績はトップクラスなんだよ・・・。すごいな~。」

<勉強しなくても頭がいい>

クラスに何人かそういう子がいませんでしたか?

いつも学校が終わったら遊びに行って、でも宿題は出している。

いつやっているんだろう?不思議に思いませんか?

ところで、あなたは学校がある日はどのくらい勉強していますか?

1時間?2時間?

塾がある日は塾で1~2時間は勉強していますね。

じゃあ学校の宿題は?塾の宿題は?

部活もやって、塾に行って、

それだけでいっぱいいっぱいの人はいませんか?

実は、「成績のいい子」は要領がいいんです。

しっかり遊べて、しかも勉強も問題なくできる方法を知っているんです。

どうやるか。

それは、「短時間に集中して勉強をする」ことです。

例えば、学校の宿題をやるのに毎日1時間かかるとします。

授業が終わって、部活をして、すぐに塾に行って・・・。

帰ると10時頃でしょうか。なんやかんやですぐに12時。

とてもやる時間がないですね。

夜遅くまで頑張ってやっている人もいるかもしれません。

「成績のいい子」は家で宿題なんてしません。

じゃあ、いつやるのか。

それは「合間」です。

授業と授業の合間の10分程度の休憩時間、

起きてから学校に行く30分間、塾に行く前の30分間。

こういった時間を合わせると軽く1時間は越えます。

「成績のいい子」はこの時間の使い方が上手いのです。

しかも短時間で解かないといけないから解くスピードもアップする。

そうするためにはしっかり理解しないといけない。

だから短時間集中して勉強するんです。

ただ時間をかければいいものでもありません。

学校で宿題を終わらせたら・・・

ね?遊ぶ時間が増えるでしょ?

これが「成績がいい子」のカラクリです。

時間をうまく使えば、今よりももっと楽に勉強ができますよ。
 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

岡山朝日高校東大・京大合格者数

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

今年は、朝日高校の東大合格者数が急増しました。

以下、公立高校のみの結果です。

東大合格者数

日比谷 37
浦和 33
西 31
岡崎 26
国立 24
旭丘 24
岡山朝日 23
横浜翠嵐 22
土浦第一 21
宇都宮 21
千葉 21
新潟 20
水戸第一 19
富山中部 18
熊本 18
湘南 17
岐阜 17
浜松北 14
筑紫丘 14
長崎西 14
大宮 13
一宮 13
時習館 13
鶴丸 13
仙台第二 12
高松 12
大分上野丘 11
札幌南 10
高崎 10
船橋 10
姫路西 10
・・・
金沢泉丘 9
堀川 9
小松 8
中央中教 6
川越 5
太田 4
春日部 4
川越女子 4
柏陽 4
横浜サイエンスF 4
津 4
西京 4
丸亀 4
大分豊府 4
市立浦和 3
厚木 3
岡山操山 3

京大合格者数

北野 71
膳所 49
天王寺 47
堀川 46
旭丘 29
大手前 29
三国丘 28
明和 26
奈良 26
姫路西 25
岡崎 24
長田 23
神戸 22
熊本 21
嵯峨野 20
茨木 20
高松 20
修猷館 20
一宮 18
四日市 18
基町 17
西京 16
東筑 16
西 15
金沢泉丘 15
岐阜 15
浜松北 1
四條畷 14
筑紫丘 14
浦和 13
新潟 13
藤島 13
札幌南 12
千葉 12
時習館 12
彦根東 12
加古川東 12
湘南 11
岡山朝日 11
福岡 11
大垣北 10
津 10
兵庫 10
畝傍 10
・・・
高崎 8
洛北 8
広島 8
小松 7
岡山操山 7
国立 6
日比谷 6
丸亀 6
船橋 5
横浜翠嵐 5
伊勢 5
桃山 4
大宮 3
横浜サイエンスF 3
金沢二水 3

岡山県内では、圧倒的合格者数です。

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

アウトプットを大切にする2

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

勉強において、アウトプットは非常に大切です。

知識をインプットするだけでは成績は上がりません。

その知識をテストなどで、アウトプットすることも大切です。

サンライズで沢山の演習や確認テストをしたり、

点数・目標などを書いて塾内に掲示しているのはそのためです。

 

 

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

アウトプットを大切にする

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

以前は、私は、「夢や目標があれば、行動が変わる」

とずっと信じてきました。

しかし、今ではそれはほとんどの人には

当てはまらないということに気づきました。

夢を持っていても行動が変わる人はほんの一部で、

夢はあれど何も行動しない人を何人も見てきたからです。

「こんなことをしたい」と思っているだけでは夢は実現しません。

人の話を聞くだけでもダメ。

自己啓発本を何冊読んでも変われない人がいるのと同じことです。

思うだけなら誰でもできます。

その思いを行動に移して初めて、人は変わります。

夢に向かって行動を起こそうと思うなら、

「インプット」を増やすだけでなく、

夢や目標を人に話したり、紙に書き出すなどの行動=「アウトプット」

をすることが大切なのです。

ですから、サンライズでも子どもたちに目標や夢を話させたり、

紙に書かせたりすることで、

アウトプットを様々なかたちで行わせています。

様々な分野で成功した人に共通するのは、

自分の夢を必ず人に話していることです。

子どもの「ああしたい、こうしたい」という思いを

よく聞いてあげる姿勢が、夢や目標を持たせるための第一歩です。

 

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

子どもの「夢」を聞いてあげる

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

親御さんにお聞きします。

子どもが学校や塾のことを毎日のように話してくれますか?

「〇〇になりたい」などと将来の夢を話してくれますか?

例え話です。

Aちゃんのお母さんは、教育熱心です。

Aちゃんの偏差値は40台なのに、「何としても〇〇中に」と、

有無を言わせず猛烈に勉強させていました。

そして、最初のうちはいつもニコニコしていましたが、

受験が近づくにつれて笑顔が消え、

ほとんど会話をしてくれなくなっていきました。

Aちゃんが何か言おうものなら、お母さんは、

「くだらないこと言ってないで勉強しなさい」の一点張り。

ですから、「何か口にすれば叱られる」という思いが植えつけられ、

話すことさえできなくなってしまいました。

結局、親の意向で実力以上の中学ばかりを受験し、

すべて不合格という残念な結果を招いてしまいました。

本来、子どもは「あれやりたい、これやりたい」と

たくさんの夢を持っているものです。

それさえ口にできないと、子どもは心を閉ざし、

やる気など出るはずもありません。

こどもの「あれしたい、これしたい」という思いを、

頭から否定せず、「それは楽しそうだね」と、

一旦は受け止めてあげて欲しいのです。

そうすることで、子どもは、自分が受け入れられることを認識し、

「だったらもっと頑張ろう!」という自主性が芽生えるのです。

この自主性こそが、実は成績を上げるために不可欠な要素なのです。

子どもの将来について親子で一緒に考え、

文章だけでなく写真や絵もたくさん用いて目に見える形で夢を表現し、

子どもの人生観を親子で共有することで、

自己実現を促進してあげてください。

これが、お子様の夢に耳を傾け、

成績が上がるきっかけになればいいですね。

 

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

物事に感動できる心を育む

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

夢や明確な目標を持つことができれば、

子どもは自分の意志で勉強するようになります。

親や先生に、「勉強しろ」と言われて、

嫌々やっているわけではありません。

勉強が楽しくなるのです。

夢や目標を持つには、自分なりの喜びや楽しいことを見つけられる心、

物事に感動できる心を育む必要があります。

毎回プレッシャーをかけられていると、

本当は身の回りに楽しいことがいっぱいあるのに、

それを感じ取る感覚がなくなってしまうのです。

「私はこうなりたい」という夢や目標は、

楽しいと思える感覚がなければ、出てくるわけがないのです。

「もし、そうなれたら楽しい」と思うからこそ、目標にするのです。

夢や希望が持てない子が、

自主的に勉強しようという意欲を持つはずもありません。

最近は、無気力になっている子どもが増えています。

こうした子どもにまず必要なことは、感動する心を取り戻せるように、

心のケアをしてあげることです。

 

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

夢や希望をもつ

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

受験において、奇跡が起こる可能性は非常に低いです。

「偏差値30から難関校に合格!」というのは、奇跡です。

その奇跡が起こった原因は、ひとつです。

「どうしても〇〇に合格したい」という強い思いが

大きなエネルギーとなり、それが常識を覆したからです。

子どもは、ちょっとしたきっかけで、「夢や希望」ができると、

思わぬパワーを発揮することがあるのです。

 

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

「勉強はほめられるもの」と思わせる

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

サンライズでは、新しい生徒が入塾すると、

まず最初のテストの成績を上げるために、必死で取り組みます。

普段は勉強しない子であろうと、たとえ泣いても勉強させます。

どうしてそこまでするのかと言えば、最初のテストで成績が上がると、

子どもは、「勉強は嫌だけど、この先生の言う通りにしたらいいかも」と、

思ってくれるからです。

「この人は信用してもいいんだ」と思ってもらうことが、

すべてのスタートラインになるのです。

テストで成績が上がったとき、私は、

「ちょっと勉強したら、お前すごいじゃん」と言って、すごくほめます。

子どもは、「勉強って褒められるんだ」と錯覚してくれます。

そこをきっかけに、勉強に対するイメージがガラリと変わるのです。

それまで、「どうせ僕はやってもダメ」なんて思い込んでいた子どもが、

「勉強したら、意外と僕にもできるんだ」という、達成感も味わえます。

たとえそれが、ほんの小さな達成感でも、

自分が成長する喜びを実感できるのです。

そうなると、わずかでも私と子どもたちの間に信頼関係が芽生え、

私の言うことに耳を貸してくれます。

だからこそ、ドンドン成績が上がっていき、

叱ってもめげずについてきてくれるのです。

「勉強は嫌なもの」「面倒くさい」と考えていた子が、

いつのまにか、「やってみると、けっこうおもしろいかも」

「努力ってしてみるものだな」と思うようになっていきます。

親や教師との信頼関係が出来ると、

すべてのアドバイスを素直に聞いてくれるようになっていくのです。

そして勉強に対する変な思い込みやイメージを変えることで、

子どもは大きく変わっていくのです。
 
資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

岡山市北区の京山中学区,進学塾サンライズのブログです。中学受験,高校受験,大学受験に関して、塾をお探しの方向けに更新しております。お気軽にお問い合わせください。