「指導の様子」カテゴリーアーカイブ

小学理科・社会

小学4年生~6年生対象の理社の授業は、

小4~小6合同の一斉授業です。

「え?学年が違うのに同じ授業??」

と思われるかもしれません。

 

中学受験をする子も、しない子も、

基本的には、中学校で習う範囲をカバーするだけの内容を

勉強します。

3年間で一通りやるのではなく、

1年間で一通りの範囲を勉強し、

3年かけて高いレベルにまで仕上げていきます。

 

理科社会の内容は、

小6内容でも小4が理解できる内容が多いです。

国数英のような積み上げていく勉強ではなく、

幅広く学ぶ学問ですから、

学年問わず授業をしても問題ないのです。

 

今日は、理科で地学の「流れる水はたらき」と

「地層」についてやりました。

90分の中で、これらの単元を一気に説明します。

テキストの単元だと4~5単元分くらいでしょうか。

 

先週は、社会の地理分野、近畿地方でした。

調べ学習を中心に進めていますので、

説明せずともある程度は知っています。

 

理科も社会も、小学生にとってはやりやすい科目なので、

中学生以上に知識が増える子も出てきます。

勉強が面白いと思うきっかけは、

理社から生まれることが多いので、

毎回の授業が楽しみですね。

一方通行の授業

一斉授業の進め方として、

一方的に先生が説明をして終わるような、

一方通行の授業があります。

 

伝えたいことを全て話し、

ムダのない授業ができるのですが、

聞き手の生徒の能力によって、

授業の効果が大きく変わります。

 

一方通行の授業では、

聞き手である生徒は、常に受け身なわけですね。

聞く力が備わっていないと、

先生の言っている意味がわからず、

ノートも板書を写すだけで、

頭に入っていない子がいるでしょう。

 

「授業を理解する」ためには、

1つ1つの説明に納得しながら、

常に脳を働かせて、

考えながら授業を受ける方が、

はるかに効率が良いです。

 

この「脳を働かせて考えながら」というのが、

できない子の方が多いです。

 

サンライズでは、

一人ひとりが十分に理解をしながら授業が受けられるように、

時には時間をかけながら、生徒たちと話し合います。

みんなの前で考えを発表してもらうこともあります。

「なぜそうなるのか」

「どうすれば解けるのか」

を“考えながら”、授業を聞くようにさせています。

 

記憶に残らない授業は、

やる方も、受けた方もムダになってしまいます。

 

多人数の中では、

自分一人が聞いていなくても授業は進みます。

 

サンライズでは、少人数で授業をやっているので、

一人でもぼーっとしていたり、

授業を聞いていなかったりすると

すぐに分かってしまいます。

全員、真剣な眼差しで講師の方を向き、

一言一句聞き逃さないように集中しています。

 

だから、授業の最後の質疑応答の時間では、

全員が質問をするようになるのです。

授業を理解し、「なぜ?」と考えていないと、

質問など出てきませんよね?

 

「常に考えながら授業を受ける」

これがサンライズ式の授業です。

春期講習会

春期講習会4日目。

最初はもたついていた新年度の学習プログラムに

ようやく慣れてきたようで、

みんなガンガン問題を解きまくっています。

新入塾生も「こんなに勉強したことがない・・・」と

衝撃を受けたようですが、少しずつ慣れてきたようです。

長い子は8時間以上、一日に何百問も解いて解いて解きまくる・・・。

それだけ皆やるわけですから、1日、2日休んだ子との差は歴然です。

こういう日々の積み重ねが、何ヶ月か後には追いつけないほどの差に

なって表れてきます。

いや、既に子どもたちは気づいているようです。

苦手な科目がドンドン理解できていることに。

努力が着実に身になるような勉強は、案外地味なものです。

それに慣れてしまえば、勉強のコツがわかり、

勉強が面白くなってきますよ。

できない理由を考える前に、どうやってできるかを考える

毎日、誰かしら自習をしに来ております。

テスト勉強をしている子、漢検の対策をしている子など・・・。

自分で決めた計画通りに進めているようです。

さて、そのうちの一人、Aくんについて。

Nくんは、習い事がたくさんある、とても忙しい子です。

ピアノ、習字、○○、・・・そして塾です。

週2回の授業に加えて、他の習い事・・・忙しいですね~。

でも、この子は、うちの塾に、週3回来ています。

つまり、他の習い事がない日には、毎日塾に来ていることになります。

多いときには、週4回来ることもあります。

その時は、他の習い事をした後に、来ているそうです。

当然、成績も優秀です。

習い事があるから「できない」ではなく、

できるようにするには、「どうやってできるか」

を考えることが大切ですよ。

ある日の指導の様子

塾で指導した解法と違うやり方で解いていたKくん。

そのため、ほとんど間違えています。

このときの対応の仕方で、子どものリアクションが変わります。

あなたは、AとBどっち?

A 「違う違う!そうじゃない!何度言ったらわかるの!?」

B 「〇〇の方法でやったら、これだけ間違えているよね。じゃあ、△△の方法でやったら、どう?全部正解しているよね。じゃあ、どちらの方法がいいと思う?」

塾と家庭で指導した解法が異なると、

子どもが混乱することがあります。

ご注意を。