優先順位を決める

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

塾の宿題に追われて、学校の宿題ができない

ということはありませんか?

一般に、進学塾の場合、毎週恐ろしい量の宿題が出ます。

私が通っていた塾なんかは、当時はわかりませんでしたが、

今から思うと、特に多かったですね。

学校の授業では習っていない問題を「やってきて!」

なんてことは当たり前、

家庭学習のほとんどが「宿題をこなす時間」になっているほど。

そんな状況の中、トップレベルをキープするとなれば、

宿題の内容までをマスターして、

確認テストで高得点を狙うわけですから、

学校の宿題なんてやる時間ないよ~!というわけですね。

特に、周りの同級生が、学力下位層の場合、

「みんなは学校の宿題だけでいいのに、どうして自分だけ…」

という疑問が渦巻きます。

小学生は、特にそうですね。

まず、親の役目は、混乱している子供を安心させてやること。

「できないならしなくていいよ」なんて言うことではありませんよ!

ましてや

「そんなに多いなら塾の宿題を無くしてもらうように、

ママから言っておくから!」

なんて言ってしまえば、

「なあんだ、やらなくてもいいんだ。じゃあ、やらない!」

となるのは必至です。

「安心させる」とは、「何をやるかの方針を決める」こと。

別の言い方をすれば、「優先順位を決める」ということです。

例えば「宿題は、塾の勉強を最優先!」というのはどうですか?

学校の宿題も、塾の宿題もある中で、

塾を最優先するとの方針を示すことで、少しは安心できるはず。

でも、「これって、学校の宿題はしなくていいということなの?

それとも後でやらされるのかな?」

なんて不安を同時に抱くことになります。

そこで、さらにより細かく優先順位を決める必要があるわけです。

「塾の勉強では、算数を最優先。

学校の宿題は平日5時から6時までとりかかる。」

学校の宿題をどうするのかを提示することで、さらに安心するでしょう。

宿題は5時から6時までやればいいんだ。

でも、算数以外の科目はどうなるの?

なんてことも考えるでしょうから、

さらに細かい方針を提示してやります。

「算数は宿題を完璧にする。理科と社会は決めた問題だけ。

国語は漢字だけ」

ここで気をつけるポイントは、お子さんに

「これなら、やれそう」と感じさせること。

算数は、塾の宿題を完璧にするまでやるわけですから、相当大変そう。

でも、その分他の教科は、絞った内容だけでいいみたい。

だったら、できるだろう。

そして、学校の宿題は5時から6時までにやればいいんだな。

と言った具合に、優先順位を明確に示してやることで

子供を安心させるのです。

先の目標として、受験がある以上、現実問題として、

塾の勉強が優先順位の上位にきます。

例えば、夏休みの宿題でも、学校の宿題は、

子供の処理能力を試す意味もあり、

1~2日で一気に片付ける家庭が多いようです。

いやいや、自由研究こそが本当の勉強、これは譲れないとか、

日記を毎日書くことは、国語力に役に立つなんて思う人もいるでしょう。

私も以前は同じ考えでした。

全てを完璧にしたいと思うのはいいですが、

やらされる子供はたまったものではありません。

さあ、学校の宿題、お宅の優先順位は、果たして何位でしょうか?

 
資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

復習特訓(定期テスト対策)

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

サンライズでは、テスト1か月前からテスト勉強を開始します。

中学生は定期テスト前、小学生は全国模試の前にやります。

計算特訓、英単語特訓、英語や国語の確認テストなど、

みんなそれぞれの勉強をします。

塾だけでなく、学校の提出物など、きちんと計画を立てて進めないと、

最後にバタバタすることになります。

一夜漬けや徹夜は絶対ダメですね!
資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

英語検定

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

サンライズでは、英語検定を実施しています。

毎回、ほぼ全員が合格している状況が続いています。

「問題が難しい=合格しにくい」と思われがちですが、

実際は、「あれ?これで合格しちゃうの?」という印象でしょう。

まあ、対策をしていて、点数の取り方も指導していますからね。

今年は6月に検定があります。

漢検も同じ日に実施します。

数検は9月頃の予定です。

模試と同様、小さな目標があることで、

子どもたちのやる気につながります。

また、理解度の一つの指標にもなります。

検定は、問題が難しいのですが、毎回同じような問題が出るので、

対策をしておけば、まず合格します。

対策を始めてからは、合格率が90%強です。

英検は、今のところ100%になりますね!

これからも、検定に強いサンライズを目指します。

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

親は勉強を教えない

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

お子さんの勉強を応援したいということで、

勉強を教えては見るものの、ついつい力が入って、

何度も間違えることにイライラ・・・。

挙句の果てには、「何でできないの!」と怒ってしまう。

子どもは、「え~今日も勉強するの~」と言い始め、

そのうち、「勉強しなさい!」と言わないとしなくなる。

こんな経験はありませんか?

まず、問題なのは、

お子さんがお母さんとの勉強を嫌がりはじめていること。

これはマズイです。

お母さんとの勉強が楽しくないのです。

お子さんがノリノリで「早く勉強しよう!」

となるにはどうすべきかを考えてみましょう。

なぜなら、原因は親にあるのです。

もしかして、「子どもと勉強する」=「親が教える」

にはなっていませんか?

これは、私のように職業として、

生徒に指導する側にも同じことが言えます。

どういうことかというと、

先生によって授業時間の使い方に上手、下手があるのです。

悪い例としては、時間内のほとんどを説明の時間にあてる先生。

一方的に説明しまくるので、肝心の生徒たちはシラけてしまう。

このお母さんも、これと同じ状態になっていないかと心配なわけです。

子どもの分からないところを一生懸命解説しようと四苦八苦する。

子どもにとっては、意味不明だし、退屈で仕方がない。

なのに「分かった? 分かった?」とゴリ押しで攻めたてる親。

そりゃ、楽しくないですよ!

しかも、成績が上がらなければもっと最悪!

では、うまく教えることができれば、問題はないのか?

はい、うまく教えることができるなら問題ありません。

でも、そのためには、

子ども以上に時間をかけて予習する覚悟と意志が必要です。

そこまでの覚悟がない親は、

持っている知識で小学校の間は説明できても、

中学校になるとお手上げとなったりします。

つまり親が教えるというのは、学年が上がってレベルが上がれば、

遅かれ早かれ、どこかで必ず行き詰まるわけです。

そんな行き詰まると分かって教え続けるのは、私はお勧めできません。

それぐらいだったら、親は子どもに勉強を教えなくていいのです。

教えずして、成績を上げるテクニックをマスターするのです。

まず、勉強時間内をフルパワーで頑張るのは、親ではありません。

お子さん自身です。

親の役目は、子どもがフル回転で勉強できるよう

サポートすることです。

そこで、実行してほしいのは、

教える時間よりも、自分でやらせる時間の比重をおおきくすること。

これは私も常日頃から心掛けていることです。

私も生徒に指導するときは、解説する時間なんてごくわずか。

とにかく「私って、すごい」と子供自身に思わせることが使命です。

あたかも生徒本人が自分で解けたと実感するよう、

手助けをしていきます。

ポイントだけをしっかり押さえて、

あとは、ひたすら生徒に頑張らせる。

口癖は「オ~」「スゲ~」「その調子!」「なぜそうなる?」です。

子どもは、「分かった!」と実感し、次からは解けるようになる。

さあ、子どもをフル回転させ、

「お母さんと一緒だと、なぜか解ける」と言わせてみましょう。

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

京山学区

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

朝日高校受験専門の進学塾サンライズは、

岡山市北区の京山中学校区にあります。

岡山商科大学の近く、つぼうち歯科さんのお隣で、

赤い看板が目印です。

電光掲示板とのぼりも立っています。

塾の前に広い駐車場がありますので、お車でお越しでも大丈夫です。

京山学区は、岡山の文教地区として、

京山中学校に子どもを通わせたいために、

わざわざ引越しをされる方がいらっしゃるほど、人気の高い地区です。

朝日高校生の出身中学でみると、

岡大附属中に次いで、2番目に多いです。

大体、毎年40名ほどの京山中の生徒が朝日高校に進学しています。

高い目標をもっている京山学区の子どもたちのため、

これから、その進学者数を少しでも増やすために、

私は全力で指導しております。

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

成績がよいから、やる気がある

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

「うちの子は、やる気がなくて、成績が悪いんです・・・。」

「もともと頭の悪い子じゃないから、やる気さえ出れば・・・。」

かわいそうな子どもです。

やる気がない子をかわいそうと言っているのではありません。

じゃあなぜかわいそうなのか?

それは、やる気がないと嘆いているような親では、

成績は上がらないと思うからです。

子どもに少しでもやる気があれば、成績は上がりますか?

確かに、やる気がどんどん湧き出てくれば、

成績は上がるかもしれません。

けれども、現実的には無理なのです。

そういう考えでは、やる気なんて出ません!

「子どもにやる気がなくて、成績が悪い」

と悩んでいる方に是非知っておいていただきたいのは、

「やる気」を引き出せないのは親の責任だということ。

いつも「やる気を出せ」と言っている方。

それこそが問題なのです。

考えてみてください。

もしも、あなたが仕事で上司に「もっとやる気を出せ!」

と怒鳴られたとしましょう。

そんなことでやる気って出ますか?

出ないですよね。

出るわけがありません。

「やる気を出せ」と言われたら、「やる気はある」と内心思うはずです。

子どもも同じです。

「こんな上司じゃあ、ついていけないや」と思うように、

「この親じゃあ、ついていけないや」なのです。

そもそも、やる気って自然に湧き出てくるものではないでしょう。

では、どんなときに「やる気」って湧いてきますか?

例えば、仕事で「やる気」が出るときってどんなときですか?

ちょっと、仕事がうまくいったとき!

そうですよね。

たまたまでもうまくいったときだけは、

「よ~し、もっと頑張るぞ!」って思いますよね。

実は、子どもも同じなのです。

つまり、「ちょっと、うまくいった」という状況を作り出すことができれば、

子どもの「やる気」を湧き出させることができるということなのです。

「やる気がないから、成績が悪い」という考え方は、

変えないといけません。

成績が悪いから、やる気がないのです。

極端な話、成績が上がれば、やる気は出ます。

やる気が出れば、もっと成績が上がります。

では、最後に問題。

「あの子は、やる気があるから、成績がいいのか?」

答えは・・・、違いますね。

正解は、あの子は、成績がいいから、やる気もあるのです。

サンライズでは、まず、成績を上げることを最優先します。

「わかった!」

「点数が上がった!」

という状況をたくさん作ります。

だから、みんな、やる気があるのです。

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

お金や物で釣らない

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

お子さんは、何か目標を作ると、

「頑張ったら何くれる?」が口癖ではありませんよね?

「塾長!俺さ~、今度テストで90点取ったら、

スマホ買ってもらえるんよ~!」

「〇点取ったら、先生何かちょうだい。」

あるいは、小遣いが欲しければ、

親が指定したページを仕上げないといけないようにしているとか・・・。

こういった家では、何か頑張ったり、よいことをしたりすると、

ご褒美としてお金や物をもらえるということになっているようです。

物心つく頃からずっとそうやって育てられたのかもしれません。

それで、その子にはそれが当たり前になってしまったのです。

私は、それは貧しい価値観だと思います。

ご褒美をもらうために、テストで点数を取りたい、

だから頑張る、という価値観でいいのでしょうか?

できないことができるようになりたいからがんばる、

という価値観で生きて欲しいと思います。

できないことができるようになったことや、

自分ががんばったことを素直に喜べる子であってほしいと思います。

その上、さらに周りから褒められたり、

ご褒美をもらえたりすればうれしいものですが、

それは最初に目指すべきことではないと思います。

ご褒美を最優先に求める価値観では、真の幸せは味わえません。

それは、いつも他者からの評価ばかりを当てにする行き方です。

いつも誰かに喜びを与えてもらうのを待つ生き方です。

でも、何事においても、他人には本当の評価はできないものです。

自分がどれだけがんばってできるようになったのか、

それを知るのは自分だけです。

自分で納得して、喜ぶことこそ、真の幸せではないでしょうか。

 

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

サンライズのロゴの意味

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

サンライズのロゴマークは、太陽を表しています。

あと、太陽の中に虹があるのは、わかりますか?

この虹には、意味がちゃ~んとあります。

それは、「朝日に合格する7つの条件」です。

7つの条件を虹に例え、それを揃えた太陽(サンライズの塾生)

を表しているのです。

「朝日に合格する7つの条件」とは、

HPのトップページにも書いてありますが、

1.素直なこと。

2.自分で考えること。

3.ライバル意識より仲間意識が強いこと。

4.できないという言葉を使わないこと。

5.あきらめの悪いこと。

6.塾と学校の勉強を区別しないこと。

7.目標をしっかり持っていること。

以上です。

あなたはいくつ当てはまりますか?

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

サンライズに込められた意味

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

サンライズと聞くと、「朝日高校だからでしょ!」

と思われる方もいらっしゃると思います。

でも、それだけではありません。

サンライズ(日の出)のように、

社会のリーダーとして自ら輝ける人間になって欲しいという意味と、

算(サン)数が上がる(ライズ)という意味、

そして当塾で学んだ子どもたちが「日の出の勢い」で

成績が上がるようにとの意味を込めております。

今の塾生たちは、太陽のように輝いており、

成績も日の出の如く上昇中です。

サンライズの塾生を見ていると、自信をもって言えます。

明るい未来を強く望むのであれば、すぐにご相談下さい。

あなたは、太陽のように必ず輝き出します。

資料のご請求、体験授業・入塾選抜試験のお申込は
↓からお願い致します。

問い合わせフォームヘ

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

岡山市北区の京山中学区,進学塾サンライズのブログです。中学受験,高校受験,大学受験に関して、塾をお探しの方向けに更新しております。お気軽にお問い合わせください。