「勉強ができる子の育て方」カテゴリーアーカイブ

子どもの成績を見てイライラしない最善の方法

お母さんは、お子さんの成績を見て、

ため息が出ることはありませんか?

「こんな問題が解けなかったの?」

「やる気があるの?」

「何度言えば分かるの!勉強しなさい!」

 

お母さんがイライラしてしまう原因として、

親が子に対して暗に求めている「学力のハードル」があります。

そのハードルを超えないと、親は不満に感じます。

・ ○○高校に行って欲しい。そのためには、成績が足らない。

・ 学年で10番以内に入って欲しいが、本人にはその気がない。

・ せめて○点は取って欲しいが、そこまでに達していない。

 

もちろん、そのハードルが非常に高くても、子どもの学力が高ければ、

お互いストレスを感じることは余りありません。

偏差値55程度の子に対して、偏差値65のハードルを課すのは

酷な事です。

平均点はあるけれど、基本はまだ十分身についていない訳ですから、

トップレベルの成績を目指すには時間がかかります。

 

そんな時は、思考を修正すると良いです。

・偏差値が55だったから、2カ月後に58を目指すようにさせよう。

⇒58なら、あと10点足らないな。

⇒10点取るには、この問題とこの問題を解ければ大丈夫だな。

⇒そのためには、これとこれを頑張るようにアドバイスしよう。

 

ハードルを下げて、具体的な勉強をアドバイスする。

これができるかどうかで、その後の成績が変わってきます。

是非、試してみてください。

 

 

 

子どもが勉強できる環境づくり

勉強しているつもりでも、意外と点数に繋がらない勉強になっている子もいます。

詰めが甘かったり・・・

はるかにやる量が少なかったり・・・

そもそも問題を解くだけで終わっていたり・・・

勉強の「当たり前」が「当たり前」でないこともあるのです。

え?あり得ないでしょ!?ということを実際にやっていて、

“頑張ったのにできない”と思っている子もいるのでは?

実際の例として挙げますが、皆さんはできていますか?

・問題を解いた後に答え合わせをしない。

・間違えた問題は答えを写すだけ(なぜ間違えたのか検証しない)

・間違えた問題がはたして出来るようになったのか、確かめない。

まずこれだけでもできているかどうかで、

実力を測ることができます。

成績が上がる子は、トコトンやります。

人には、それぞれ「コンフォートゾーン」=心理的に快適な場所

があります。

「60~70点」をコンフォートゾーンとしている子は、それ以上の点数は取れません。

そんな子は30点を取ると「ヤバい!」と感じます。

コンフォートゾーンから外れるからですね。

また、「60~70点」がコンフォートゾーンの子が、80点を目標にしようと思うと、これもコンフォートゾーンから外れるわけです。

ですから、「今までの勉強法」「今までの勉強量」では達成できません。

コンフォートゾーンを打ち破るしかないのです。

つまり、やり方を変えたり、量を増やしてみるということですね。

例えば、やり方を変えるなら、

「ワークを全部やった」⇒「終わり」から

「ワークを全部やった」⇒「念のためにテスト」⇒「間違いを直す」

という流れに変える、などですね。

周りの環境を変えることも大切です。

周りの子が勉強し出すと、本人も勉強し始めるものです。

※サンライズの「復習特訓」は子どものコンフォートゾーンを変えるために実施しています。

能力があるのに成績が伸びない例として、

・成績の振るわない子に囲まれている。

・時間があればスマホをいじったりして、勉強に集中できない。結局は成績が伸びなくて、志望校変更

などですね。

少しでも変えたい!と思うなら、

まずは自分自身を勉強する環境に置くことが大切です。

刺激

子どもというのは、同じ難易度のものを繰り返し続けていると、

やがて飽きてしまう生き物です。

解ける問題をひたすら解くのは、やり方が分かっているので、

同じ方法を当てはめて答えを出すだけの

単なる“作業”になってしまいます。

これは面白くありません。

 

本日、中間考査の勉強をしていたUくん。

数学の問題に飽きたのか、ぼんやりする時間が増えてきました。

さっそく塾長に呼び出されます。

塾長「U,お前全く集中できていないな。」

U「いや、ちゃんとやります。」

塾長「言われてからじゃ遅い!塾長の目の前で勉強しろ」

しぶしぶ塾長の前でやるU。

塾長「U、その問題は易し過ぎないか?解ける問題をいつまでも解くんじゃない。もっと刺激のある問題を解きなさい。」

U「じゃあ・・・。このレベル位を・・・。」

塾長「いやいや、もうちょっと高く・・・。」

成長を促すためには、ちょっと背伸びをすれば届くような難易度のものを与えることが必要です。

教材選定は、簡単にできるものではありません。

経験を積む必要があります。

適切なタイミングで、適切な教材を与えることができれば、

子どもはドンドン刺激を受けて、伸びていきます。

読書

小学校1年生の男の子が、

お迎えを待っている間に本を読んでいます。

漫画の日本の歴史を読む子

学校で借りてきた物語本

読むジャンルは様々です。

 

 

良いと思う本は、漫画であってもOK。

とにかく色々な本に出会わせること。

本を通じて、様々な世界を見せてあげることで、

子どもの頭の中にある「器」はドンドン広がります。

 

そういえば、朝日高校生は、比較的読書量が多いですね。

朝日高校に合格するための動機付け

どんなに頭が良くても、

どんなに真面目でも、

結局は、勉強に対して、

意志をもって取り組んでいる者には敵わない。

 

良い成績が出ないのは、勉強しないから。

勉強しても成績が上がらないのはやり方が悪いから。

でも、結局は、本人のやる気次第でしょ?

 

と、思っている人に尋ねたい。

じゃあ、そのやる気が出るのをずっと待ちますか?

尊敬できる大人に出会えるのも、

将来の夢が持てるようになるのも、

行きたい高校や大学が見つかるのも、

全てのきっかけは、周りの大人が与えられるのではないか。

 

子どもの学びたいと思う気持ちを育てることが、

一番大切なことだと思うのです。

 

知的好奇心をくすぐるきっかけを何か与えていますか?

算数を勉強しているのに、算数ができなくなるわけ

・計算が得意だが、文章題は苦手。

・基本問題は解けるが、応用問題はさっぱり解けない。

・方程式はわかるが、図形問題が苦手。

以前から算数が苦手な人は多いでしょうが、

以前は算数が出来ていたのに、学年が上がると段々解けなくなる子も

少なからずいるようです。

算数の中でも、計算はとても大切ですし、

計算ができないとなかなか点数に結びつきません。

しかし、計算力はあくまで算数・数学の一部です。

算数は、計算のみをひたすら解くだけの機械的な学問ではありません。

計算はあくまで解くための道具で、算数の楽しさ、奥深さは、

それだけでは感じることはできません。

 

答え合わせをしてもらって、解いた答えに×をするだけでは、

子どもの知的好奇心をくすぐることはないでしょう。

子どもは、ただ、間違えた答えとは異なる答えを当てはめて、

それがたまたまあっていれば正解、で終わってしまうのです。

 

それが勉強と思い、習慣化された結果、

冒頭のような算数が苦手な子になるのです。

お子さんのプリントやノートを見てください。

×が3つも4つもついていませんか?

なぜそれが答えになるのか説明できますか?

 

算数の勉強をしていても、算数が苦手になることはあるのです。

いつまで算数ができなくなる方法をやらせますか?

朝日高校が求める生徒像

受験生にとっては、この夏は弱点を克服し、

自分にとって足りない部分を強化する時期です。

特に、中1・中2の間で取りこぼしが多い人は、

ここで追い付きたいですね。

朝日高校が求める生徒像として、

・基本的な生活習慣・学習習慣が身に付いている生徒

というのがあります。

優等生にとっては、当たり前のことですが、

今一つピンと来ない人もいるかもしれません。

朝日高校の生徒にふさわしい人とは、

朝日の勉強についていける人のことです。

よく分からない人にとっては、逆に「求めていない生徒像」を

挙げるとわかりやすいかもしれません。

「規則正しくない生活習慣」

・夜遅くまでTVやゲームをして、寝不足になる。

・学校の授業中は居眠り。

・帰ってもすぐに寝るので、予習や宿題がろくにできない。

「学習習慣が身についていない」

・勉強時間はほとんどなし。1日3時間?ムリムリ!

・宿題に時間をかけ過ぎ。結果、時間が足りない。

・勉強しないので、効率も悪い。

・毎日予習?毎日したことがないので、できません!

 

中学校の成績がそこそこ良くても、ほとんどの子の学習は、

高校になれば通用しないことが多いでしょう。

多くの高校生は、高校入学までに基本的な学習習慣や

学習効率の改善がなされていないため、

勉強がうまくいかないのです。

 

例えば、サンライズの夏期講習会(14日間)ですが、

小1は、1日あたり2~3時間で30時間の子がいます。

小3は、40時間。

時間は学年に比例して、増えていきますが、

小6位になると、100時間以上の子もいます。

中3受験生は、期間中は朝10時~夜9時までみっちり勉強。

ここで、ドン引きする人もいるようです。

いきなり、この時間やれと言われれば、

そうなるのも無理はありません。

学年トップ、そしてその先の朝日高校上位合格を目指すのですから、

できないことを出来るようにするのに、

ちょっとやそっとやったくらいでは追いつけないのです。

サンライズの当たり前は、朝日高校でも当たり前だと思って頂いて、

間違いはないと思います。

やる気とモチベーション

辞書的に言えば、

やる気は、

「物事をやろうとする気持ちや欲求」であり、

モチベーションは、

「やる気を起こしたり、何かをしようとするための刺激や動機づけ」

である。

 

勉強において、やる気やモチベーションの事がよく話に出てくるが、

はたして、「やる気」とは何だろうか?

「モチベーション」とは何だろうか?

 

色々話を聞いていると、おそらく、

やる気とは、

「自ら勉強をしたいと思うこと」と思われているように思える。

それに倣い、モチベーションとは、

「勉強をしたいと思う気持ちが起こること、あるいは続くこと」

となる。

 

しかし、実際指導していて、大人が思うように、

純粋に「勉強がやりたい」と思う子はいるのだろうか。

自分が子どもの時にそう思っていない人の方が圧倒的に多いはずだ。

 

やる気とは、

「いかなる理由があっても、勉強をしようとする気持ち」に

他ならない。

・明日までにやらないといけないからやる。

・高校に進学したいから(やらなければ受験で合格できないから)やる。

とにかく、やらなければならない理由があるから、

勉強をしようと思うのが、「やる気」なのではないか。

そして、

・やらないと叱られる。

・やらないと恥ずかしい思いをする。

・やらないと夢が叶わない。

など、ネガティブなものではあるが、そういったものが、

「モチベーション」になっている人もいると思う。

もちろん、ずっとそういうことがモチベーションになっていては、

長続きしない。

精神的に成長していく中で、自分の目標が見つかったり、

褒められり、成績がよくなったりがあって、

プラスのモチベーションに変わっていくこともある。

 

昔、こんな話を聞いたことがある。

早稲田大学に合格した女の子が、自分の勉強を振り返って、

「自分が本当にやろうと思って始めたのは高3の時だけだった。

それまでは、親にめちゃくちゃ勉強させられた。

でも、今思えば、それがあったから、合格できたんだと思える。

だから、親に感謝したい。」

 

こういう話をすると、「鞭打ってでも、とにかく勉強をガンガンさせればいい」と偏ったとらえ方をされそうに思うが、それは、違う。

 

まだ精神的に幼いうちに、壮大な目標を掲げて、

自ら勉強をするような子になるのをじっと待っていても、

その時が来ることはないだろう。

 

いつか、自分で「やろう!」と思う時がくる。

それまでは、大人がしっかりとサポートして、

勉強をさせていけばいい。

 

一見、やる気がなさそうに見えても、

実はみんな「やる気」は持っている。

 

実際、塾で、

「やる気がないなら、塾を辞めてもいいし、

無理に勉強しなくてもいい。」

と言って、辞めた子はいない。

大抵、

「いいえ!やります!この塾で勉強したいです。」

と返ってくる。

 

人間誰しも、気持ちがダレてくる時がある。

その時に喝を入れると、目を覚ますことが多い。

「厳しい塾」でなくなった時は、

もう子どもたちの「モチベーション」をあげられなくなった時かなと。

スロータイプ

学校の宿題や塾の宿題などで、

人それぞれ、同じ課題量でもかかる時間が異なります。

早い子もいれば、時間がかかる子もいます。

同じ課題量であれば、できるだけ早い時間で終わられせられれば、

それに越したことはありません。

理想ですね。

勉強でつまずいている子は、比較的時間がかかります。

分からない問題が多ければ、なかなかスッと解けないのですから、

当然ですね。

 

しかし、中には、成績は非常に良いのに時間がかかる子もいるのです。

他の子が10分でできる課題が30分かかるとか。

なかなか課題が進まないので、苦労は大きいです。

しかし、こういうケースを、前述の「勉強でつまずいている子」が

時間がかかっているケースと同様にとらえてはいけません。

「遅いから、よくない」と考えてはいけないということです。

実際、そういう子に早く解くように働きかけたことはありますが、

結果的に早くなることはありませんでした。

 

「うちの子は宿題に時間がかかり過ぎる。

どうすれば早く終わらせられるようになるか?」

と悩む前に、次のように考えてみてはどうでしょう。

 

一般的に、学習が定着するには、復習が必要です。

概ね3回程度は復習しないと定着しないでしょう。

例えば、ある課題が10分で終わったとします。

でも、それだけでは理解は十分できないので、

2回目、3回目と復習します。ここまでで30分。

中にはもっともっと繰り返さないと定着しない場合もあるでしょう。

(復習のタイミングによるのですが)

 

しかし、中には、1回で理解できる子もいます。

復習した気配はないのに、テストではできている。

そういう子は、1回の時間が長い場合が多いです。

 

1回の時間が長くても、復習も含めて長い目で考えれば、

むしろその方が良いとは思いませんか。

(実際は、見ていてイライラすることもあるかもしれませんが)

 

つまり、何回も繰り返してようやく理解する子もいる中、

じっくりと取り組んで、1回で理解する子もいるということです。

 

我が子をよく見て、もしそういうタイプだと思ったら、

勉強スタイルの見直しも考えられると思います。

子どもが賢く成長する親のGood行動トップ10

先日の記事

「子どもが賢くならない親のNG行動トップ10」

について、名門公立高校受験道場でお付き合いのある後藤先生が

以下の記事を書かれていました。

■子どもが賢く成長する親のGood行動トップ10

1.結果のみでなく子どもの普段の頑張り・努力の過程をしっかり見て評価してあげる

2.子どもの過去ではなく、未來の夢・そのために今やるべきことを一緒に語り合う

3.謙遜ばかりせず、場面によっては子どもの良いところをしっかり言葉にして伝える

4.普段の声かけ・適度の目標の設定等で、子どもがやる気になるように仕向けることができる

5.学習計画を子どもが自分で立てられるように協力する。基本的には子どもを信用して任せて、毎日口うるさく点検したりしない

6.勉強と部活や習い事等の両立をできるように協力する

7.常に子どもと会話をきちんとすることを心がける。子どもが気持ちをうまく伝えられない時も、イライラしないでじっくり聞いてあげる

8.子どもが落ち込んでいる時は、デーンと構えて明るく包み込んであげる

9.常に夫婦円満を心がけ、子どもの前で喧嘩をしたりしない

10.子どもは自分とは別個独立の存在だと認識し、親のエゴを押し付けない

確かに、これらを実行するのはかなり大変ですね。

いきなり完璧を目指すのではなく、

少しずつでも意識して子どもと接することで、

プラスの方向に向かいます。