「効率の良い勉強法」カテゴリーアーカイブ

問題の解き方一つで成績の伸び方が変わる

成績が伸びている子と成績が伸びない(下がる)子の差は、

問題の解き方を見ていると違いが表れています。

そもそも、宿題をしない子は、その分演習量が少ないので、

わからなくなっていくのは当然です。

ここでは、勉強をしている=問題を解いているにも関わらず、

伸びない子の特徴を述べたいと思います。

一般的には、

①問題を解く⇒②答え合わせをする

の流れですね。

小学校高学年くらいになれば、答え合わせまで

自分でできる子もいるでしょう。

実は、多くの子は、この答え合わせがきちんとできないために、

なかなか学力が伸びないです。

きちんとできない例をいくつか挙げます。

 

1.答えが間違っていたら、赤で答えを写す“だけ”

入塾したばかりの子に多く見られるのが、このやり方です。

答えを赤で書いて、そのままにしてしまっているんですね。

「じゃあ、なんでこの答えになるの?」を聞くと、

大抵は、答えられません。

できる子は、間違えた問題は、もう一度自力で解いてみるか、

分からなければ質問したり、解説を読むことによって、理解をし、

もう一度解きます。

「決して答えを見ながら写す」ということはしません。

 

2.答えが間違っているのに、○をする。

きちんと勉強しているのにテストで結果が出ない子は、

間違ったことを覚えている可能性があります。

英語のスペル、漢字のミスなど、自分では合っていると思い、

○をしてしまうのです。

自分の答えが間違っているかも・・・と疑いながら、

答え合わせを慎重に行う必要があります。

まだ答え合わせに慣れていない子によく起こる現象です。

 

3.一度解くだけで、間違えた問題を復習しない。

間違えた問題が、その時は理解できたとしても、

しばらく経つと忘れていることだってあります。

間違えた問題ができるようになることで、成績が伸びるのですから、

解けるようになるまで、きちんと復習をしましょう。

 

4.宿題を出すことが目的になり、問題をいい加減に解く。

宿題をしなくてはいけない、と思っている子は、

なかなか伸びないでしょう。

宿題の目的がよく分かっていない、もしくは納得していないからです。

ですから、つじつまを合わせるために、

さもやっているかのように見せて、

問題を飛ばしていたり、答えを写しているだけだったりするのです。

もちろん、これでは成績が伸びることはありません。

 

5.調べたり、人に聞いたりして解けた問題が、自分で出来た気になっている。

初めて勉強する内容は、誰しも分からないことがあります。

分からなかったら、調べたり、質問して解決しますよね。

その問題も、問題にチェックを入れて、後で復習をすると良いでしょう。

 

効率良く勉強するためには、

以上のことがきちんとできていることが前提です。

サンライズでは、入塾したての子には、

まず、このような勉強の仕方をみっちりと教え込みます。

それが、成績を伸ばす最短の方法だからです。

子どもが勉強できる環境づくり

勉強しているつもりでも、意外と点数に繋がらない勉強になっている子もいます。

詰めが甘かったり・・・

はるかにやる量が少なかったり・・・

そもそも問題を解くだけで終わっていたり・・・

勉強の「当たり前」が「当たり前」でないこともあるのです。

え?あり得ないでしょ!?ということを実際にやっていて、

“頑張ったのにできない”と思っている子もいるのでは?

実際の例として挙げますが、皆さんはできていますか?

・問題を解いた後に答え合わせをしない。

・間違えた問題は答えを写すだけ(なぜ間違えたのか検証しない)

・間違えた問題がはたして出来るようになったのか、確かめない。

まずこれだけでもできているかどうかで、

実力を測ることができます。

成績が上がる子は、トコトンやります。

人には、それぞれ「コンフォートゾーン」=心理的に快適な場所

があります。

「60~70点」をコンフォートゾーンとしている子は、それ以上の点数は取れません。

そんな子は30点を取ると「ヤバい!」と感じます。

コンフォートゾーンから外れるからですね。

また、「60~70点」がコンフォートゾーンの子が、80点を目標にしようと思うと、これもコンフォートゾーンから外れるわけです。

ですから、「今までの勉強法」「今までの勉強量」では達成できません。

コンフォートゾーンを打ち破るしかないのです。

つまり、やり方を変えたり、量を増やしてみるということですね。

例えば、やり方を変えるなら、

「ワークを全部やった」⇒「終わり」から

「ワークを全部やった」⇒「念のためにテスト」⇒「間違いを直す」

という流れに変える、などですね。

周りの環境を変えることも大切です。

周りの子が勉強し出すと、本人も勉強し始めるものです。

※サンライズの「復習特訓」は子どものコンフォートゾーンを変えるために実施しています。

能力があるのに成績が伸びない例として、

・成績の振るわない子に囲まれている。

・時間があればスマホをいじったりして、勉強に集中できない。結局は成績が伸びなくて、志望校変更

などですね。

少しでも変えたい!と思うなら、

まずは自分自身を勉強する環境に置くことが大切です。

算数を勉強しているのに、算数ができなくなるわけ

・計算が得意だが、文章題は苦手。

・基本問題は解けるが、応用問題はさっぱり解けない。

・方程式はわかるが、図形問題が苦手。

以前から算数が苦手な人は多いでしょうが、

以前は算数が出来ていたのに、学年が上がると段々解けなくなる子も

少なからずいるようです。

算数の中でも、計算はとても大切ですし、

計算ができないとなかなか点数に結びつきません。

しかし、計算力はあくまで算数・数学の一部です。

算数は、計算のみをひたすら解くだけの機械的な学問ではありません。

計算はあくまで解くための道具で、算数の楽しさ、奥深さは、

それだけでは感じることはできません。

 

答え合わせをしてもらって、解いた答えに×をするだけでは、

子どもの知的好奇心をくすぐることはないでしょう。

子どもは、ただ、間違えた答えとは異なる答えを当てはめて、

それがたまたまあっていれば正解、で終わってしまうのです。

 

それが勉強と思い、習慣化された結果、

冒頭のような算数が苦手な子になるのです。

お子さんのプリントやノートを見てください。

×が3つも4つもついていませんか?

なぜそれが答えになるのか説明できますか?

 

算数の勉強をしていても、算数が苦手になることはあるのです。

いつまで算数ができなくなる方法をやらせますか?

スロータイプ

学校の宿題や塾の宿題などで、

人それぞれ、同じ課題量でもかかる時間が異なります。

早い子もいれば、時間がかかる子もいます。

同じ課題量であれば、できるだけ早い時間で終わられせられれば、

それに越したことはありません。

理想ですね。

勉強でつまずいている子は、比較的時間がかかります。

分からない問題が多ければ、なかなかスッと解けないのですから、

当然ですね。

 

しかし、中には、成績は非常に良いのに時間がかかる子もいるのです。

他の子が10分でできる課題が30分かかるとか。

なかなか課題が進まないので、苦労は大きいです。

しかし、こういうケースを、前述の「勉強でつまずいている子」が

時間がかかっているケースと同様にとらえてはいけません。

「遅いから、よくない」と考えてはいけないということです。

実際、そういう子に早く解くように働きかけたことはありますが、

結果的に早くなることはありませんでした。

 

「うちの子は宿題に時間がかかり過ぎる。

どうすれば早く終わらせられるようになるか?」

と悩む前に、次のように考えてみてはどうでしょう。

 

一般的に、学習が定着するには、復習が必要です。

概ね3回程度は復習しないと定着しないでしょう。

例えば、ある課題が10分で終わったとします。

でも、それだけでは理解は十分できないので、

2回目、3回目と復習します。ここまでで30分。

中にはもっともっと繰り返さないと定着しない場合もあるでしょう。

(復習のタイミングによるのですが)

 

しかし、中には、1回で理解できる子もいます。

復習した気配はないのに、テストではできている。

そういう子は、1回の時間が長い場合が多いです。

 

1回の時間が長くても、復習も含めて長い目で考えれば、

むしろその方が良いとは思いませんか。

(実際は、見ていてイライラすることもあるかもしれませんが)

 

つまり、何回も繰り返してようやく理解する子もいる中、

じっくりと取り組んで、1回で理解する子もいるということです。

 

我が子をよく見て、もしそういうタイプだと思ったら、

勉強スタイルの見直しも考えられると思います。

教室見学会

先日の日曜日、全国から総勢40名近くの塾長さんが、

サンライズに集まり、教室を見学されました。

自塾にはない、色々な気付きがあったようで、

見て頂いた甲斐がありました。

次の日に、授業を見学された塾長さんからは、

「サンライズの生徒は礼儀正しい」

とお褒めの言葉も頂きました。

ついでに、授業も(笑)

私もこれまで色々な塾を訪問しましたが、

いずれの塾さんも素晴らしく、自塾にはない新しい発見がありました。

そういった塾の良い所を、自塾に生かせないか、真似できないか、

やってみるところから始め、そのうち自塾のオリジナルになって、

成長していった点は、正に勉強でも同じだと思うのです。

 

勉強のできる人の真似をする。

⇒真似が少しずつ習慣化する。

⇒自分の勉強法が変わり、成績が伸びる。

 

まずは、正しい勉強法を真似るところからやってみることが大事です。

復習

春期講習会は、明日で最後です。

一応、一通りの教科の学習はしますが、

一番時間をかけているのが、国語です。

国語を伸ばすには、短期間でやるのが最も効果的です。

実際、高校生のほとんどが、国語に最も時間をかけています。

たった1週間ほどで、苦手だった国語が飛躍的にアップしました。

 

 

 

他にも、苦手教科の復習をするわけですが、

国語に限らず、問題を1回解いただけで終わりとするのは、

非常に危険です。

特に、小学生や中学生は、一度やったことを

もう一度やるのを嫌がる傾向にありますが、

1度やっただけで、理解できるのでしょうか?

高校生でも3回は、やっていますよ。

「一度やっただけでは、心配だな」

「100%理解できたと思えるまでやろう」

という意識で取り組み、

復習することに対しての抵抗感をなくせば、

理解度が深まり、

結果的に効率の良い勉強になるのではないでしょうか。

学力を決める3大要素とは

学力を決定する3つの要素とは

学力=学習時間×学習の質×学習者の素質

① 学習時間

ぼーっとしている時間等を含む勉強時間ではありません。

集中して学習している時間のことです。

1時間やったと言っても、純粋な勉強時間は40分あるいは半分の30分程度の可能性もあります。

学習時間は増やすのではない、

ぼーっとする時間を減らせ!

 

② 学習の質

学習の方法論や学習計画、学習のフォローがあるかどうかによって、学習の質が決まります。

また、学力によって、学習の質も段階的に変化します。

「勉強法」の本を沢山読んで、それを理解しようとするよりも、

まずは机に向かって勉強する方が、学力は上がります。

学力が上がれば、学習の質もよくなります。

悩む時間があるなら、机に向かえ!

 

③ 学習する本人の素質

学習のみならず、運動・音楽などの遊び、読書などで得た理解力・論理力・記憶力、成功体験による自信、失敗経験による自制心などで決定。

素質は後天的なもので、高めることは可能です。

生まれ持った才能はどうすることもできませんが、土台はまだまだ作り上げる余地が残されています。

土台をつくり直し、強固にする最も有効な手段は、

土台を手に入れた人を真似ること!

教科書音読

教科書を音読することは、非常に基本的な学習であり、

定期テスト対策としても実際に行っている人は多いとは思いますが、

実は、入試における自由英作文でも大いに役立ちます。

朝日高校の独自入試の英語では、最後の長文読解の問題の中で、

自由英作文が出題されています。

自由英作文は、フレーズや文を覚えていれば、

自分の考えを英文で表現しやすくなります。

当然、中学校レベルの英文で構わない訳ですから、

わざわざ自分の考えに合わせて、

教科書レベルを超えた英単語やフレーズを覚える必要はないのです。

サンライズの音読方法は、色々とルールがありますが、

その通りにやれば、英単語、リスニング、英文和訳、

そして英作文の力がアップします。

教科書音読は、定期テスト対策だけではありません。

教科書音読は入試対策にもなる!

と思いながら、やってみましょう。

国語読解力・論理力アップ特訓

この冬から始まる

朝日高校への道

例年、入塾者が2番目に多い時期が、

冬になります。

特に、中学生では、

朝日高校進学を希望しており、

今までは自分の力で何とか頑張ってきたけれど、

現在の成績が400点台前半で、

なかなか450点を突破できない、

そういう子が多いですね。(京山中の場合)

岡大附属中の場合は、50番以内でしょうか。

その他の中学校なら、学校の定期考査で1番どころか

5番以内に入った事がないとか。

うちの塾の最も得意なパターンです(笑)

点数だけを見て、対策をしようとしても、

実は、なかなか成績には反映されません。

特に、400点台の成績の人は。

(多くの場合、ただ、問題を解いて「勉強した」、「復習した」ことで終わっているでしょう。あるいはしていないか・・・。)

なかなかうまくいかないので、その原因を考えますよね。

でも、見つからない。

だから、「勉強の仕方が間違っているんじゃないか」と思うわけです。

ご相談で最も多いです。

一番手っ取り早いのが、「成績優秀者の勉強を真似する」ことです。

塾では、それを教えていると言ってもよいかもしれません。

もちろん、誰しもすぐにその通りできるようになるわけではないのです。

どうしても、必要な能力がありまして、それが「論理力」になります。

論理力は、全ての教科の基礎となります。

・教科書や参考書の理解

・英語の長文読解

などは、論理的な読解力が必要です。

近年の公立中学の入試は、国語力を試す問題が多いです。

中学入試だけではありません。

高校入試も、大学入試もです。

 

今回の冬期講習会では、

その最も重要な「論理力」を身につけるための

国語講座を用意しました。

国語が得意な人も、苦手な人も、

この冬から今までやったことのない勉強を

始めてみましょう!