「塾長の指導観・受験観」カテゴリーアーカイブ

「いくら勉強しても成績が上がらない子」の10パターン

塾に通わせて、

「わずか数カ月で成績がグングン上がる子」

になれば、その塾がお子さんに合っていたということです。

 

判断が難しいのは、

「上がったり、下がったりを繰り返す子」

ですね。

 

塾が合っているのかどうかもわからず、

このまま続けていても果たして大丈夫なのか・・・。

 

大抵の場合は、

やる気になるまで(芽が出るまで)に

時間がかかることが多いのですが、

やり方が間違っているのにも関わらず、

いつまでもそれを続けていたとしたら、

無駄だと思います。

 

 

もっとわかりやすいパターンがあります。

それは、

「長時間大量に演習しても、成績が上がらない子」

(あるいは下がる場合も)です。

 

そこそこ勉強はできる、成績が中あるいは中の上の子に

多いと思います。

 

どうでしょう?

以下の項目に3つ以上該当すれば、

早急に対策を考える必要があります。

 

・「自分はそこそこできる」と思っている。

・問題を解く際に、分からない場合、ずっと考え込んでいる(結果できない)。

・問題を解く際に、分からなければ答えを見て、出来た気になっている。

・名称を覚えることと、理解することの違いがわからない。

・基本的な問題は解けるが、応用問題はサッパリ。

・今も昔も苦手教科は変わらない。

・授業で何を勉強したのか覚えていない。

・学校の宿題に追われている。

・社会や英語は暗記科目だと思っている。

・自己診断テストの前日にテスト勉強をしている。

 

どうでしょう?

かなり多くの人が当てはまるのではないかと思います。

今は成績がいいから大丈夫と思っていても、

上記に当てはまるものがあれば、

いずれ落とし穴にはまる可能性がありますよ。

「立ち入らない境界」を作らせない

社会や英語は暗記科目だと言う人がいます。

確かに、社会は小学校や中学校では、

ほとんどが知識の羅列といえます。

理科も、生物・地学はほとんどが、

化学も多くは「名称を覚える」学習になっています。

例外的に物理だけが、

理論を教えているように見えます。

そのためか、物理が不得意な子が多いです。

朝日高校といえども、その平均点は、

まるで全くやる気のない子がテストを受けたかのような結果です。

おそらく、物理を勉強している子には

「覚えることがないから、勉強の仕方がわからない」状態なのでしょう。

 

 

「とにかく覚えなさい。理解はその後でいいから」というシステムは、

昔から続いています。

例えば九九。

九九のお陰で、計算が早くなり、

算数ができると感じるようになった人は多いでしょう。

(いや、そもそも何も感じないかも・・・)

 

 

 

しかし、九九が出来ることが、

かえって数字を取り扱う頭脳には

マイナスになるのではないでしょうか?

頭の中で、数字の操作をイメージできる感覚を養うことが

算数では、最も大切なことです。

九九は、数字の処理方法を「音」で記憶させてしまうので、

この算数の大事な感覚を遠ざけることになります。

 

 

知識を覚えることは、別に悪いことではありません。

沢山の知識を覚えていれば、人に自慢できるだろうし、

親も子どもが名称を沢山覚えていたら褒めてやりたくなるでしょう。

 

 

それでも、これからは今まで以上に

大きな問題になってくると感じています。

名称を覚えることで満足し、

それ以上を理解しようとする気持ちを

無くしてしまう傾向があるからです。

言葉を覚えることで、無意識のうちに

「立ち入らない境界」を作ってしまう。

名称を知っていることと、それを理解している事とは同義ではない、

という認識を常に持つ必要があるのです。

成績が上がる子・成績が上がらない子

あくまで経験則ですが、

成績が上がる生徒と上がらない生徒の特長を挙げてみます。

 

◆成績が上がる生徒

・目標が明確になっている。

どうしても行きたい学校がある子は、苦労を惜しまず勉強します。時間が足らないと思ったら、時間を作ってやっていますね。

・志望校合格がゴールではないということを理解している。

模試の志望校判定などで、合格の可能性が高いとか、学校の成績でそこそこ良いと思っている子は、「合格」が最終目標なので、ある程度可能性があると思ったら、それ以上の努力をしようとはしません。

・今の自分の状況に満足していない。

自己肯定感がないということではありません。周りからみて成績が良いという子でも、その子にとっては、色々な課題・反省点があるものです。「これでいい」と思ってしまえば、それ以上やる気にはなりません。

・楽しそうに勉強している。

周りから見ても、「あの子は調子が良さそう」というのがわかるものです。楽しそうなのか、つらそうなのかは、表情を見ていればわかります。

・周りのことはあまり気にならない。

集中していれば、周りは気になりません。逆に集中できない子は、周りが気になって仕方ないです。

・勉強だけしているわけではない。

ずっと勉強している子よりも、何かに打ち込んでいる子の方が成績が上がることが多いです。

 

それに対して・・・

◆成績が上がらない生徒

・受験校が決まっていない。

・トレードオフの関係を持ち出して言い訳をする。

・無駄な時間をかけている。

・「自信がない」が口癖

・友だちに足を引っ張られている。

・・・まあ、挙げればキリがないですね。当然だと思います。

後伸び力

結局、サンライズの授業を通して、

何を鍛えているのかといえば、

将来の大学受験に向けた勉強を始めた時に、

どこまで伸ばせるか、どれだけ吸収できるか、

その「後伸び力」を鍛えていることになる。

目の前の勉強はおのずと結果がついてくる。

 

理論的には、高校生になる段階で、

ゼロから始めても難関大学は目指せるだろうが、

問題は、それまでのいい加減な勉強習慣から

脱却できるかどうか。

勉強のやり方すら知らないのに、

時間をかけても無駄に終わるからだ。

小学生・中学生でどのような勉強してきたか、

それが顕著に結果に表れるのが高校生だと思う。

朝日高校の過去問に取り組む時期

学校説明会が終わり、

受験生であれば、そろそろお尻に火がついてきた頃でしょう。

受験対策として、まず思いつくのが過去問をやることだと思います。

「過去問しかやることが思いつかない」

という人もいるかも。

 

そうなると、今から朝日高校の入試問題が解けるかどうか、

試しにやってみたくなりますよね。

もう既に何年分もやっている人もいるかもしれません。

 

朝日高校の過去問をやる時期は、早くても2カ月前、

つまり年が明けてからでも十分です。

サンライズは、もっと入試ギリギリでやっていますが。

 

早くやったからといって、学力が上がるわけでもありません。

過去問は出題傾向はつかめますが、

学力を上げる教材にはならないのです。

 

傾向を掴むなら、過去問を解かずとも、

先生に聞いた方が早いです。

春期講習会

春期講習会4日目。

最初はもたついていた新年度の学習プログラムに

ようやく慣れてきたようで、

みんなガンガン問題を解きまくっています。

新入塾生も「こんなに勉強したことがない・・・」と

衝撃を受けたようですが、少しずつ慣れてきたようです。

長い子は8時間以上、一日に何百問も解いて解いて解きまくる・・・。

それだけ皆やるわけですから、1日、2日休んだ子との差は歴然です。

こういう日々の積み重ねが、何ヶ月か後には追いつけないほどの差に

なって表れてきます。

いや、既に子どもたちは気づいているようです。

苦手な科目がドンドン理解できていることに。

努力が着実に身になるような勉強は、案外地味なものです。

それに慣れてしまえば、勉強のコツがわかり、

勉強が面白くなってきますよ。

県立高校入試の面接

今日は入試2日目。

面接の日です。

塾生たちには、サンライズ恒例の

面接対策を施しましたので、

当日の面接は事前に準備された想定内の質問だったようです。

「対策した質問通りでした!」は、

毎年塾生たちから出る言葉です。

ところで、昨日の一般入試は、やりやすかったようですね。

「満点かもしれない!」

「余裕過ぎて、10分くらい時間が余りました」

「数学楽勝でした。」

「事前に対策した自由英作文は、自信があります」

等々。

これで、全員合格だといいですね。

明日から県立高校入試

中学受験が終わり、

大学受験が終わり、

いよいよ明日が、県立高校の一般入試です。

前日ですので、やるべきことなどありません。

いつものように、粛々と問題を解くだけ。

前日は社会をやる子が多いですね。

言われなくても、明日が入試日で、嫌でも緊張感が高まるので、

できるだけ、普段の空気を作りました。

なぜか、早押しクイズのリクエストがありましたが(笑)

一番ホッとする言葉が、Mくんの

「国語はバカみたいに問題解きまくったから、一番安心できる」

ですね。

半年前までは、「国語が全然解けない!」と叫んでいたのにね・・・。

“沢山問題を解いたから、解けない問題がなくなった”

という状況が、入試前に一番安心するんです。

言うのは簡単。

それをさせられるかどうか、です。

小学生、中1、中2は既に、準備を始めました。

「演習量はサンライズが岡山で一番!」

と言われる位でないとダメだと思っています。

入試の倍率

受験が近くなると、受験者の人数や倍率が気になる方も

多いようです。

例えば、岡山大安寺中等教育学校は、

定員160人のところ、受検者617人で、倍率は3.86倍

岡山朝日高校は、まだ確定はしていませんが、

定員360人に対して、希望者440人で、倍率は1.22倍

大安寺を受検する人には、受検者数だけでも

合格する気がしなくなるかもしれません。

かなり高得点を取らないといけないと思うでしょう。

また、朝日高校は、大安寺と比べると倍率が低く見えて、

簡単に合格するように見えるかもしれませんが、

受検者は、昨年の倍率1.07倍と比べて上がっていることに、

不安を感じているかもしれません。

 

一方、東京大学の理科1類の倍率は、2.66倍。

大安寺より倍率が低いからといって、

合格しやすいわけではないですよね。

 

そういったものに不安を感じないようにするためにはどうするか。

サンライズでは、

上位で合格するだけの学力を身につけさせます。

 

「受けてみないとわからない」状況で受検させるのではなく、

ある程度合格の見込みがある状態で受検しているので、

倍率は余り気にしません。

 

受検する子の中には、

受験直前にも関わらず、遊んでいる子もいます。

学力が届かないのに「記念受験」する子もいます。

合格のボーダーラインは、満点ではありません。

意外と低いです。

周りの情報に惑わされないことも大切ですね。

フランチャイズのラーメン屋

1

ラーメン好きで、週5は食べているように思いますが、

以前、某フランチャイズのラーメン屋に行ったことがあります。

いつもは近所の店に行くのですが、

その日は仕事の関係で少し離れた別の店に行きました。

同じ看板ですから、同じ味だろうと思って行きましたが、

全然違う・・・。

 

こんな経験ありませんか?

 

 

フランチャイズでも結局は、作る人によって変わってくるんですよね。

結局は、人なんです。

飲食店の中でも、やはり美味しいと思う店は、

個人でしている場合が多い、いや、個人でしょ!

 

お腹が空いてて、探すのが面倒くさい、もうここでいいや!

という時には便利です。

誰もそういう店に味の云々を求めては行かないでしょう。

でも、美味しいものに出会いたい、並んででも食べたい人は、

時間をかけて探します。

いいものを作るのには手間がかかるのと同様、

いいものを探すのにも手間がかかります。

 

塾も同じです。

岡山の個人塾は、皆さん力量のある塾さんばかりです。

うちの塾がベストだとは言いませんが、

自分にとってベストな塾を色々と探してみる価値はあると思います。

 

大手塾やフランチャイズ塾は、手間を省きたい方が通う塾でいいと思います。

 

大手塾に愛想を尽かしてうちに通ってきた塾生は沢山いますが・・・。